住友不動産リフォームでフルリフォームをした、兵庫県在住30代男性の体験談です。

かんたん3分!リフォームで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 兵庫県
年齢と性別 30代男性
業者名 住友不動産リフォーム
住宅タイプ 戸建て(2階建て)
リフォームした場所 フルリフォーム
当初予算 2500万円
実際にかかった費用総額 3200万円
検討開始から契約までの期間 2年半
工期 4ヶ月

リビングのビフォーアフター(画像)

リフォーム前のリビングです。昔ながらの絨毯+狭くて古いリビングです。
リフォーム前のリビング

リフォーム後のリビングです。明るくて開放的なリビングになりました。
住友不動産リフォームのリフォーム後のリビング

キッチンのビフォーアフター(画像)

リフォーム前のキッチンです。キッチン自体は狭くはないですが、使いづらく、そして古かったことから、とても困っていました。
リフォーム前のキッチン

リフォーム後のキッチンです。システムキッチンを入れて最新設備にしたうえ、リビングダイニングと繋がって開放的になり、非常に気に入っています。
住友不動産リフォームのリフォーム後のキッチン

リフォームしようと思ったきっかけ

築50年が経過して、自宅の老朽化が進み、耐震性能にも不安があり、また間取りも使いにくいものであったことから、建て替えるかリフォームかを検討していました。

家が高台にあることから、建て替えとなると、取り壊すだけでも相当の費用を要し、そこから新築費用を追加で…となると、かなりの高額になってしまい、現実的ではないと判断しました。

一方、いわゆるスケルトンリフォームをして、耐震補強まで行うと、新築同様になることが分かりました。そして、間取りも思っていたより自由がきくことも分かり、リフォームという選択をしました。

住友不動産リフォームを選んだ理由

リフォーム業者として候補にあがっていたのは3社ありました。一社は大手で、最終的にリフォームをしていただいた住友不動産です。

コマーシャルもよくやっていましたし、ネーミングもキャッチー(新築そっくりさん)であることから、広く名前が知れ渡っていると思います。

また、大相談会と称して、百貨店などで相談でき、自分にとってアクセスしやすい環境ができていました。

次の一社は、関西で中堅のリフォーム専門会社です。

こちらはコマーシャルはありませんが、よく街中で宣伝をしていたことや、リフォームをした知人よりからの勧めもあったことから、候補に入れました。

もう一社は、知人から紹介を受けた新興の工務店でした。

この中で、規模や予算などを勘案して、現実的なプランを提案してくれたのが、住友不動産でした。更に工事着手後に追加工事費が出ないという安心感もあり、住友不動産を選びました。

工事中の現場の様子

現場の棟梁を中心に工事をしてくださり、一般的にイメージする工事とほぼ同じだったと思います。

庭には廃材が大量に積まれており、週に1〜2度、廃材を処理していると仰っていました。

入口には安全第一であることの標語があったり、スケジュールを書くホワイトボードの少しいいものがあったりしました。

ホワイトボードには、お風呂やトイレやキッチン等の納品日が項目ごとに書かれていたり、今週のスケジュール、1ヶ月のスケジュールなども書かれていました。

2週間に1回は現場で打ち合わせがあり、そのときは、住友不動産の営業担当と棟梁から、2週間の間に進んだことの説明、次はこれをするなどの説明がありました。

また、工事で変更点などがあれば、その都度説明を受けていました。

「リフォームして良かった!」と感じた点

住友不動産リフォームのリフォーム後のリビング

新築同様になり、リフォーム前とはまったく違う外観・内装になりました!

リフォーム前は50年前の文化住宅の様式で、小さな部屋がいくつもあるといった感じでしたが、リフォームによって今どきの大きなLDKになり、開放的な空間を確保できました。

そして、水回りも一新され、耐震補強もきっちり行ったことで、安心して住めるようになったと感じています。

50年前の住宅が新築になったと思う程の変貌を遂げました。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

新築であっても同じことが言えるかもしれませんが、コンセントの箇所についてはよく事前に考えていた方がいいです。

テレビ周辺は思っているより電気機器が多いため、すぐにコンセントの口数が足りなくなってしまいます。

また、照明のスイッチの設置箇所についてもイメージを膨らませて考える必要があると思います。ここにスイッチがあれば…と思うようなことがありました。

あとは、2階の廊下は極力直線にした方がいいと思います。荷物が入りやすいようにすることがとても大切です。

これからリフォームしようと思っている方へのアドバイス

住友不動産リフォームのリフォーム後のキッチン

リフォーム業者選びは、一社ではなく数社に見積もり依頼された方がいいと思います。金額を競わす必要があることはもちろんですが、それ以外にも如実に業者による強い点・弱い点が現れてくるからです。

例えば、耐震補強については、大手の方が明らかに強いです。

補強方法が工法として具体化されていたり、補助金を活用したりしながら、費用を抑えるように持って行ったりできて、安心安全な家を作るという意味でとても良かったです。

他方で、間取りという面からすると、新興の工務店などでは女性が多数配置され、女性目線でのプランを提示していただけたりして、とても良かったと思います。

家事などを考えると、やはり女性の目線から、男性だと分からないところを指摘していただけたりして、非常に良かったです。

最後に、リフォームプランを立てる上で、収納にこだわることをおすすめします。

色々な場所に収納を多数配置することで、荷物の置き場所に困らないばかりか、余計な家具を買わなくて済むことから、家の中がスッキリとして見えます。

また、家具購入費用を抑えられる点もメリットになると思います。

リフォーム&お金で後悔しないために

リフォームをするにあたって、後悔しないための重要なポイントが3つあります。それは…

  • 複数の会社から見積もりをとって、総費用を比較する
  • 複数の会社から資料をもらって、各社の得意な施工を把握する
  • 多くのリフォームプランを見比べて、リフォームアイデアを盗む

お金に関して言うと、同じようなリフォームプランでも、リフォーム会社によって数十万~100万円以上もの差がつくこともあります。そのため、相見積もりは必ず取りましょう!

リフォームプランに関しても、これまで気付かなかった素敵なリフォームアイデアを参考にすることで、リフォーム計画が一気に進むのでおすすめです。

ですから、リフォームを成功に導くためにも、上の3点は必ず行うべきなのですが、1社ずつ資料請求&見積もりをやろうとすると手間も時間もかかって面倒…。

そんな面倒をまとめて解消できるのが「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの特徴

タウンライフを使えば…

  • 各社の得意な施工や強みを把握できる
  • 見積もりを比べて、より安い会社を見つけられる
  • 各社から自分オリジナルのリフォームプランを作ってもらえる
  • 優良リフォーム会社だけが対象なので、信頼できる良い会社が見つかる

タウンライフは累計100万人以上が利用しているサービスなので安心です。もちろん誰でも無料で利用できます。