成宮工務店でフルリフォームをした、京都府在住40代女性の体験談です。

かんたん3分!リフォームで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 京都府
年齢と性別 40代女性
業者名 成宮工務店
住宅タイプ 戸建て(2階建て)
リフォームした場所 フルリフォーム
当初予算 300万円
実際にかかった費用総額 400万円
検討開始から契約までの期間 2ヶ月
工期 2ヶ月半

リフォーム後の内装(画像)

本が多く、前の家では床が抜けないか心配していましたが、天井までの造り付けの書棚を大工さんに作成してもらい、部屋の床は耐久性を上げるために基礎の数を多くしました。

奥行なども調整してもらえたので、市販の本棚より収納力があるのが嬉しいです。
成宮工務店のリフォーム後の本棚

キッチンの横に耐力壁を入れたのですが、その厚みを活かして造り付けの棚を作成してもらいました。コーヒーや砂糖、マグカップなどを入れるのに重宝しています。
成宮工務店のリフォーム後のキッチン

左の壁は和室と廊下を隔てる壁なのですが、ここに耐力柱を立ててもらい、その厚みを活かして食品庫を一間分作成してもらいました。

奥行きが20cm足らずと浅いのですが、缶詰やレトルト食品、カップ麵など、どれも重ならずに入れられるため、探すときに見やすく、とても便利です。
成宮工務店のリフォーム後のパントリー

リビングです。ソファの上にコンセントがありますが、位置が高いため、家具が置きやすいです。
成宮工務店のリフォーム後のリビング

リフォームしようと思ったきっかけ

もともと住宅建築に興味があり、間取りを考えたりするのが好きでした。

賃貸住宅に住んでいた頃、たくさんのオープンハウスを見学に行く中、現代の新築建売住宅より、昔の木造住宅に魅力を感じるようになりました。

また、家族構成や生活スタイルが建売住宅で想定されている間取りと合わないことから、自分で間取りを考えるようになりました。

ですが、メーカーさんで注文住宅を新築する予算もなかったため、中古住宅を購入し、自分たちの暮らしに合うように作りたいと考え、リフォームが必要な築年数不詳の古い住宅を購入しました。

成宮工務店を選んだ理由

住宅の購入もリフォームも初めてのことなので、限られた予算で自分たちの希望がどこまで反映されるのか全くわからず、まず相見積もりをしようと、3社の業者を選びました。

A社は住宅を購入した不動産会社のリフォーム部門で、全国展開している誰もが聞いたことのある業者です。

B社は地元密着ですが、評判の良いところです。C社は有名ではありませんが、知人の紹介で良かったというところでした。

同じ内容で話したところ、A社とC社で見積もり金額に約3倍の開きがありました。

また、我が家では造り付けの収納を希望していたのですが、それが可能だったのはC社のみでした。

そして、廊下や各部屋との間にかなり段差があったのですが、この修正に関してはA社は「難しい」との回答、B社は「どこかの床に合わせます」、C社は「すべての床をはいで基礎からやり直します」という回答だったため、C社に決めました。

工事中の現場の様子

全改装ということで、全ての床からやり直したので、地面が全て見える状態になりました。

すると、下まであるはずだった柱が届いていなかったことが判明し、急遽、補強を入れたりして安心しました。

工事中は朝大工さんがやってきて夕方帰られるのですが、作業中に該当箇所の電気をつけたり消したりはできないので、1日中全ての電気をつけていてもいいかとの確認がありました。

もちろんOKしましたが、内心電気代を心配していたところ、思いのほか金額が上がらなかったので、部屋の電灯はそんなに電気代がかからないということも分かって良かったです。

「リフォームして良かった!」と感じた点

成宮工務店のリフォーム後のパントリー

今まで勉強してきたことをできる限り詰め込んだので、ほとんどにおいてリフォームして良かったと大変満足しています。

私は女性としては背が高く、夫とほぼ同じ身長なのですが、前の賃貸の古いキッチンはとても低く、いつも腰を曲げて野菜を切ったりしていました。

そのため、新しいキッチンを入れる際、10cmほど高くしてもらったのですが、とても作業しやすくなりました。

また、我が家ではペット(大型犬)と暮らす予定でしたので、家のほぼすべてのコンセントの高さを床から1メートル以上高くしてもらいました。

これで事故も防げるうえ、掃除機など、コンセントを使うときにしゃがまなくても良いこと、家具などの設置に制限を受けにくいことなど、とても便利なのでペットがいなくてもおすすめです。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

キッチンの高さを変更したのは良かったのですが、洗面台の高さを変えなかったため、毎朝顔を洗う時にやはりしんどいです。これも搬入前に業者にお願いすれば、良かったです。

ショールームなどで見るときには、実際に顔を洗う動作などをしてみて、良い高さを確認するのが大事だと思います。

また、トイレにつける鏡を大工さんにお願いするとき、「この辺りで」と頼んだら、大工さんの身長が私より大分低かったためか、少しかがまないと見づらいです。

とても細かいことですが、お願いするときには、きちんと高さなどを指定して、誤解のないように伝えるべきだったと思います。

これからリフォームしようと思っている方へのアドバイス

成宮工務店のリフォーム後の本棚

まず一般的によく言われることですが、必ず相見積もりを取ることが大事です。業者によって全く料金が違います。

また、その業者で自分の希望が通らなかったとしても、別の業者なら可能ということはよくあります。

我が家では、リビングから直接お風呂のドアにつながっていたのを、洗面所のドアから入れるようにお風呂のドアの位置を変更してもらいましたが、最初はユニットなので変更できないと断られました。

ここはどうしても譲れない箇所だったので、再度ユニットの業者さんに聞いたところ、問題なく可能ということでした。

また、打ち合わせの際には必ずメモを取ること、そしてこちらが考えている内装のイメージが伝わるような写真などを見せることも大切です。

私は好きな建築家の作品や内装の本などを見せたりしました。

間取りについては、各家庭によって最適な間取りは異なりますので、よくある新築の間取りなどは参考程度に考えましょう。

自分の朝起きてから夜寝るまでをシミュレーションしてみましょう。

例えば、朝起きたらどのタイミングで着替えるのか、帰ってきたときコートはどこで脱ぐのかなど、事細かに考えていくと、どこにクローゼットを作るのがよいか、というようなことが決まってきます。

私は片付けるのが苦手なので、最適な場所に収納場所を作ることにより、家が散らからないようになりました。

あと、我が家は築年数不詳という古い住宅でしたが、古い基礎をベタ基礎に変え、1階の各所に耐力壁を入れることにより、耐震性が非常に上がりました。

耐力壁自体は普通の壁より高いですが、これなら古い住宅であっても、とても安心して住むことができるので、大変おすすめです。

リフォーム&お金で後悔しないために

リフォームをするにあたって、後悔しないための重要なポイントが3つあります。それは…

  • 複数の会社から見積もりをとって、総費用を比較する
  • 複数の会社から資料をもらって、各社の得意な施工を把握する
  • 多くのリフォームプランを見比べて、リフォームアイデアを盗む

お金に関して言うと、同じようなリフォームプランでも、リフォーム会社によって数十万~100万円以上もの差がつくこともあります。そのため、相見積もりは必ず取りましょう!

リフォームプランに関しても、これまで気付かなかった素敵なリフォームアイデアを参考にすることで、リフォーム計画が一気に進むのでおすすめです。

ですから、リフォームを成功に導くためにも、上の3点は必ず行うべきなのですが、1社ずつ資料請求&見積もりをやろうとすると手間も時間もかかって面倒…。

そんな面倒をまとめて解消できるのが「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの特徴

タウンライフを使えば…

  • 各社の得意な施工や強みを把握できる
  • 見積もりを比べて、より安い会社を見つけられる
  • 各社から自分オリジナルのリフォームプランを作ってもらえる
  • 優良リフォーム会社だけが対象なので、信頼できる良い会社が見つかる

タウンライフは累計100万人以上が利用しているサービスなので安心です。もちろん誰でも無料で利用できます。