イシカワに依頼して2階建て木造二世帯住宅を建てた、福島県在住40代女性の体験談です。

ちょっと一手間かけるだけ!展示場に行く前に必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 福島県
年齢と性別 40代女性
家族構成 両親・夫婦・娘・息子の6人家族
ハウスメーカー名 イシカワ
商品名 良質住宅S
住宅タイプ 二世帯住宅(2階建て)
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 3500万円
実際にかかった費用総額 3471万円(+解体費用167万円)
坪単価 53.9万円
建坪(建築面積) 43.84坪
延坪(延床面積) 64.38坪
間取り 8LDKLDK
検討開始から契約までの期間 1年6ヶ月
工期 7ヶ月

建物外観・外壁(画像)

正面の斜めから撮った外観です。外壁は汚れなどが目立たないベージュや茶色にしました。
イシカワの外観

家の裏側から見た外観です。「欠け」などがなく、長方形の間取りです。
イシカワの裏側外観

内装の工夫(画像)

主人の父と主人のこだわりの和室です。完全な二間続きにはならないのですが(間の戸が外れはしないので)、2人は満足のようです。
イシカワの和室

主人の書斎です。決して広くはないのですが(間取りにも部屋数としてはカウントしなかったのですが)、主人は喜んでいます。
イシカワの書斎

ベランダは作りませんでした。毎日室内干しです。日当たりが良いので、乾かないといったことはありません。
イシカワの玄関ドア

設計図・間取り図(画像)

1階の間取り図です。何度も遠いイシカワまで、家族総出で足を運び、打ち合わせをしました。
イシカワの1階の間取り図

2階の間取り図です。ベランダがない家はまだまだ珍しいかもしれません。
イシカワの2階の間取り図

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

きっかけはいくつかあります。箇条書きにしてまとめてみました。

  • 前に住んでいた家が築60年は経っていて老朽化していたこと
  • 2011年の東日本大震災で、壁などにひびが入っていたりと、ダメージがあって、これ以上の居住は難しいと思われたこと
  • 消費税が8%から10%に上がるということを聞いたので、増税前に新築しようとしたこと
  • 主人の両親がそろそろ隠居したいと言い、主人の父が役場で課長級まで昇進してからの定年退職によって、まとまった額の退職金が出て、そこから1000万円の新築費用を出すといってくれたこと

イシカワを選んだ理由

イシカワの1階の間取り図

最初は、自宅の近くの住宅展示場の桧家住宅に行きました。そこで、設計図と見積書までもらいましたが、金額面で折り合わず、次に、一括見積もりで自宅まで来てくれたアエラホームに、設計図と見積書を出してもらいました。

アエラホームは、私の実家でも利用していたので、良さを分かっていました。

しかし、金額面で予算オーバーしていて、調整している時に、もう一度、ネットで見積もりを取ったら、イシカワの営業マン兼建築士の方が、設計図と見積書を持ってきてくれました。

予算内に収まっていたので、アエラホームを断って、イシカワ一本に絞りました。

この3社に共通していることは、断熱材です。一般的なグラスウールなどではなく、2枚の板で、発泡素材を挟んでいる断熱材となります。

工事中の現場の様子

イシカワの上棟

最初、基礎を作るときなどは、3人~5人の職人さんで、行っていましたが、住宅の床上部分を作り始めると、1人の大工さんが、軽トラックで朝早くから来て、遅い時には夜の22時過ぎまで、行っている場合もありました。

基礎などの職人さんや大工さんに、冷たいジュースの差し入れなども行いました。

外に小さい冷蔵庫を置いて、その中にジュースを入れておいて、「良かったら飲んでください」と言っていましたが、あまり、飲むことはなかったようです。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

入居したのが2017年の10月だったので、まだあまり経っていません。

1年目の点検は、担当の現場監督がアポイントの上、直接自宅に来て、天井裏や床下など、細かく点検していきました。異常はなかったようです。

2年目の点検は、郵送でアンケートが送られてきて、不具合な点を申告して、新潟の本社に返送して、現場監督がアポイントの上、自宅に来て、不具合のある点を改善していきました。

ちなみに、壁紙などが木の収縮などによってよれたりする場合があるので、2年以内ならば無料で張り替えるという保証がついていましたが、うちはそれほどよれてはいなかったため、使いませんでした。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

イシカワの和室

主人の父と主人は、和室を二間ほしいと当初から言っていました。

田舎のほうなので、近所の寄り合いや、親せきの集まりなどを自宅ですることもあります。そのため、二間続きの和室が欲しかったようですが、私と義理の母や、私の実家の父母は、一間で十分だと言っていました。

結局、お金を出す人の言うことが強く、和室は二間になりました。義父と主人のこだわりです。

また、私の実家を建てるときには、友人から「ベランダはいらないよ」と言われていたのですが、ベランダを作りました。その点を後悔していたようで、私に「ベランダは作るなよ」と、アドバイスをしていました。

義父などは「ベランダがない家なんてない」などと言っていましたが、新築に当たって、イシカワを見つけるなど、私の方がより行動していましたので、最終的にはベランダを作りませんでした。

全然後悔していなくて、むしろ良かったと思っています。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

私はどちらかと言えば、与えられた環境に慣れて、満足してしまう方なのですが、主人には後悔している点が一点あるようです。

上の子と下の子の部屋が隣り合っていて、クローゼントが互い違いに設置されているのですが、そのクローゼントの位置を、逆にすればよかったと言っていました。

あと私は、建てて初めての春、家の中にカメムシやらテントウムシやらがどこかから入ってくるのが嫌で、現場監督に相談しました。

現場監督はすぐに来てくれて、トイレの換気扇や、お風呂場の換気扇から入ってくるのではないかと、フィルターを張ってくれました。それからは、ほとんど虫の侵入はなくなったので、満足です。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

イシカワの外観

最初に予算をきっちり決めておいて、その価格帯で希望の間取りが建てられるメーカーを中心に考えましょう。

いくら少しだけ…と言っても、予算をオーバーしてはいけません。そこは妥協なく、検討した方が良いです。いろいろな会社を比較検討することをおすすめします。

また、設計やインテリアの打ち合わせでは、これもまた妥協することなく、何でも言いましょう。

例えば、風水的な要素も感情的に大事なので、私は最初の設計にあった「欠け」をなくしてもらったり、鬼門である北東に水場をなるべくおかないようになど、意見を取り入れてもらいました。

あと、家族みんなの家です。全員の意見をなるべく盛り込めるように、それぞれが遠慮なく意見を言える雰囲気を作ることも大事です。

最後に、上述しましたが、ベランダはいりません。掃除が大変だし、洗濯物も、冬場はもちろん、暖かい季節でも、カメムシなどが洗濯物についたりするので、結局外干しはしないと、友人も言っていました。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家が出来上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。