ネルフでマンションリフォームをした、兵庫県在住40代女性の体験談です。

かんたん3分!リフォームで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 兵庫県
年齢と性別 40代女性
業者名 ネルフ
住宅タイプ マンション
リフォームした場所 フルリフォーム
当初予算 500万円
実際にかかった費用総額 500万円
検討開始から契約までの期間 3ヶ月
工期 2ヶ月

リフォーム後の内装(画像)

リビング側から見たキッチンスペースの入口です。奥にある扉は玄関横とつながっているので、買い物などの重い荷物もスムーズに運べます。
ネルフのキッチン

寝室から見た洗面所スペースです。洗濯機は腰高の壁で隠しましたので、生活感を感じる事なく、スッキリ見えます。
ネルフの洗面所

リビングに隣接したストックルームです。ここには小さな物から寝具やこたつなどの大きな荷物まで、何でも入ります。

うちの子供はこの枕棚に乗って、ドラえもんみたい!(ドラえもんは押し入れで寝るので)と言って、秘密基地のようだと喜んでいます。笑
ネルフのストックルーム

廊下です。床の木目柄・建具・ストックルームのカーテン、これらの色合いにトータルで一体感が出るように気をつけました。
ネルフの廊下

リフォームしようと思ったきっかけ

親族用の仕事部屋を探していて、希望のエリアにちょうどいい広さの気に入ったマンションを見つけたので、購入し、リフォームをしました。

そのマンションは築年数が数十年経っており、各部屋はそのまま使おうと思えば使えなくもないけれど、水回りはかなりひどい状況でした。

なので、とにかく水回りのリフォームは必須でした。

リフォームって水回りが一番高くなるので、

「どうせやるならついでに間取りも変更しよう!それならついでにこれも!」

といった感じで、どんどんリフォームしたい項目が増えていき、結局全面リフォームになってしまいました。笑

ネルフを選んだ理由

以前お世話になったことがあり、その際の満足度がかなり高かったので依頼させていただきました。

リフォームにしても注文住宅にしても、営業の方との相性もさることながら、設計士の方との相性ってすごく大事!と、何軒か経験し痛感しています。

設計士の方のセンスが家の細部に出ますし、それを大工さんへ漏れることなく伝達されることが大事ですが、そこでミスがあったり、現場での細かい施し具合も、大工さんのセンスが色濃く出ます。

しかし、こちらの会社では大工さんが設計から施工まで一貫して担っているため、実際に現場を施工する方と直接打ち合わせできます。

よって、こちらの意図や想いも伝わりやすく、本当にやりやすかったです。

また、費用に関しても、一度お世話になったことがある会社なため、前回リフォームの際に使って気に入った建材などの費用も同価格で、建材を選ぶ段階で費用が想定できるのも良い点でした。

工事中の現場の様子

親族からの依頼でリフォームを任された物件であり、自宅ではないため、工事期間中はプレッシャーを程よく感じながら過ごしました。笑

施工内容や進み具合などを確認するため、作業が終わった夕方や夜に、頻繁に現場に足を運びました。

工事期間中に急遽変更が必要な箇所などは発生しましたが、大きな問題などはなく、概ねスムーズに進みました。

工事後半になり、工期に少し遅れが発生しましたが、引き渡しに急いでいたわけではなかったので、特に問題はありませんでした。

「リフォームして良かった!」と感じた点

ネルフのキッチン

用途が仕事部屋だったこともあり、カジュアルではなく、落ち着いたモダンな雰囲気になるように意識しました。

例えばキッチンですが、本当は調理中でもリビングを見渡せるアイランドキッチンにしたかったのですが、元々の間取りでは独立した場所にあり、大きく動かせませんでした。

そのため、独立していることを活かして、キッチン入口の壁紙に木目を使用し、重厚感を出しました。

本当は本物の木の柱を使いたかったのですが、予算的に難しかったので、できるだけ本物に見える木目の壁紙をチョイスしました。

また、収納スペースに関しても不便がないように、ストックルームを造りました。

この収納スペースは様々な用途に対応できるよう、寝具等も置ける枕棚やスマート棚を設置しました。小さいスペースですが、使い勝手は抜群です!

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

このリフォームのコンセプトは「ホテルライク」なので、寝室も思い切った仕様にしました。

どういう事かと言うと、寝室と脱衣室を一緒にしました。特に海外のホテルなどでよく見られる仕様です。

仕上がりは最高に気に入りました!

ただ、想定していた事ではあるのですが、梅雨の湿度が高い時期は、浴室から出る時に浴室の湿気が寝室に流れ込まないようにすぐ閉めるなど、注意が必要です。笑

実際、この部屋を使っているのは親族であり、私の体験談ではないのですが、梅雨の時期はこのような注意が必要です。

ただ、逆に乾燥している時期は、浴室の扉を開けて寝室に湿気を送り込めるので、加湿器入らずで快適だそうです。笑

これからリフォームしようと思っている方へのアドバイス

ネルフの洗面所

「ホテル住まいのように生活ができる」

そんな家をつくろうと、今回リフォームを行ったのですが、人が生活する以上は便利さも必要ですので、いかにスマートに生活感を隠すかという事を注視しました。

その為には収納の仕方や場所も重要で、リビングで使うものは全てリビングと隣接したストックルームに収納できるようにして、物の出し入れが楽な配置にしました。

また、ストックルームの入口は扉ではなく、高級感のあるカーテンを採用しました。

扉をつけると開け閉めの手間もかかりますし、建具の開閉スペースの確保、そして建具費用も然り。

ですが、カーテンですと、とても簡単に出入りできますし、設計段階で建具との兼ね合いも考える必要がないため、とても気軽です。

ただ、あくまでカーテンなので、安っぽかったり、カジュアルな雰囲気にならないよう、注意が必要でした。

モダンな雰囲気な中、ここだけが浮いてしまうことがないように、他の建具との色の相性や生地感に注意し、そしてプリーツがしっかり加工されているものを選びました。

扉の代わりにカーテンをつけるのは初の試みでしたので、正直、出来上がるまでは不安もありましたが、大成功!

大切なのは「建具との相性・生地感・プリーツ加工」。これさえ気をつければ、モダンな家でも扉の代わりを充分果たしてくれます。

予算の関係や色んな事情でどうしても諦めなければならない事ってあると思います。

しかし、代替え案でカバーできるかもしれませんし、なんなら「こっちの方がいい!」なんて事に結果的にはなるかもしれません。

ですので、型にはまらない柔軟な考えを持つことも、リフォーム成功には不可欠だなと実感しました。

リフォーム&お金で後悔しないために

リフォームをするにあたって、後悔しないための重要なポイントが3つあります。それは…

  • 複数の会社から見積もりをとって、総費用を比較する
  • 複数の会社から資料をもらって、各社の得意な施工を把握する
  • 多くのリフォームプランを見比べて、リフォームアイデアを盗む

お金に関して言うと、同じようなリフォームプランでも、リフォーム会社によって数十万~100万円以上もの差がつくこともあります。そのため、相見積もりは必ず取りましょう!

リフォームプランに関しても、これまで気付かなかった素敵なリフォームアイデアを参考にすることで、リフォーム計画が一気に進むのでおすすめです。

ですから、リフォームを成功に導くためにも、上の3点は必ず行うべきなのですが、1社ずつ資料請求&見積もりをやろうとすると手間も時間もかかって面倒…。

そんな面倒をまとめて解消できるのが「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの特徴

タウンライフを使えば…

  • 各社の得意な施工や強みを把握できる
  • 見積もりを比べて、より安い会社を見つけられる
  • 各社から自分オリジナルのリフォームプランを作ってもらえる
  • 優良リフォーム会社だけが対象なので、信頼できる良い会社が見つかる

タウンライフは累計100万人以上が利用しているサービスなので安心です。もちろん誰でも無料で利用できます。