積水ハウスは年間の売上が1兆円を超える超大手ハウスメーカーです。もともとは積水化学工業社のハウス事業部でしたが、同社から独立を果たし、別の会社となりました。

連結対象ではないものの、現在も同社が積水ハウスの大株主に名を連ねています。高い技術力を活かして、鉄筋コンクリート住宅も木造住宅も手がけています。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

注文住宅の建築実例

積水ハウスで注文住宅を建てた体験談です。写真付きで詳しく家紹介をしています。写真のない簡単な内容のものは「積水ハウスの口コミ・評判・坪単価」よりご覧頂けます。

メーカー基本情報

会社名 積水ハウス株式会社
会社設立日 1960年8月1日
本社所在地 大阪府大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビルタワーイースト
営業エリア 日本全国
年間売上 売上高ランキングで確認
坪単価 坪単価一覧表で確認

特徴・強み

業界のリーディングカンパニー、住宅供給数No.1の実績

積水ハウスは、住宅業界初の累計200万戸という住宅供給戸数の実績を誇るNo.1企業です。年間6万戸をコンスタントに供給し、全国に支店が約120ヶ所、展示場は約400ヶ所というトップクラスの規模となっています。

そのため土地探し、敷地調査前から設計、施工まで一気通貫して全国にある最寄りの支店でサポートしてもらうことが可能です。こうした実績と全国展開の体制があるからこそ、様々な顧客のニーズに応えることができると言えるでしょう。

実際に、積水ハウスでは家族構成やライフスタイルに合わせて、豊富なプランの中から自由に設計できる「邸別自由設計」が強みでもあります。

さらに住宅業界のリーディングカンパニーとして、「グリーンファースト」という省エネで環境に配慮しながらも快適な家づくりを進めているのも特徴です。

工場での部材生産で、安定した品質

「邸別自由設計」という顧客のニーズに最大限応える自由設計を売りにしている積水ハウスですが、その部材は工場で安定した環境のもと生産されるという体制となっています。

部材は顧客の邸名で発注され、そこから工場内で製造し1邸ごとに出荷を行います。

木造住宅シャーウッドの部材の場合は、現場の施工時の品質のばらつきを極力なくすため、事前に木材をプレカットし、そこに構造用金物をプレセットした状態で出荷されます。

こうした生産体制は、自動車や家電製品と同じように工場内でコンピューター制御のロボットなどによって製造されるため、性能や品質が安定していることが特徴です。

鉄骨造も木造も自由で広い空間

積水ハウスは、鉄骨造住宅と木造住宅どちらも豊富なラインナップを取り揃えていて、自由で広々とした空間づくりを得意としています。特にバルコニーへの段差がないフルフラットで大きな窓を設けられるスローリビングが人気です。

積水ハウスの主力の鉄骨造の1、2階建ての住宅では、「ダイナミックフレーム・システム」という構法がとられており、2.74mの天井高と最大70mの大スパンが広々とした大空間の実現を可能としています。

さらに、室内からバルコニーまでをフルフラットにすることで、リビングが外までつながっているように感じられます。なお、大空間でも快適に過ごせるよう、高い断熱性がある真空複層ガラス入りサッシが採用されています。

また鉄骨造の3、4階建ての住宅で採用されている「フレキシブルβシステム」では、通し柱を不要とし、各階ごとに間取りを変更できるという自由な設計が可能なので、賃貸・店舗併用や多世帯同居とすることもできます。

そして木造住宅シャーウッドにおいては、モノコック構造とラーメン構造のいいとこ取りをした「シャーウッドハイブリット構造」で、木造住宅でありながら大空間や広い開口を各階ごとに可能としています。

こうした高い設計技術で、顧客のあらゆるニーズに応えられるようになっているのは、積水ハウスの強みの一つと言えるでしょう。

オリジナル技術で高い耐震性

積水ハウスの住宅は、オリジナルの強い構造躯体と制震装置、免震装置よって、設計の自由度と高い耐震性を両立させています。

まず、鉄骨造の1、2階建て住宅では、構造躯体に「ユニバーサル・フレーム」という鉄骨をフレーム状に組み合わせたものを作り、そこに耐震用フレーム「ブレース」を組み合わせて強い構造体にします。

そして「シーカス」という地震のエネルギーを熱に変える制震装置で、建物の変形を2分の1に抑えることが可能です。さらに基礎の下に免震システムを加えることで、家自体の地震の揺れを5分の1〜15分の1まで抑えることができます。

また鉄骨3、4階建て住宅では、工業化住宅として世界で初めて重量鉄骨で梁勝ちのラーメン構造を実現しています。

この構造は重力鉄骨の柱と梁などが剛接合によって強力に固定され強い構造体を作るため、高層ビルなどにも用いられ高い耐震性があります。同時に通し柱やコーナー柱が不要のため、自由な設計が可能です。

そして木造住宅シャーウッドでは、厳選した木材を合わせて強度の高い集成材を工場で生産し使用することで安定した強さを実現します。

この強い構造材を使い、柱や梁の骨組みを作りあげ接合部には「MJ接合システム」というオリジナルの金物で緊結することで、地震によって接合部に力が集中した際に折れたり外れたりするのを防ぎます。

また、免震システムを追加することで家自体の揺れを、震度7の場合震度4程に減らすことができ、内装の損傷や家具の転倒を防ぐことが可能です。

100パーセント出資の子会社による責任施工体制

積水ハウスの住宅には積水ハウス専門の施工会社として「積和建設」があります。そしてその積和建設を中心に、指定の工事店が施工をする施工体制を整えているのが特徴のひとつです。

積水ハウス自体が施工・管理に責任を持つ「直接責任施工体制」とすることで、一般的なハウスメーカーが行っている下請け方式での施工よりも、目の届く範囲で適切な施工がされるという安心感があります。

また、積和建設では自社の研修センターで技術を習得する環境や、技術の更新を行う環境が整っているため、現場での高い技術力も強みと言えるでしょう。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。