パナソニックホームズで注文住宅「カサート」を建てた、兵庫県在住40代女性の体験談です。

かんたん3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 兵庫県
年齢と性別 40代女性
家族構成 夫婦・息子の3人家族
ハウスメーカー名 パナソニックホームズ
商品名 カサート
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 軽量鉄骨造
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 8000万円
実際にかかった費用総額 土地3600万 建物4600万
坪単価 101万円
建坪(建築面積) 27.23坪
延坪(延床面積) 45.38坪
間取り 5LDK
検討開始から契約までの期間 2ヶ月
工期 3.5ヶ月
似ている注文住宅 4000万円台
坪単価100万円以上
20坪台
40坪台
5LDK
鉄骨造住宅

外観・外構(画像)

外観と外構です。
カサートの外観

木造に比べて外壁の選択肢がかなり限られていたのですが、爽やかでシンプルなものを選択しました。
カサートの外壁

サンルーム(アウトドアリビング)です。網戸も付けれますし、換気用小窓も付いていて、使い勝手がいいです。
カサートのサンルーム

反対側から見た様子です。
カサートのサンルーム2

内装(画像)

大きな窓が特徴的なアウトドアリビングです。
カサートのアウトドアリビング

2階からアウトドアリビングを見るとこんな感じになります。
カサートの吹き抜けリビング

キッチンです。
カサートのキッチン

ダイニングとキッチンの天井は木目にしました。メリハリが出るのでアクセントをつけるのに最適でした。
カサートのダイニング

寝室です。リゾート感を出したく、天井の壁紙に織り目のしっかりとついたオリエンタルな壁紙を採用しました。
カサートの寝室

脱衣室です。寝室と隣接しているので、就寝前や起床後にここでヨガをしています。
カサートの脱衣室

多目的スペースです。置き畳にする事で、万が一汚れても簡単に取り替えられます。
カサートの畳スペース

脱衣室に設置された洗面所です。朝の身支度や家事動線を考え、ランドリールーム・ウォークインクローゼットとも隣接しています。
カサートの洗面所

バスルームです。天井のライトがラインになっています。調光機能が付いているものです。
カサートの浴室

パナソニックのアラウーノです。流すたびにもこもこの泡が自動で出てくるので、「洗浄されてる~!」という感じでお気に入りです。笑
パナソニックのアラウーノ

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

以前からいいなと思っていた場所にて、魅力的な区画が販売されたことがきっかけです。

当時住んでいた家も注文住宅で、こだわって作った家でしたので、不便に思うことや不満などは特にはありませんでした。

しかし、眺望があまりにも魅力的な地域でした!

建てる場所によって眺める景色も変わってきますし、自分の好みのテイストもその歳その歳によって変わってくるので、「今の自分にドンピシャな家を建てたい!」と思い、建てることを決めました。

パナソニックホームズを選んだ理由

まずは第一に建築条件付きの土地だったからです。

とは言っても、もし「パナソニックホームズで建てるのはちょっと不安だな」とか「好みのテイストとは違う感じになるかもしれない」など、そんな風に思っていたら、そもそも検討もしなかったと思います。

ハウスメーカーによって工法も外観も大きく変わってくることは承知の上で、パナソニックホームズで一度建ててみたいと以前から思っていました。

また、営業の方がたまたま学生時代の同級生だったのです。そんなご縁もあり、私にとって様々な好条件が重なって、迷うことなく決めました。

他には、当時住んでいた戸建ては木造だったのですが、次に家を建てる時の絶対条件にしていた事の中に「鉄骨 or 鉄筋コンクリートの家にする」という希望がありました。

近年、未曾有の災害が頻繁に全国各地で起き、いつ自分の身に降りかかるかも分からない状況なので、家族の命を守るにはこれは外せない条件となりました。

そんな中、この物件の建築条件の中に「鉄骨造であること」また「災害に強い街づくり」が含まれていたことも、決断するに至った大きな理由でした。

工事中の現場の様子

木造は少しづーつ骨組みが完成していくので、外観が仕上がるまでかなり長い時間を要した印象でしたが、さすが鉄骨!外観が仕上がるまでが驚くほど早かったです。

数日前に見た時はまだ何もなかったのに、もう家が出来てる!といった感じでした。

たった数日間でも見た目の変化が大きすぎて、「えっ!?」と思わず声が出るほど。そういう点では、工事期間中も見応えがあり、見に行くのが毎回楽しみでした。

内装工事が始まってからは2週間に1度くらいは中に入らせてもらい、建築士の方かコーディネーターの方と細かい確認をしながら、進めていきました。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

水回りのコーティングや、壁紙の継ぎ目など、入居後に補修してもらった箇所は比較的多く、入居後も度々職人さんが家を出入りして、なかなか落ち着かない日々が続きました。

本当なら入居前に補修を終えて引き渡してもらうのがベストですが、引っ越し日も決まっていましたので、入居日を先延ばし出来ませんでした。

ただ、アフターケアの責任者の方が頻繁に自宅を訪れることで良いこともありました。

ある日、たまたま職人さんを連れて自宅にて作業をされている時に、夫と巨大な鏡を玄関に設置するのに苦戦していたら手伝ってくださりました。

工具でがっちり固定までしてくださり、とにかく何かにつけてとても親切でした。

全ての補修が完了した後は、特に問題もなく快適に過ごし、定期点検もしっかりと対応いただきました。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

アウトドアリビングと脱衣室は、特にこだわったポイントです。

アウトドアリビング

カサートの吹き抜けリビング

リビングに大開放の窓を付けて、そこと繋げるように、リビングの幅と同じだけのガラス張りのサンルームを設置して、アウトドアリビングを作りました。

これをしたのには大きな理由がありました。

夫婦で家の中の心地いいと感じる場所が違い、夫はテラス(=太陽が好き)、私は焼けない家の中が好きでした。

前に住んでいた家は、夫のために大きめのテラスを設置しましたが、外なので当然ながらすごく汚れるんですよね…。

アウトドア用の家具を設置していたのですが、使用する前に毎回拭かないといけなくて、家具が暗い色だったのもあり、汚れていく様を検証するにはもってこい。

花粉の時期なんて1日で家具がうっすら黄色くなります。おそろしや…。

冬は寒くてテラスをほぼ使用しないので、快適に過ごせる季節は春夏秋となりますが、私は花粉症なので使うのは夏のみでした。笑

以上のような事情により、今回は「一年中快適に過ごせて、必要に応じて外としても中としても使えるテラスを作るぞ!」というのが最大のミッションでした。

結果は大成功!外ではないので家具もアウトドア用でないものも気にせず置けますし、冬の天気の良い日はぽっかぽかでとても気持ちいいです。

夏は逆にサンルームの窓を開けないと暑くなりすぎるので、使用時は窓を全開にしてテラス状態にします。リビングの窓は閉めるので家の中は涼しい空間を保てます。

そうすることで夫婦それぞれが心地いいと感じる使い方が可能になり、家族みんなが快適に過ごせる家づくりができました。

脱衣室

カサートの脱衣室

こちらはバスルーム横の脱衣室です。

「こだわるポイントが脱衣室?」と言われそうですが、脱衣室にしては広いスペースを確保し、もはや脱衣室なのか部屋なのかと、遊びに来た友人には驚かれます。

私、スパの脱衣所によくある畳の小上がりスペースが好きなんです!笑

とはいっても、あんなに広いスペースは必要ないので、その超ミニ版を再現しました。

お風呂上がりにゆっくりできたり、就寝前にはヨガやストレッチをしたり、休日にお昼寝をしたりなど、多目的に使えるこのスペースが、私にとって一番のお気に入りです。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

後悔するようなことは特に思い当たらないのですが、住んでいる過程で「生活するに当たって気をつけないといけない事」に気づきました。

オール電化住宅で蛇口も全てタッチレスなのですが、蛇口の手動への切り替え方法を事前に確認しておらず、停電の際に説明書を引っ張り出すことから始めなければなりませんでした…。

「もう、バカー…」と、自分を小突いてやりたくなりました。笑

蛇口のタッチレスは、日々使うのには本当に便利で外せない機能ですが、こういう事も起こり得るので気をつけないといけませんね。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

カサートの外観

今回の家を建てる上で大事にしていた事は「家族全員の趣味や生活スタイルを快適に保つこと」です。そして、それに伴って生じる問題を徹底的に解消する事でした。

「家族それぞれが誰かに合わせる事なく毎日を過ごせること」というのは、想像以上に快適な生活を得られます。

それを叶えるために、前述のサンルーム以外に、もう一つしたことが「子供部屋をサンルームと繋げたこと」です。

サンルームの窓を開放すれば「庭→サンルーム→子供部屋」というアクセスが可能になります。

どんな問題を解消したかったというと、小学生の息子がいるのですが、特に休日や長い休みの期間はお友達がよく遊びに来てくれます。

そして、子供部屋で一緒に遊んだり、はたまた近くの公園に遊びに行ったり、そしてまた友達を連れて戻ってくる。

かと思うとインターホンが鳴り、違うお友達も参戦。その度にうちのワンコは大騒ぎ。笑

とにかく一日中出たり入ったりと大忙し。

このような光景は、小学生のお子さんをお持ちのご家庭では日常だと思います。

鍵を持たせれば自分で開け閉めしてくれて面倒はなくなりますが、うちの子はまだ低学年。鍵を持たせるのは色々と不安です。

そのため、息子が出入りする度に鍵を開けては閉めて、インターホンが鳴る度に対応し、遊びに出かけたらいつ戻ってくるか分からないので、のんびりお手洗いにも行けやしません。笑

それを解消するために私が考えた策が、サンルームから子供部屋にもアクセスできるようにする事でした。

お友達が来ている時は、サンルームを開放しておけば、自由に子供部屋にのみ出入りが可能で、玄関の開閉の必要がありません!

そして、リビングとサンルームはガラス窓を隔ててつながっているので、リビングからは誰が来たかもちゃんと分かります。

「部屋に入ってしまうと見えないから不安では?」といった心配とデザイン製も考えて、子供部屋の扉は店舗用の大きなガラス扉を入れました。

ですので、どんなお友達とどんな遊びをしているかも丸見えです。笑

寂しがりやの息子は、子供部屋にいても私達が見えるので喜んでますが、大きくなると嫌がられてロールスクリーンを設置される可能性があるのは覚悟しています。笑

こうして、大人もワンコも穏やかな休日を手に入れられるようになりました。本当にやってよかったことの一つです。

こんな風に日々の「こうなれば快適なのに~」 といった小さな事も、工夫すれば必ず解消できます。

生活の質を上げ、家族みんなが安心な空間を作れる。それは家が持つ素晴らしさだと思いますし、そうでなければ高い注文住宅にする意味がないと思っています。

ですので 「こんなわがまま放題・好き放題な条件は全部叶わないだろうな」なんて諦めず、叶える方法があると信じて、まずは普段の生活での不満点を何もかもすべて吐き出して、まとめてみる事をお勧めします。

そして、それを建ててくれる会社に一度ぶつけてみることが大事です。

一見、家に直結していないような悩みでも、家づくりで解消できることかもしれませんし、その悩みを解消する過程こそが他の物件にはない個性豊かな素敵なお家を生み出すきっかけになるかもしれません。

まずは間取り&見積もりを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力もむだにかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「間取り&見積もりを揃えて比較すること」なのです。これには次のようなメリットがあります。

  • 各社の特徴をつかめる
  • 希望する間取りの価格や相場を把握できる
  • 見積もりをもとに他社の営業マンと交渉できる

ただ、1社ずつ間取り&見積もりをお願いしようとすると、手間も時間もかかって、かなり面倒…。

そこでおすすめなのが毎月5,000人以上が利用している「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりなら…

  • オリジナルの家づくり計画書を作ってくれる
  • 間取りプランを提案してくれる
  • 諸費用を含めた細かな見積りを出してくれる
  • 土地がない場合、希望エリアの土地提案をしてくれる

もちろん全部無料です!希望する複数のハウスーメーカー・工務店から「間取り&見積もり」をもらえます。

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

無料でも、ハウスメーカー・工務店にとっては、大事なお客様ですので、しっかりとした「家づくり計画書」を作ってくれます。

自分の希望が詰め込まれた間取り図を見比べるのは、とても楽しいですよ♪

また、大手ハウスメーカーを含む全国600社以上が参加している点も見逃せません!

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

タウンライフ家づくりは100万人以上に利用されてきた(毎月5000人以上!)という実績もあり、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

タウンライフ家づくりの満足度調査

もはや家づくりの定番サービスと言ってもいいでしょう。それくらい大人気のサービスになっています。

こんな方におすすめ

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです!

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 1円でも安くマイホームを手に入れたい
  • 気になるハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • まだ表に出ていない土地情報を知りたい

強引な営業もなく、要望欄に「お電話はご遠慮ください」と書いておけば、電話営業もかかってきません。

あなたもぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください♪