注文住宅や家づくりを考え始めたとき、まず最初に「カタログ資料を揃えて情報収集すること」が大事です。

そこで、こちらでは、カタログ資料を集めるのにとても便利な一括資料請求サービスをご紹介します。

また、手に入れたカタログ資料を家づくりに活かすための、一歩進んだカタログ活用法もご紹介!

かんたん3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

一括資料請求サービスを比較!

注文住宅のカタログや資料を一括請求できる人気のサービスが「ライフルホームズ注文住宅」と「タウンライフ家づくり」です。かんたんに比較表にしてまとめてみました。

ライフルホームズ注文住宅 タウンライフ家づくり
掲載数
間取り ×
見積もり ×
特典
口コミ
3.86(7

3.57(14

一見すると似たようなサービスに見えますが、ライフルホームズは「カタログの数」に、タウンライフは「間取り・見積もり作成」に特徴があります。

そのため、ライフルホームズでカタログを見比べて、タウンライフで間取りと見積もりを参考にするといったように、両方を利用する方もとても多いです。

ライフルホームズ注文住宅の特徴

ライフルホームズ注文住宅

ライフルホームズ注文住宅の特徴は次の5つです。

  • 注文住宅メーカーの数が多い
  • 平屋や二世帯住宅などカタログの種類が豊富
  • 特典の「家づくりノート」が役に立ちすぎる!
  • カタログのみならず、実際の施工例も手に入る
  • 必要事項の入力前にカタログを選べるので、入力が無駄にならない

まずは多くのカタログを手元にそろえて、「どんなハウスメーカーや工務店があるのか」「どんな特徴があるのか」などを知りたい方におすすめです。

タウンライフ家づくりの特徴

タウンライフ家づくりとは

タウンライフ家づくりの特徴は次の5つです。

  • 間取りプランを作成してもらえる
  • 具体的な見積もりを出してもらえる
  • 土地がなければ、土地探しから手伝ってもらえる
  • 厳選された注文住宅専門会社のみが対象
  • 毎月先着で「成功する家づくり7つの法則」をプレゼント

家づくりに関する知識がまったくない方はもちろんのこと、「間取りプランを参考にしたい」「リアルな見積もりの金額を知っておきたい」などといった方にもおすすめです。

無料で注文住宅カタログを手に入れる3つの方法

家づくりの情報収集に欠かせない注文住宅カタログですが、手に入れる方法は3つあります。

「展示場でもらう」「メーカー公式サイトから請求する」「一括請求サービスを利用する」の3つです。

それぞれの方法を詳しくご紹介する前に、まずは比較表でまとめてみました。

展示場 公式サイト 一括請求
手間
×
手間
手間
時間
×
時間
時間
営業
×
営業
営業
特典
特典
特典

展示場やモデルハウスに足を運ぶ

いきなりですが、カタログ入手を目的として展示場やモデルハウスに行くことはおすすめしません。

手間も時間もかかりすぎますし、営業マンとのやり取りも避けられません。そのため、展示場やモデルハウスへは「カタログを入手してから」行くことをおすすめします。

注文住宅の実物を見ることでイメージがより具体化されますし、最新の設備や機能に触れることもできます。

また、展示場やモデルハウスでは来場者プレゼントなどの特典が用意されていることが多く、クオカードや生活雑貨などを無料でもらうことができます。

「当日中に決めてもらえたら○○万円値引き」や「最新の○○をサービスで付けます」などといった営業も珍しくありません。

ただ、展示場やモデルハウス巡りをしようとすると、休日がまるまるつぶれてしまうため、カタログで事前に情報を入れてから行くようにしましょう。

ハウスメーカーや工務店の公式サイトから取り寄せる

公式サイトからカタログを請求できるようになっているメーカーも多いです。

ただ、当然ながら1度の入力で1社からしか資料請求をすることはできません。複数のメーカーからカタログを集めようとすると、1社ずつ必要事項を入力しなければならないのです。

さらに、家語がおすすめする一括資料請求サービスよりも、入力が必要となる項目が多かったり、メーカーによって入力項目が異ったりするため、手間も時間もかかってしまいます。

また、希ではありますが、メーカーによってはいきなりカタログを持って自宅に突撃してくるなんてケースもありますので、営業が苦手な方は注意が必要です。

公式サイトからの資料請求は、もともと気になっているメーカーがあって、そのメーカーが一括資料請求サービスに含まれていないことが分かった場合に、利用することをおすすめします。

一括資料請求サービスを利用する

カタログを手に入れるには、やはり一括請求サービスがおすすめです。

おすすめの理由は「ライフルホームズ注文住宅」と「タウンライフ家づくり」のページにて詳しく解説しましたが、なんと言っても最大の理由は「手間が掛からなくて時間の節約になるから」です。

展示場やメーカー公式サイトからも注文住宅カタログは手に入れることができますが、かかる手間や時間がまったく違います。

最短3分程度の入力を1度するだけで、好きなカタログを選べるというのは本当に便利です。

家語で公開している口コミでも「サイトが分かりやすくてよかった」「家事の合間にちゃちゃっと試せた」など、その便利さや簡単さが高く評価されています。

もちろんスマホでもパソコンでも利用できますので、ぜひ気軽に試してみてください。

注文住宅カタログの活用方法

注文住宅メーカーのカタログの内容

家づくりの情報収集にぴったりの注文住宅カタログは、そのまま読むだけでも勉強にも参考にもなること間違いなしなのですが、こちらではさらに一歩進んだ、おすすめの注文住宅カタログ活用法をご紹介します。

カタログの種類は4つ

まず最初に、カタログの種類について、簡単に解説します。

注文住宅のカタログには4つの種類があり、それぞれのカタログが異なった特徴を持っていますので、カタログ集めの際にはカタログの種類にも注目してみてください。

種類 特徴
総合カタログ 注文住宅メーカーの幅広い情報が掲載されているカタログ。メーカーの特徴や代表的な商品、得意な技術や保証内容などといった注文住宅全般に関わる情報のほか、企業理念や企業概要や施工実績などといった会社情報も掲載されています。メーカーのイメージや方向性などを知ることができるため、まずは最初に読んでおきたいカタログと言えます。
住宅商品カタログ 住宅商品を個別に紹介するカタログ。商品別にコンセプトや特徴などの情報が掲載されていて、外観バリエーションや標準仕様の設備などを知ることができます。
技術カタログ 採用している工法や構造を解説するカタログ。在来工法・ツーバイフォー工法・ツーバイシックス工法・軽量鉄骨造など、そのメーカーが取り扱っている工法や構造が掲載されています。また、断熱性・気密性・耐震性・耐火性・耐久性・エコ性能など、住宅に関わる性能も知ることができます。
実例カタログ 実際に施工した注文住宅の実例がまとめられているカタログ。外観や内装や間取りなどの写真が豊富に掲載されていて、施主のコメントや感想なども読むことができます。間取りやこだわりなど、注文住宅の実例は特に参考になる情報が多く、メーカーの営業担当にイメージや希望を伝える際にも便利で役に立ちます。

自分だけの「スクラップブック」を作る

ライフルホームズ注文住宅の活用方法

注文住宅カタログの活用法として、特におすすめしたいのが「スクラップブックを作ること」です。理想のマイホームを建てるためには欠かせないと言ってもいいほど、強くおすすめします。

スクラップブックを作ることのメリットは次の3点です。

  • 理想のマイホーム像が見えてくる
  • 外観・内装・間取り・設備など、具体的な希望が浮かび上がる
  • メーカーの営業担当や設計担当やインテリア担当などにイメージを伝えやすい

どれも大きなメリットなのですが、中でも特に見逃せないのが最後の「イメージの共有」です。

自分の頭の中で理想像ができ上がっていても、それを言葉にしてメーカーの担当者に伝えるのは非常に難しいです。

注文住宅の失敗談でも、担当者とのイメージの共有がうまくいかなかったために、後悔の残る結果となってしまったという声をよく聞きます。

その点、スクラップブックを作っておけば、言葉ではなく、写真や図面を使って、担当者とイメージを共有することができます。

理想のマイホーム像や希望内容などを担当者としっかり共有することで、家を建ててから後悔するリスクをぐーんと下げることができるのです。

自分だけの「家づくりノート」を作る

ライフルホームズ注文住宅の家づくりノート

先にご紹介したスクラップブックと一緒に、家づくりノートも作ることをおすすめします。どちらも似たようなものに感じますが、実は特徴が大きく異なります。

スクラップブック 家づくりノート
写真・画像がメイン 文字・数字がメイン
カタログの写真を切り取って貼り付ける カタログの情報を参考にして記入する
貼り付けた写真にメモ程度のコメントを残す 家づくりのスケジュールや予算などを細かく記入する
メーカー担当者にも見せて、イメージを共有する 展示場や担当者の印象なども書き残しておくため、他人には見せない

スクラップブックと家づくりノートを1つにまとめてしまう方もいますが、このように特徴や目的が異なりますので、それぞれ別に作ることをおすすめします。

そして、家づくりノートの作り方には次の2パターンがあります。

  • 自分でキャンパスノートを買ってきて0から作り上げる
  • ライフルホームズ注文住宅の「はじめての家づくりノート!」を使う

おすすめは2番目の「はじめての家づくりノート!」を使うという方法です。

こちらは、ライフルホームズ注文住宅でカタログ請求をするとプレゼントしてもらえるノート(ファイル)です。

家づくりに関する様々な情報が掲載されているほか、見学会チェックシートや土地チェックシートなども含まれていて、家づくりを始める方にぴったりのノートとなっています。

「メーカーのカタログよりも役に立った」なんて口コミもあるくらい、便利で評判のいい内容に仕上がっていますので、ぜひライフルホームズ注文住宅を利用して、家づくりノートを手に入れてみてください。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力もむだにかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「ライフルホームズ注文住宅」です。

ライフルホームズ注文住宅

ホームズくんでお馴染みのライフルホームズなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

ライフルホームズ注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

ライフルホームズ注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。