富士住建で2階建て木造住宅を建てた、埼玉県在住30代男性の体験談です。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 埼玉県
年齢と性別 30代男性
家族構成 夫婦・息子・娘の4人家族
ハウスメーカー名 富士住建
商品名 完全フル装備の家(ウィスティーリア)
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 3000万円
実際にかかった費用総額 土地1000万 建物2000万
坪単価 55万円
建坪(建築面積) 20.87坪
延坪(延床面積) 36.60坪
間取り 4LDK
検討開始から契約までの期間 1年
工期 4ヶ月
似ている注文住宅 2000万円台
坪単価50万円台
20坪台
30坪台
4LDK
木造住宅

建物外観・外壁(画像)

二重ロックが標準仕様の玄関です。玄関の照明も標準仕様でついています。
富士住建の玄関

外壁もたくさんある標準仕様の中から選ぶことできるので、階層でわけることもできます。
富士住建の外観

外観の構想図面を作って頂きました。完成と比較しても、ほぼ同じようにできていました。
富士住建の外観の構想図面

内装の工夫(画像)

広めの脱衣所で、洗濯機・洗面所・タンスを置いても余裕があります。
富士住建の脱衣所

広い浴槽とテレビが標準仕様でついています。また、浴室乾燥機も標準仕様です。
富士住建の浴室

キッチン収納も標準仕様で、こんなに収納ができる仕様になっています。
富士住建のキッチン収納

設計図・間取り図(画像)

外観図面になります。素人でもわかりやすい説明でした。
富士住建の外観図面

注文住宅ならでは特徴を活かして、収納を多くしている1階部分の図面です。土間・パントリーがあります。
富士住建の1階間取り図

見積書(画像)

見積書になります。雑費の部分もわかりやすく記載してあります。
富士住建の見積書

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

建売住宅では周りの家と同じになってしまい、自分の色が出せず、また自分通りの間取りができないので、注文住宅を選択しました。

特に収納部分を多くしたかったため、パントリー・土間・ウォークインクローゼットを作るなどして増やしました。

そして、必ず家族と顔を合わせるように、二階への階段をリビングに設置したいという希望がありました。

建売ではこのような希望を叶えられる物件は非常に限られます(実際見つかりませんでした)。そのため、自分の予算に合わせて注文で作るという形にしてよかったと思っています。

富士住建を選んだ理由

富士住建は他のメーカーと違い、住むにあたって初期費用が抑えられると思ったからです。

エアコンが標準でついていたり、電動シャッターがあったりと、非常にお得感があります。自分で準備して取り付けるには時間も費用もかかるので、手間が省くことができるというのもメリットになります。

また、標準仕様で床暖房がついており、冬でも暖かく過ごすことができます。

他にも、標準仕様のキッチンも大きなキッチンなのに加えて、収納も多くできるシステムになっていたため、富士住建にしました。

電気関係に関しても全ての部屋に電気・コンセントが標準仕様でついていることや、トイレに関しても上質なトイレを選択することができます。

費用対効果を考えたら得をしてると感じます。

工事中の現場の様子

工事現場は毎日清掃されており、きれいな状態で作業をしていました。作業工程はネット上に上げてもらえて、現場に行かなくてもリアルタイムで確認がとれる仕組みになっています。

また、大工さんは下請けではありますが、丁寧に作業していたのに加えて、訪問した際に作り方や材質なども説明してくれました。

柱のいらなくなって捨てる部分を証拠としてもらえたりと、好感が持てました。周りの家と作りはじめは同じでしたが、日数をかけて丁寧な作っていたのが非常に印象的でした。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

アフターケアとして、3年間は定期点検を無償でしてくれます。3年目以降は有償ですが、比較的安い金額で点検はしてくれます。

点検時の際は、屋根裏から床下まで写真を撮って報告して頂けます。建具の歪みなどの補正は無償で実施して頂けました。

保証としては、オリジナルの火災保険があります。35年間の設備保証も含めた保険です。エコキュートやエアコンなどが壊れた際に、一定金額を払うことで、修理などをして頂けます。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

富士住建の浴室

特にお風呂はとてもよかったと感じています。脱衣所も浴室も広く設計してもらいました。

大きな浴槽が標準で付いてきて、家族4人で浴槽に入ることも可能です。浴室内テレビも標準で付いており、高級感があると同時に自慢もできるところであると思います。

他のメーカーではオプションになるものが、標準仕様でついていたのでよかったです。

特に、カーテン・電気・エアコンなどの家電部分は探すのに時間がかかる部分になるので、時間と手間も省けて、迷ってしまって決められないという人にはお勧めです。

建具に関しても、無垢が標準仕様なので、安く済ました住宅には感じられません。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

「外にある水道の高さを高く設定してしまって使いにくいということ」と「浄化槽の送風ポンプをお客さんが来た時に見える位置に設置してしまったこと」を後悔しています。

内装ばかりに気を取られていて、外観部分がないがしろにしてしまって、目が届きませんでした。完成し、引き渡しをしてから気がつきました。

実際に住んでみなければわからなかったことなので、イメージをもっとしておけばよかったです。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

富士住建の外観

住宅メーカーを選ぶ際には、焦って決めることはしないで、1年は期間をもうけて、メーカーを決めて頂きたいです。私がメーカーを決める際には、1度住宅展示場に行き、目星を3つくらいに絞って交渉をはじめました。

住宅展示場は、同じメーカーでも作りが違うものがあるので、2箇所3箇所とたくさんまわった方が参考になると思いますし、見積もりの際にも値下げをしてもらう要因になるので、たくさん行った方がよいです。

その中でも、富士住建は標準仕様がたくさんついており、内装部分は標準内でとてもよいものを作ってもらえるのでお勧めです。

収納は6畳以上の部屋には必ずつけることができますし、コンセントも各部屋につけることができるので、余計なお金をかけることなく、標準仕様で高級感あるように建てることができます。

ただ、値引きに関して、担当の営業マンによるのかもしれませんが、絶対にしないと言われてしまい、提示された金額にて決めた形になります。もっと粘って交渉したら安くなったのかもしれないと感じています。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。