積水ハウスに依頼して2階建て軽量鉄骨造注文住宅を建てた、愛知県在住30代女性の体験談です。

基本情報

地域 愛知県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦(第1子妊娠中)
ハウスメーカー名 積水ハウス
商品名 IS ROY+E「イズ・ロイエ」
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 軽量鉄骨造
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 4500万円
実際にかかった費用総額 土地2700万円 建物3300万円
坪単価 90万
建坪(建築面積) 17坪
延坪(延床面積) 33坪
間取り 3LDK+納戸+和室スペース
検討開始から契約までの期間 6ヶ月
工期 4ヶ月

建物外観・外壁(画像)

外観写真です。できるたけシンプルにこだわりました。ベランダがちょうどデッキの上にくるようにして、多少の雨はしのげるように設計しました。
イズ・ロイエの外観

内装の工夫(画像)

和室スペースです。リビング側から撮影しています。4.8畳と小部屋サイズですが、しっかり和室感があります。
イズ・ロイエの和室

右がキッチン、右斜め奥が洗面、左上にトイレ、左に階段という導線です。調理~洗濯~洗濯干しをイメージした配置になっています。
イズ・ロイエの内装

1階デッキです。リビングとフラットにつながっているので、カーテンを開くとスペースが広く感じます。外にも出やすいです。
イズ・ロイエのデッキ

2階子供部屋です。今は広い1部屋ですが、子供が2人になったときや、別の用途で使用したいときに、仕切れるようになっています。
イズ・ロイエの子供部屋

工事現場(画像)

工事中に中に入って見せてもらえました。実際に展示場で紹介されているものが、自分の家ではどのように使われるのかを目で確認でき、安心です。
イズ・ロイエの工事中の様子

工事中の写真です。2階部分にも上がらせてもらえます。この時点で、日当たりの感じや隣接住宅との近さなどを見ることができます。
イズ・ロイエの工事中の様子2

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

結婚して賃貸を2年契約で借りましたが、次の契約までに、引き続き賃貸にするのか、マンションや住宅を購入するのかを検討したいというのが夫婦の中でありました。

その理由は、家賃で払っているお金が、特に何も残らないお金なのでもったいないからです。

初めは建売も検討しましたが、意外と値段がする上に、建売だと工事経過や安全設備の現物が見れないなど、安全基準がどうなっているか不明瞭なところがあり、注文住宅にすることにしました。

積水ハウスを選んだ理由

積水ハウスにお願いした理由は3つあります。

まず、私たちの条件として「土地から探すこと」「通勤や帰省を考慮したときに便利なところ」というのが最優先でしたので、その条件に近い土地を探せるメーカーかどうか、というのが重要な条件でした。

最終的に比較した2社では、面積単価はほぼ変わらず、今のところが駅から若干離れてはいるものの、生活イメージを考えた時に少しでも広い方がよいということで選択しました。

次に、夫婦としては安全面を考えたときに木造以外がよかったからです。とはいえ、木のイメージは多少残したい気持ちもあったので、それに一番近いイメージのメーカーを選びました。

最後に、紹介&おすすめしていただいたからです。既に親族で積水ハウスで契約している方がいたので、その方に紹介していただきました。

色々詳しいお話をしていただいたり、その親族の方からも打ち合わせから完成までの話をじっくり伺えて好印象だったので、最終的に決めました。

工事中の現場の様子

イズ・ロイエの工事中の様子2

平日日中は仕事であまり見に行くことができませんでしたが、夜に見に行くと、道具等は整理され、清掃もされた状態でした。きちんと施錠されており、安全面では問題なさそうでした。土曜作業時などは快く中の見学を受け入れてくれました。

外装工事や内装工事はそれぞれ下請け会社の方が対応されているようでしたが、特に雰囲気が悪かったり、モノの取り扱いが雑に見えたりといったことはありませんでした。

また、全体の進捗が「遅れている or 順調」といった情報は随時担当者から入っており、特に心配はありませんでした。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

住み始めて半年弱になりますが、長いアフターケアが付いています。まだ1ヶ月と3ヶ月の点検しか受けていませんが、特に対応がよくないとか、設備に不備がある等もありません。担当の方との顔つなぎもしていただきました。

近隣から排水に関して苦情を受けたことがありましたが、その際も速やかに対応してくださいました。

設備だけでなく、庭のメンテナンスについても、ガイドブックのようなアフターケア本をいただけて、とても親切でした。また、家のメンテナンスセミナーといったものも開催されており、重宝しています。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

イズ・ロイエの和室

特にこだわった&よかった点は3つあります。

1つ目は家事導線です。キッチン・洗面所(洗濯機)・洗濯干し場までの動きをイメージし、限られた面積の中でどう配置したら一番ムダな動きがなくいけるかを考えました。

2つ目は和室スペースです。来客時や休息時、老後に生活するスペースとして和室がほしいというのが夫婦の考えでした。

初めは独立和室を考えていましたが、スペースと配置的に難しく、かといって2畳程度の畳コーナーでは物足りなかったので、リビングと仕切りをはさんでつなげることで、小さい1部屋としても使用できる空間を確保しました。

仕切りをあけておけば、リビングも広く感じます。

3つ目はベランダ~庭スペースです。建物自体は少し小さめになっても、庭スペースがあると、将来子供ができて遊んだり、洗濯を庭で干したり、家庭菜園ができたりと、色々な使い道ができるので、あるといいなという希望がありました。

実際できてみると、庭があることで隣接住宅と空間ができ、開放感が感じられるというメリットもありました。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

お金との絡みもあって取りやめた点なので、後悔や気になるといったものではありませんが、予算が許せばこうしたかったというのは2点あります。

1点目は2階ベランダの物干し掛けです。

今は一部屋の横幅分だけ物干し竿がかけられるように壁に設置されていますが、ベランダ幅が狭いので、もう少し横幅がほしいと感じることがあり、掛ける部分をもう1か所追加しておくとよかったです。

2点目は和室です。和室といえど、和紙スクリーンとダウンライトになっていますが、もともとは和室スペースは本当に和の雰囲気にしたかったので、障子と和室照明がよかったです。

障子は値段が高かったです。照明はリビングとつなげると合わないということでしたが、個人的にはあまり感じませんでした。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

イズ・ロイエの外観

まずハウスメーカー選びですが、どこのメーカーに行っても、他メーカーの営業さんのトーク手法や売り文句を知り尽くされているので、たくさん回って話を聞いていると、結局何が正しくて何が嘘なのかわからない、といった状況に陥ります。

営業さんも嘘はつかないと思いますが、人によりタイプが異なるので(他メーカーをとにかくダメ出ししていく方、自メーカーのメリットを全面に押し出してくる方、まずは契約を!と迫る方等々)、最終的には迷ったメーカーのうちのどの営業さんに一番好印象を持てたか、という点も決め手として大事になってくると思います。

次に、設計・インテリアの打ち合わせでは、希望を遠慮なく言うのがよいと思います。「この面積だとこれはできないか…」とか「この配置はできないか…」とか、勝手にイメージせず、希望をぶつけて考えてもらうと、プロなので色々アイデアを出していただけます。

また、インテリアについては、標準的なものをまず勧めてこられますが、1グレード下げても全く問題ない、むしろその方が好みだ、というものも結構ありますので、面倒でも色々なグレードのものを確認したほうがよいと思います。