アエラホームは外張断熱やエコ住宅に強みを持つハウスメーカーです。2011年までは「ライク」という社名で営業をしていました。

最高水準の外張断熱を実現した高気密高遮熱住宅の「クラージュ」、長期優良住宅でありながらもコストが抑えられている「コスパス」、平屋建て住宅の「フラットワン」などといった商品があります。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

注文住宅の建築実例

アエラホームで注文住宅を建てた体験談です。写真付きで詳しく家紹介をしています。写真のない簡単な内容のものは「アエラホームの口コミ・評判・坪単価」よりご覧頂けます。

メーカー基本情報

会社名 アエラホーム株式会社
会社設立日 1984年12月22日
本社所在地 東京都新宿区西新宿6丁目5番1号 新宿アイランドタワー20階
営業エリア 日本全国※一部道府県を除く
年間売上 売上高ランキングで確認
年間着工数(推定) 500件
坪単価(推定) 30~50万円

特徴・強み

高い断熱性能の住宅をローコストで実現

アエラホームは「環境設計の家」がキャッチコピーになっていて、断熱性が高く省エネで環境に配慮した家づくりが特徴です。また、アエラホームはこうした高断熱の家がローコストで手に入るということをウリにしています。

最近では「プレスト」という新商品が高い断熱性能を標準としながら、坪単価39.8万円という低価格を実現しています。

環境への配慮の代表的なものとして、建物全体をアルミで包み込む「外張断熱工法」と「吹付け断熱」を併用したダブルでの断熱が特徴です。主力の「クラージュ」という住宅商品ではこのダブル断熱が標準仕様で採用されています。

まず「外張断熱」では、柱や屋根、床の外側から断熱材ですっぽり包み込むため、外気からの熱の伝導をシャットアウトすることができます。

そして使用しているアルミという素材は太陽の熱にも効率的に断熱ができるため、屋根の断熱にもアルミ箔面材が使用されています。さらに内側への「吹付け断熱」によって気密性を高め、より一層断熱性を向上させています。

また熱交換効率が90パーセントという高機能換気システムも採用されており、夏は涼しく冬は暖かいまま、効率的な換気が可能です。

アエラホームの調査によれば旧省エネ基準住宅と比べて年間約5万円もの冷暖房費の削減に繋げることができるとのことです。

これらの性能から、アエラホームの住宅は住宅機能表示の温熱環境という項目で最高ランクを獲得することが可能となっています。

木造軸組工法で最高ランクの耐震性能を獲得

アエラホームの外張り断熱住宅「クラージュ」では、日本の伝統的な木造軸組工法で建築を行います。

この木造軸組工法は、日本では最もポピュラーで昔から行われてきた工法ですが、柱や梁で建物を支え筋交いなどの壁で地震や台風などの横からの力に耐える構造のため、接合部に力が集中しやすく、それが建物の変形や倒壊につながるというリスクがありました。

アエラホームでは、外壁に壁倍率4倍のハイベストウッドという強い面材を用いることで、高い耐震性を獲得しています。

さらに、Kブレースという制震システムを建物内部にバランスよく配置することで、強い地震に耐えるだけではなく、繰り返しの地震にも強い構造となっています。

土台には最高級木材である檜を使用することで、高い耐久性を保つことができます。そして基礎には一般よりも幅が1.5倍ある鉄筋コンクリート造ベタ基礎にすることで、強い構造体を支えます。

こうした耐震性能によって、住宅機能表示の耐震の倒壊防止、損傷防止で共に最高ランクを獲得することが可能となっています。

シロアリ・火災・津波にも安心な家

木造住宅の大敵の一つであるシロアリですが、アエラホームの土台は檜を使用し、床下換気を行うことでシロアリを寄せ付けにくい環境づくりをしています。

また柱や筋交いへも土台から1mの高さまで防蟻材を施すことで構造体へのシロアリ被害も防いでいます。

そして万一の火災に対しても安心の対策が取られています。

アエラホームの住宅は、万一火災が起きた場合の延焼を防ぐことができるファイヤーストップ構造となっており、天井ボードも防火仕様のため、標準で省令準耐火仕様の住宅として認定されます。

そのため、火災保険を一般的な住宅に比べて割安で契約することが可能です。

また、東日本大地震の際の津波によって周囲の住宅は流されてしまったのに対し、アエラホームの家は耐えたという実績があります。

こうしたことから、地震だけではなく台風や水害などの万一の自然災害においても安心の耐性を持つ住宅と言えるでしょう。

そしてアエラホームには、永年保証という建てた後も安心のシステムがあります。

建てた後10年までは無償で点検を行い、その後は定期的に有料メンテナンスを行うことで、保険(有償)に加入できるというシステムとなっています。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。