ヘーベルハウスは、旭化成ホームズが提供する注文住宅のブランド名です。

「ヘーベル」と呼ばれる計量気泡コンクリートを使っている点が最大の特徴で、ブランド名もこちらに由来しています。

ヘーベルは非常に性能が優れていることでも知られ、超高層ビルや公共施設などにも採用されています。

かんたん3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

インタビュー

ヘーベルハウスで注文住宅を建てた方へインタビュー!たくさんの写真とともに、ヘーベルハウスのリアルな評判をご紹介します。

2000万円台

3000万円台

4000万円台

5000万円以上

注文住宅の特徴

圧倒的な頑丈さで特に都市部での家づくりが人気のヘーベルハウスの注文住宅について、地震対策や断熱気密などの特徴をまとめました。

建築エリア

ヘーベルハウスでは都市部を中心に、今後大きな地震が予測されるエリアなど、幅広いエリアで注文住宅を建てています。

都市型の家づくりが特に得意で、都会では限られた狭い土地や変形した土地、高さ制限などの様々な制約がついてしまいがちですが、設計を工夫することで、狭くても広がりを感じられる空間を作れます。

例えば、2階建ての建物でも、床を一段下げて天井を高くして吹き抜けとつなげるなど、「階」ではなく「層」を積み上げて間取りを作っていくという発想で、土地が狭くても開放感を感じやすいです。

さらに、二世帯向け、共働き世帯向け、ガレージ付き、店舗・医院併用、3・4階建てなど、時代のニーズや現代の家族のあり方に沿った住宅商品ラインナップが豊富なのも特徴です。

関東
茨城県 栃木県
群馬県 埼玉県
千葉県 東京都
神奈川県  
中部
山梨県 岐阜県
静岡県 愛知県
近畿
三重県 滋賀県
京都府 大阪府
兵庫県 奈良県
和歌山県  
中国・四国
岡山県 広島県
山口県  
九州
福岡県 佐賀県

坪単価・価格

ヘーベルハウスの坪単価は90~120万円(税込)が相場です。見積もり総額だと3000~4000万円(税込)が平均的な価格となります。

坪単価や見積もりなど、ヘーベルハウスのお金に関する詳細はこちら↓

耐震性

日本一地震に強いハウスメーカーと言っても過言ではないヘーベルハウスですので、当然ながら標準仕様で耐震等級3(最高等級)に対応しています。

  • 太く短い斜材と横材の組み合わせで地震エネルギーを効率よく吸収する制震フレーム「ハイパワードクロス」
  • 地震で制震フレームが受ける負荷を抑える制震テクノロジー「ハイパワード制震ALC構造」
  • 鉄骨梁に緊結し床を強固な面として一体化さえて変形を抑える「剛床システム」
  • 地震エネルギーを基礎全体で受け止めて分散する「鉄筋コンクリート連続布基礎」
  • 外壁に回転機構を持たせて外壁の脱落や損傷を防ぐ「ロッキング工法」
  • 高層ビルにも採用されている最新のオイルダンパー制振装置「サイレス」

など、ヘーベルハウスでは地震による倒壊だけではなく、建物の損傷を防ぐ取り組みにまで力を入れています。

世界最大の実験施設「E-ディフェンス」にて3階建て住宅の実大振動実験を行うなど、耐震性能に関しては何も心配いりません。

詳細:ヘーベルハウス「地震に強い家」

断熱性

ヘーベルハウスはUA値を公表していませんが、標準仕様でZEH基準を満たすため、UA値0.6以下(推定0.4~0.5)になります。

断熱材として、ネオマフォームを標準採用しています。旭化成が独自開発した次世代断熱材で、世界最高レベルの熱伝導率を誇ります。

外壁・床・屋根に使用しているへーベル(ALCコンクリート)はコンクリートの10倍もの断熱性があり、ネオマフォームと組み合わせたヘーベルシェルタードダブル断熱構法により、半世紀を超えて高い断熱性が持続可能です。

断熱の重要なカギを握る窓ガラスは、特殊金属膜をコーティングした「低放射複層ガラス」を標準採用しています。さらに太陽高度の低い東西面は「遮熱低放射複層ガラス」への変更も可能です。

窓と同様に重要となるサッシは、アルミサッシよりもはるかに断熱性の高い「アルミ樹脂複合断熱サッシ」を標準採用。樹脂部分は交換可能でメンテナンス費用を抑える工夫もなされています。

真夏のオーバーヒート対策もしっかりとしていて、旭化成オリジナルの住環境シミュレーション「ARIOS」を用いて、日照・日射・採光・通風などをもとに住み心地も最適化されています。

詳細:ヘーベルハウス「夏涼しく冬暖かく」

気密性

ヘーベルハウスはC値を公表していませんが、過去のデータや家語のインタビューなどから1.5~2.5と推定されます。

木造と比べると鉄骨造は気密性が低くなりますが、それでもかつての省エネ基準(現在はC値は対象外)を余裕でクリアしている優秀な数値です。

断熱性の項目でご紹介した「アルミ樹脂複合断熱サッシ」にも気密材が使用されられて、気密性の向上に役立っています。

耐火性

ヘーベルハウスは耐火性が抜群に高いのも特徴です。耐火建築物もしくは準耐火建築物しか建てられない防火地域・準防火地域でも、ヘーベルハウスなら家を建てられます。

国土交通大臣認定の耐火構造部材ヘーベルは、熱を伝えにくいという特性があり、945℃まで加熱する耐火加熱試験もクリアしています。

さらに完全無機であることから、加熱による有毒ガスの発生もありません。

ヘーベルハウスオリジナルの「ファイヤーストップALC壁構法」によって延焼に強いのも特徴で、隣家からの延焼被害を受けやすい軒天・シャッター・開口部も防火認定等を取得しています。

家の中で失火が発生してしまった場合への備えもちゃんとしていて、横と縦で二重の区画防火対策が施されています。

  • 部屋ごとの区画防火:内装の不燃化でフラッシュオーバーを抑制
  • 階層ごとの区画防火:ヘーベルを床に使用することで床の燃え抜けを防止
  • 柱・梁・階段鉄骨:燃え落ちにくい鉄骨製で避難経路を確保

このように、ヘーベルハウスは耐火性や火災への取り組みがしっかりと計算されています。

詳細:ヘーベルハウス「火事に強く」

防音・遮音性

ヘーベルハウスの外壁・床・屋根に使用されている「ヘーベル」は、駅ホームの防音壁やホテルの仕切り壁に採用されるほど高い防音遮音性能を誇ります。

電車の騒音が図書館並みの静けさになると例えられるほどの高性能で、しかもその性能は経年劣化しないため、新築当初の高い防音遮音性が長く保たれるのも魅力です。

  • 子どもの飛び跳ねなどの2階で発生した重量衝撃音を階下に伝えない「ANRフロア」
  • 防振吊り金物を使って振動を抑える「二世帯天井」
  • 他の部屋に生活音が響かせないようにする「遮音間仕切り壁」
  • トイレを流す音にまで防音をこだわった「トイレ防音仕様」

など、ヘーベルハウスでは防音・遮音性向上のための様々な取り組みがなされています。

音に関する快適性が求められる病院や福祉施設などでも、防音壁としてヘーベルが採用されていることが、その性能の高さの証明になっています。

詳細:ヘーベルハウス「音を小さく」

外壁

すでに何度も登場していますが、ヘーベルハウスの外壁はALCコンクリート「ヘーベル」が採用されています。

ヘーベルそのものが「防火性・防災性・耐久性・断熱性・遮音性」に優れた素材であることから、ヘーベルハウスの家づくりには欠かせない存在となっています。

外壁は3層仕上げの塗装「ロングライフコート」を施している点が特徴です。

下塗り層は工場で塗装を行い、中塗り層と上塗り層は現場で吹き付けを行うことで、厚みのある塗膜を確保して汚れをつきにくくしています。

さらに塗料に水と紫外線に強いアクリルシリコン系塗料を採用することで、耐水性・耐汚染・耐候性も向上。

その結果、外壁のメンテナンスが60年間に1回だけで済むようになり、他のハウスメーカーと比べてメンテナンス費用もぐんと抑えられるようになりました。

詳細:ヘーベルハウス「丈夫で強く」

デザイン

ヘーベルハウスはシンプルで強固な外観デザインが特徴となっています。頑丈さや強さを感じさせるデザインで、家族を守ってくれる安心感も感じられます。

そらのまの外観

そらのまの外構
「そらのま」

CUBICの外壁

CUBICのウッドデッキ
「キュービック」3400万円

CUBICの外構

CUBICの外壁
「キュービック」3500万円

CUBICの外観

CUBICの外壁
「キュービック」3800万円

ヘーベルハウスの外観

ヘーベルハウスのオートロック
「フレックス賃貸併用」

保証・アフターサービス

ヘーベルハウスの注文住宅には「ロングライフプログラム」と呼ばれる充実した保証がついています。主な保証内容は以下の通りです。

  • 構造体・防水:30年初期保証+30年延長保証
  • 住宅設備機器:10年保証

初期保証は10年や20年というハウスメーカーがほとんどのなか、初期保証で30年、延長保証で60年と非常に長いのが特徴です。

  • 主要鉄骨
  • 鉄筋コンクリート基礎
  • 床ヘーベル
  • 屋根・ベランダヘーベル
  • 外壁ヘーベル
  • 勾配屋根・勾配面の防水
  • 陸屋根シート防水
  • ベランダシート防水
  • 外壁塗装
  • 外壁シーリング
  • 外壁開口部(サッシ)枠
  • 玄関ドア・勝手口ドア枠
  • ベランダ手摺笠木
  • 桶(軒桶・竪樋・固定金物など)
  • 給水・給湯管
  • 排水管

これらが60年間のロングライフ保証システムの対象になります。

定期点検は「入居後・1年・2年・5年・10年・15年・20年…」と60年目まで無償です。こちらも他のハウスメーカーと比べてもかなり長く、より安心できます。

さらに24時間受付のアフターサービス体制が整えられていて、不具合が発生した時や住まいに関する相談事ができた時などに連絡可能です。

家ごとに図面・仕様書・点検・補修履歴などがまとめられた「邸別ハウスカルテ」が保存されているので、自分の家に適した細かなサービスやアドバイスを受けられます。

また、入居者を対象とした「住まいの学習塾」と呼ばれるイベントも開催していて、こちらでも住まいの維持管理に関するアドバイスを受けられます。

詳細:ヘーベルハウス「品質を高く」

まずは間取り&見積もりを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力もむだにかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「間取り&見積もりを揃えて比較すること」なのです。これには次のようなメリットがあります。

  • 各社の特徴をつかめる
  • 希望する間取りの価格や相場を把握できる
  • 見積もりをもとに他社の営業マンと交渉できる

ただ、1社ずつ間取り&見積もりをお願いしようとすると、手間も時間もかかって、かなり面倒…。

そこでおすすめなのが毎月5,000人以上が利用している「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりなら…

  • オリジナルの家づくり計画書を作ってくれる
  • 間取りプランを提案してくれる
  • 諸費用を含めた細かな見積りを出してくれる
  • 土地がない場合、希望エリアの土地提案をしてくれる

もちろん全部無料です!希望する複数のハウスーメーカー・工務店から「間取り&見積もり」をもらえます。

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

無料でも、ハウスメーカー・工務店にとっては、大事なお客様ですので、しっかりとした「家づくり計画書」を作ってくれます。

自分の希望が詰め込まれた間取り図を見比べるのは、とても楽しいですよ♪

また、大手ハウスメーカーを含む全国600社以上が参加している点も見逃せません!

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

タウンライフ家づくりは100万人以上に利用されてきた(毎月5000人以上!)という実績もあり、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

タウンライフ家づくりの満足度調査

もはや家づくりの定番サービスと言ってもいいでしょう。それくらい大人気のサービスになっています。

こんな方におすすめ

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです!

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 1円でも安くマイホームを手に入れたい
  • 気になるハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • まだ表に出ていない土地情報を知りたい

強引な営業もなく、要望欄に「お電話はご遠慮ください」と書いておけば、電話営業もかかってきません。

あなたもぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください♪