「注文住宅の予算は2000万円台で考えている」という方は非常に多いです。注文住宅予算の全国平均が3300万円ほどなので、平均よりは少し節約して家を建てたいというニーズが高まっているようです。

ローコスト住宅に該当する1000万円台の家と比べると予算にゆとりがありますので、ローコスト住宅メーカーや中小工務店だけではなく、大手ハウスメーカーも選択肢に入ってきます。

ただ、あれもこれも…とオプションを追加していった結果、予算をオーバーしてしまったということも起こりやすいので、注意が必要です。

全ての希望は叶えられないけれど、どうしても外したくない部分に関しては希望通りに依頼するというのが、2000万円台の家で成功するポイントです。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

金額から実例を探す

2000万円

2100万円

2200万円

2300万円

2400万円

2500万円

2600万円

2700万円

2800万円

2900万円

ハウスメーカーから実例を探す

ダイワハウス

一条工務店

ミサワホーム

三井ホーム

タマホーム

アイフルホーム

積水ハウス・セキスイハイム・住友林業

その他のハウスメーカー

2000万円台で注文住宅を建てられる主なハウスメーカー

注文住宅の平均的な坪単価と言えるのがこちらのグループです。

ローコスト住宅メーカーよりも設備や住宅性能がしっかりしていて、標準プランのままでオプションを何も付けなくても、満足のいくレベルの家が建ちます。

注文住宅の相場通りの費用がかかるイメージですが、デザインに力を入れているところや、性能をうりにしているところなど、各社特色が異なります。

メーカー 坪単価 工法
一条工務店 50~70 木造
菊池建設 60~80 木造
サンヨーホームズ 50~70 鉄骨造
住友不動産 50~80 2×4
セルコホーム 40~70 2×4
土屋ホーム 60~80 木造・2×4
東急ホームズ 50~80 2×4
トヨタホーム 60~70 木造・鉄骨造
日本ハウスHD 50~70 木造
フジ住宅 50~60 木造・2×4
ミサワホーム 60~80 木造・鉄骨造
ヤマダホームズ 50~70 木造

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。