パナソニックホームズは大手電機メーカーのパナソニックグループに属しているハウスメーカーです。2002年までは「ナショナル住宅産業」、2017年までは「パナホーム」という社名で知られていました。

高い環境性能を誇る「エコ・アルディス」や、重量鉄骨構造で最大5階建てまで対応可能な「ビューノ」など、商品ラインナップが充実していて、選択肢が豊富です。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

注文住宅の建築実例

パナソニックホームズで注文住宅を建てた体験談です。写真付きで詳しく家紹介をしています。写真のない簡単な内容のものは「パナソニックホームズの口コミ・評判・坪単価」よりご覧頂けます。

メーカー基本情報

会社名 パナソニックホームズ株式会社
会社設立日 1963年7月1日
本社所在地 大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号
営業エリア 日本全国※一部道県を除く
年間売上 売上高ランキングで確認
坪単価 坪単価一覧表で確認

特徴・強み

独自の鉄骨構造で圧倒的な地震への強さ

パナソニックホームズは鉄骨造住宅を工業化して、工場で柱や梁などの部材を生産し、現場でそれらを組み立てていくという家づくりを行っていますが、その特徴の一つとして地震への業界屈指の強さが上げられます。

繰り返し起きる巨大地震から建物が倒壊するのを防ぐ「耐震性能」だけではなく、揺れによる変形を小さくして建物の損傷を抑える「制震性能」まで高性能で備えた家となっています。

それを実現させているのは、パナソニックホームズ独自の鉄骨構造技術「パワテック」です。代表的な構造としてまず「大型パネル構造」があります。

外壁・屋根・床などのパネルを一体化させて箱状にするモノコック構造にすることで地震や台風による力を面で受け止めることができ、そこに鉄筋コンクリート造布基礎を組み合わせることでより強固な構造に仕上がります。

この工法は最短1日で現場の組み上げ工事を終えることが可能です。

さらに「制震鉄骨軸組構造」では、高層ビルでも使用されている座屈拘束技術と低降伏点鋼をあわせたアタックダンパーによって地震の揺れが抑えられ、建物の損傷を防ぐことができます。

ここに用いられる鋼材はパナソニックホームズオリジナルのもので、一般の鋼材より約2倍の伸びがあり地震のエネルギーを吸収します。

なお通常このような構造は間取りの制約が多くなりがちですが、パナソニックホームズの場合は15センチ刻みで高さや幅を調整可能で、自由な設計や将来の間取り変更がしやすくなっています。

そしてパナソニックホームズは実際の住宅で耐震実験を行っており、東日本大震災や阪神淡路大震災などの巨大地震を57回、中地震を83回、計140回の地震を繰り返しても建物や構造体に損傷はなく、窓ガラスや外壁タイルも一枚も落ちないという圧倒的な強さを証明しています。

熊本地震で被災したエリアにパナソニックホームズの家は3,946棟ありましたが、いずれも全半壊がないと言う結果も出ています。

長期的な視点で「住んでからお金がかかりにくい」

パナソニックホームズは建築時の費用だけを考えるのではなく「住んでからお金がかかりにくい家」ということを掲げていて、長期的な視点で技術や部資材を開発しているのも特徴です。

そのため地震が起きた時の建物の損傷を防ぐだけでなく、火事や経年劣化にも強い耐久性を実現しています。

例えば外壁ですが、隣の家からの延焼を防ぐため高い耐火性がある外壁になっていて、可燃物延焼温度まで上がりにくい構造となっています。

また雨風や紫外線からの影響を受けやすい外壁タイルには、「キラテック」という色あせやひび割れに強いという耐久性があることはもちろん、防汚性能まで備わっていて、汚れても雨で洗い流されるようになっています。

こうした長持ちする部資材によって、将来にわたり快適に住み続けるために必要なメンテナンス費用を抑えることができます。

アフターサービスも業界トップクラスの最長60年となっています。緊急トラブルの相談は24時間365日受付可能なので安心です。

またパナソニックホームズでは賃貸住宅事業も行っており、賃貸住宅37万戸というの実績があるので、将来的な土地活用やアパート経営などについても同社に気軽に相談することが可能です。

環境や空気をきれいに

パナソニックホームズは家の「空気」にこだわるという独特の概念を創業当初から持っており、床下の空間を活かして省エネときれいな空気づくりを実現しています。

一般的な住宅では柱と柱の間に断熱材を入れて断熱対策をしますが、パナソニックホームズの住宅は「家まるごと断熱」という発想で、天井や外壁から基礎の内側まで高性能の断熱材を用いています。

それにくわえて床下にも断熱材を敷き詰めることで、夏は涼しく冬は暖かい地熱を活用し、冷暖房の使用を抑えることが可能です。

またパナソニック独自の「エコナビ搭載換気システムHEPA+」で、地熱によって安定した空気を直接家の中に取り込むことができ、より効率的に省エネをすることが可能です。

さらに太陽光発電と蓄電池を組み合わせた発電システムや、HEMSに自動で省エネをしてくれる機能が加わった「スマートHEMS」など、パナソニックグループの総合力でエネルギー収支をゼロにして環境に配慮した「ゼロエコ」住宅も特徴となっています。

この換気システムでは同時にきれいな空気づくりも行うことができ、HEPAフィルターという高性能の空気清浄フィルターがPM2.5やチリやゴミなどを排除するので、家の中の空気をきれいに保つことが可能です。

さらにシックハウスの原因になる揮発性有機化合物(VOC)を含む接着剤の使用を削減し改良を重ねるなどの取り組みで、米国で生まれた世界基準の空気質の証グリーンカードを世界初に取得しています。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。