LIXILリフォームショップ(エコキレ)で水回りリフォームをした、神奈川県在住20代男性の体験談です。

かんたん3分!リフォームで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 埼玉県
年齢と性別 20代男性
業者名 LIXILリフォームショップ エコキレ
住宅タイプ 戸建て(2階建て)
リフォームした場所 お風呂・洗面台・トイレ
当初予算 300万円
実際にかかった費用総額 250万円
検討開始から契約までの期間 2ヶ月
工期 4週間

リフォーム後の内装(画像)

リフォーム前はタイル張りだったのですが、リフォーム後は白と木目調のブラウンの組み合わせでまとめました。
LIXILリフォームショップの浴室

湯船は白を選ばず、少し薄めのブルーを選びました。多少は違った風呂になったのではないかと思います。
LIXILリフォームショップの湯船

洗面所は、床と壁紙と蛇口のみのリフォームなので、特に見違えるほど変わってはいません。
LIXILリフォームショップの洗面所

トイレは便器を丸ごと変え、壁紙も新しいものに変えてもらいました。手洗い場はそのままです。
LIXILリフォームショップのトイレ

リフォームしようと思ったきっかけ

場所は両親が現在も住む実家で、築25年以上過ぎた木造建築の住宅です。

お風呂やトイレなどの水回り(キッチンは10年以上程前にリフォーム済み)が腐敗や侵食などで痛み、水漏れを起こす状態となり、リフォームをすることを決めました。

私自身も経済的に安定してきていたので、そこで両親に何かできないかと思い、恩返しを兼ねてリフォームに投資しました。

とは言っても、社会人なりたての頃でしたので、一番の問題であった風呂場と洗面所は私が払い、トイレは両親が払う形でリフォーム業者に頼みました。

LIXILリフォームショップを選んだ理由

失礼な話ですが、特別な理由はありません。「テレビなどのメディアでよく目にする大きな会社」というのがLIXILを選んだ理由の一つです。

私は建築の学部を卒業したのですが、その大学の友人がLIXILに勤めていたので、工事費用や工期などの相談や質問が気軽にできました。

そういった親近感と信用力から、あまり他の会社と見比べることなく選びました。

工事中の現場の様子

リフォーム期間中は、特に目立った問題はありませんでしたが、風呂が使えない状態が2週間ほど続いていたので、銭湯に行って過ごしていました。

トイレは2階にもあったので問題なかったです。

作業に取りかかった際は、既存のものを全て撤去し、底などがむき出しの状態となり、普段見ることができないような状態になっておりました。

そして、問題であった風呂の床下は、案の定、腐食した木材が露わになっていました。同時に、予想もしていなかったシロアリの侵食も発覚しました。

「リフォームして良かった!」と感じた点

LIXILリフォームショップの浴室

良くなかったことは一つもありません。リフォームしてすべて良いことばかりです。

以前の風呂は天井が高いので広くは感じていましたが、暖かくなりにくいというのが問題でした。

リフォーム後は天井も低くなり、現代風のボックスのような風呂場となったため、常に暖かい状態です。

また、床もタイル張りだったのが、ゴム質の柔らかい素材になり、滑りにくく、暖かい床でとても快適です。

両親も高齢に近いている歳なので、風呂場やトイレに手すりなども取り付けてもらい、とても安心できるものとなりました。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

すべて良い状態となったので、特に気になる点はありませんが、デザインが豊富に選べたので、もう少し色を付け足したり、違った素材を組み合わせてみればよかったなと思います。

個人的には清潔感のあるデザインだとは思いますが、少しシンプル過ぎたデザインでもあると思います。

あとは、浴室乾燥機能をつけても良かったかなと思います。室内干しする際もより効率よく干せますし、カビも生えづらい清潔な空間になると思いました。

これからリフォームしようと思っている方へのアドバイス

LIXILリフォームショップのトイレ

現代はどんどん便利な状態となっています。予算との相談になるとは思いますが、カスタマイズできるのであれば、便利機能や快適機能を加えた方がいいと思います。

先ほど述べた「浴室乾燥機能の取り付けるべきだった」ということも、もし取り付けていたら、ストレス解消やお金より大切な時間の節約に繋がっていたと思います。

お風呂にもトイレにも様々な機能があるので、業者の方にいろいろお聞きした方がいいです。

他に、工事した際に、床下のシロアリなど、予想外のことが発覚する場合もあります。

そういった知らずのうちに起きている悪いことに気付ける可能性も思いますので、築年数がある程度経っているのであれば、一度リフォームを検討するのもありだと思います。

あと、私は実家のリフォームをお願いしましたが、高齢に近づいている親を考えると、手すりをつけたり滑りにくい素材を選んだりするだけでも安全になりますし、離れて暮らしている私自身も安心できます。

特に家に問題がなくても、バリアフリーの観点からリフォームするのもありだと思いました。

リフォーム&お金で後悔しないために

リフォームをするにあたって、後悔しないための重要なポイントが3つあります。それは…

  • 複数の会社から見積もりをとって、総費用を比較する
  • 複数の会社から資料をもらって、各社の得意な施工を把握する
  • 多くのリフォームプランを見比べて、リフォームアイデアを盗む

お金に関して言うと、同じようなリフォームプランでも、リフォーム会社によって数十万~100万円以上もの差がつくこともあります。そのため、相見積もりは必ず取りましょう!

リフォームプランに関しても、これまで気付かなかった素敵なリフォームアイデアを参考にすることで、リフォーム計画が一気に進むのでおすすめです。

ですから、リフォームを成功に導くためにも、上の3点は必ず行うべきなのですが、1社ずつ資料請求&見積もりをやろうとすると手間も時間もかかって面倒…。

そんな面倒をまとめて解消できるのが「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの特徴

タウンライフを使えば…

  • 各社の得意な施工や強みを把握できる
  • 見積もりを比べて、より安い会社を見つけられる
  • 各社から自分オリジナルのリフォームプランを作ってもらえる
  • 優良リフォーム会社だけが対象なので、信頼できる良い会社が見つかる

タウンライフは累計100万人以上が利用しているサービスなので安心です。もちろん誰でも無料で利用できます。