コープハウジングでトイレリフォームをした、埼玉県在住50代男性の体験談です。

かんたん3分!リフォームで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 埼玉県
年齢と性別 50代男性
業者名 コープハウジング
住宅タイプ 戸建て(2階建て)
リフォームした場所 トイレ(1,2階の2か所)
当初予算 100万円
実際にかかった費用総額 105万円
検討開始から契約までの期間 3か月
工期 1週間

リフォーム後のトイレ(画像)

トイレの全体写真です。ちょっと分かりづらいですが、壁紙は「左壁面・右壁面・天井面」で、それぞれ違うものを貼っています。
コープハウジングのリフォーム後のトイレ

パネルの両サイドが収納スペースになっています。左に予備のペーパー、右に清掃用具を収納します。以前はツッパリ棚でペーパーを収納していましたが、スッキリ変身しました。
コープハウジングのリフォーム後のトイレ収納

2連のペーパーホルダーは座る時や立ち上がり時の補助としても使えます。垂直の手すりはあえて短いタイプを選びました。
コープハウジングのリフォーム後のペーパーホルダー

最後まで悩み迷った右壁面の壁紙です。もっと濃い色を想定していましたが、これにして正解でした。気に入ってます。
コープハウジングのリフォーム後のトイレ壁紙

リフォームしようと思ったきっかけ

1階のトイレは階段下にあります。そのため、天井高をかせぐ方法として10センチ程床が低くなっており、段差が気になっていました。

そろそろ年齢も還暦に近づくため、バリアフリーの面からも床のフラット化をしたいと思ったことがきっかけです。

また、築25年を超え、多少の老朽化も進んできていました。トイレの温水洗浄便座は1度交換していましたが、タンクが丸見えの古いタイプのトイレでした。

最近は、パネル囲いの様になっている手洗いと収納が一体化したタンクレストイレをよく見かけるので、我が家も交換しようと思いました。

コープハウジングを選んだ理由

これまでもリフォームをお願いしてきた会社でした。

  • 浴室リフォーム(タイル貼りの壁→ユニットバスへの大改造)
  • 洗面所の洗面化粧台の交換
  • 床・壁の張替え
  • 押入れをクローゼットに改造

など、全てのリフォームをコープハウジングに頼んできました。

料金も良心的ですし、見積りの提出も早く、請求額との差もありません。これまでお願いしてきた安心感もあったので、今回も頼みました。

営業の方が足繁く通ってくれて、カタログの提出やデザインの案出しなど、親身になって対応してくれるところも評価していました。

工事中の現場の様子

上の写真はすべて1階のトイレですが、実は1週間の工事期間で1階と2階のトイレリフォームを同時に行ってもらいました。

1階は床の工事などの大掛かりなものもありましたが、2階は温水洗浄便座の交換、壁紙、床の張替え、洗面台へ電気温水器の取り付け程度で、職人さんの人件費の節約になったと思います。

初日は私が現場に立ち会いましたが、2日目からはキーボックスを使用して、職人さんにお任せでした。

我が家はペット(猫)を飼っていましたが、リビングを扉で閉じて、猫が出ないようにして作業してもらいました。毎日、掃除も行き届いており、感心しました。

「リフォームして良かった!」と感じた点

コープハウジングのリフォーム後のトイレ

まず、ビジュアル的にとてもステキになりました。壁紙(3種)、床、トイレのユニットの組み合わせが気に入っています。

床の段差が無くなり、初めの頃は多少の違和感がありましたが、今ではフラットが当たり前となり、ストレスもなくなりました。

掃除に関しても、以前は便座の奥のタンクの下や、むき出しのパイプなど、手間が掛かりましたが、今は掃除機もかけやすく、床掃除も楽になりました。

また、トイレの扉をジャバラ式に交換し、開口間口を拡げたので、閉塞感もなくなりました。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

全体的に満足しているので、もっとこうすればよかったとか、今になって気になる所というのは特にありません。

強いて挙げるなら、1階トイレと2階トイレの便座の高さが微妙に違う(1階の方が高い)くらいです。

ちなみに、1階は最新式のユニット型の温水洗浄便座で、2階は25年以上前のタンク式トイレ(パイプむき出しのタイプ)に最新の温水洗浄便座を取り付けたものです。

2階のトイレも最新型にしても良かったのかな?と思うぐらいです。

これからリフォームしようと思っている方へのアドバイス

コープハウジングのリフォーム後のトイレ収納

今回のリフォームは壁紙や床材、そして高齢対策や小物など、多岐にわたるアイテムの集大成でした。預かったカタログや素材見本は大量でした。

最初の打ち合わせから着工までの間に、何回も変更がありました。先方の営業さんも心得ているようで、始めから「これは長期戦になりますよ」と仰っていました。

もう何回も会っていて、気心も知れていますので、お互いに遠慮することもなく、思いつきを話す→やっぱり変更など、何回も打ち合わせして、やっと決定できました。

これからリフォームされる方は、最初の案に固執せずに、担当の方とコミュニケーションをとって、良い方向に進むことが大事なことだと思います。

先方はプロですから、言いたいことは言って、任せるところは任せることが肝要と思います。

リフォーム&お金で後悔しないために

リフォームをするにあたって、後悔しないための重要なポイントが3つあります。それは…

  • 複数の会社から見積もりをとって、総費用を比較する
  • 複数の会社から資料をもらって、各社の得意な施工を把握する
  • 多くのリフォームプランを見比べて、リフォームアイデアを盗む

お金に関して言うと、同じようなリフォームプランでも、リフォーム会社によって数十万~100万円以上もの差がつくこともあります。そのため、相見積もりは必ず取りましょう!

リフォームプランに関しても、これまで気付かなかった素敵なリフォームアイデアを参考にすることで、リフォーム計画が一気に進むのでおすすめです。

ですから、リフォームを成功に導くためにも、上の3点は必ず行うべきなのですが、1社ずつ資料請求&見積もりをやろうとすると手間も時間もかかって面倒…。

そんな面倒をまとめて解消できるのが「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの特徴

タウンライフを使えば…

  • 各社の得意な施工や強みを把握できる
  • 見積もりを比べて、より安い会社を見つけられる
  • 各社から自分オリジナルのリフォームプランを作ってもらえる
  • 優良リフォーム会社だけが対象なので、信頼できる良い会社が見つかる

タウンライフは累計100万人以上が利用しているサービスなので安心です。もちろん誰でも無料で利用できます。