ヘーベルハウスで注文住宅「そらのま」を建てた、東京都在住30代女性の体験談です。

かんたん3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 東京都
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦・妹・息子の4人家族
ハウスメーカー名 ヘーベルハウス
商品名 そらのま
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 軽量鉄骨造
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 5500万円
実際にかかった費用総額 土地3400万円 建物3200万円
坪単価 119万円
建坪(建築面積) 12坪
延坪(延床面積) 27坪
間取り 3LDK
検討開始から契約までの期間 2ヶ月
工期 4ヶ月
似ている注文住宅 3000万円台
坪単価100万円以上
10坪台
20坪台
3LDK
鉄骨造住宅
狭小住宅・コンパクトハウス

外観・外構(画像)

外観正面写真です。暗めの青色ヘーベル版を使用しているため、汚れなど目立ちにくいです。
そらのまの外観

外観南側写真です。南側にベランダ「そらのま」を配置しています。
そらのまの外構

「そらのま」の写真です。机や椅子を置いても広々としています。
ヘーベルハウスのそらのま

内装(画像)

玄関の写真です。左手扉向こうには、階段下スペースを活用したシューズクロークがあります。
そらのまの玄関

1階にある子ども部屋です。部屋の広さは4.5畳と狭いですが、クローゼットが大きいので、それほど狭さは感じません。
そらのまの子ども部屋

リビング全体写真です。空間が区切られているため、用途を分けて使用しています。
そらのまのリビング

リビング手前側の写真です。「そらのま」に面しているため日当たりがとてもよく、広々と感じる場所です。
そらのまの2階リビング

リビング奥にある勉強スペースです。机は備え付けのため丈夫で、脚がない分スッキリとした印象です。
そらのまの勉強スペース

リビングテレビ上のコーニス照明です。天井隅部分が奥まっており、そこに設置されています。
そらのまのコーニス照明

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

これまでは転勤族だったため、住む場所が安定していませんでしたが、仕事も落ち着き、「家賃を払い続けるよりは、家を建ててローンの支払いにお金を回す方が良い」と思ったことがきっかけです。

また、息子が成長するにつれて、以前住んでいた場所では窮屈な上に、騒音などの問題も気になるようになりました。

「お隣さんを気にすることなく落ち着ける場所で生活したい」「息子にものびのびと過ごしてもらいたい」という思いから、夫婦で相談し、家を建てることにしました。

ヘーベルハウスを選んだ理由

家を建てることを決め、はじめの頃は既に完成している建売住宅などの見学に訪れていましたが、その内に自分たちで間取りや土地を選びたいと思うようになり、注文住宅にすることを決めました。

そこで、住宅展示場を何度か訪れ、話を聞き、検討しました。当初、ヘーベルハウスは「高い」というイメージがあったため、選択肢には入れていなかったのですが、とりあえずという思いで、見学させて頂きました。

その時に担当してくださった営業の方がたまたま新人の方で、「もし契約してくれるのであれば、いろいろとサービスさせて頂きます」ということだったので、積極的に考えるようになりました。

実際にヘーベルハウスで家を建てて住まれている方のお家の見学会に参加したり、建築を勉強している妹に相談したりしていくうちに、「ここでお願いしたいな」という思いになり、ヘーベルハウスを選びました。

工事中の現場の様子

まず、印象として「とてもスムーズに工事が進んでいるな」と思いました。

大工さんはヘーベルハウスの下請け会社の方たちでしたが、常にヘーベルハウス直属の施行監督の方もいらっしゃったので、とても安心感がありました。

また、訪れるといつも快く見学させてくださり、「今はこういった作業をしている」などの説明も丁寧にしてくださりました。

近所の方たちにも十分な配慮をしてくれていたため、トラブルなどもなく、皆さんが家の完成を楽しみにしてくれる環境でした。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

実際に住み始めて不具合を見つけた場合にはすぐに対応していただけましたし、こちらの過失で傷つけてしまった部分に関しても、すぐに確認に来て、ほとんど無料で綺麗に直していただきました。

また、点検についても、隅々まで丁寧に見て、扉の開閉など少し気になっていた部分をお伝えすると、すぐに調節していただけました。

換気装置の掃除方法なども質問すると丁寧に教えていただけたので、夫婦共々とても満足でした。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

ヘーベルハウスのそらのま

私の家には「そらのま」と呼ばれる6畳ほどの広さがあるベランダがあります。

この空間は、本当は居室にしたかった場所を容積率の関係で渋々ベランダとしたのですが、この「そらのま」があるおかげで、空間に広がりが生まれているように感じます。

また、土地が大きくないため、庭は狭いのですが、ベランダがとても広いので、家族でBBQをしたり、息子にプールをさせたりと、とても重宝しています。

あと、屋上が平坦なのでたくさんの太陽光パネルを乗せられました。我が家ではオール電化を採用しています。

家庭で使わなかった電気は売電できるため、天気のいい月には光熱費が0円のときもあり、とてもお得です。

停電時にも電気を使えるので安心して過ごしています。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

そらのまの外観

ドアから離れた表札と同じ場所(屋根がない部分)に玄関チャイムを付けてしまったため、雨の日に宅配の方などが濡れてしまうなどの問題があります。

また、我が家はリビングが2階にあり、寝室や子ども部屋が1階にあるため、普段いることの多い2階にTVモニターを設置したのですが、1階部分にはインターフォンの音が出る設備を付けませんでした。

そのため、1階にいる時にインターフォンの音に気づかないことがあり、少し不便に思っています。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

そらのまの外構

まず、最近の住宅は換気システムがしっかりとしているため、お風呂やトイレなどの不要な窓は削ることをおすすめします。

特にお風呂に関しては、窓がない方が冬場でも寒さを感じにくく、またお掃除も楽にすみます。

次に、我が家ではテレビを設置している部分の上部の天井を少し削り、コーニス照明を取り付けているのですが、こちらもおすすめです。

ヘーベルハウスの方曰く、実際の広さよりも広く感じるということで、私も夫もとても気に入っています。映画鑑賞の際などにも雰囲気が良くなります。

最後に、費用は少しかさみますが、手動のシャッターよりも電動シャッターにすることをおすすめします。

タイマー機能のある電動シャッターですと、開閉時間を自分の好きなように設定できるため、寝室で使用すると朝シャッターが開くのと同時に陽の光で目を覚ませます。

手動のシャッターのように窓の開け閉めが不要なので、虫などが入る心配もなく、ガラガラっという騒音も出ませんし、防犯を考える上でもおすすめです。

まずは間取り&見積もりを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力もむだにかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「間取り&見積もりを揃えて比較すること」なのです。これには次のようなメリットがあります。

  • 各社の特徴をつかめる
  • 希望する間取りの価格や相場を把握できる
  • 見積もりをもとに他社の営業マンと交渉できる

ただ、1社ずつ間取り&見積もりをお願いしようとすると、手間も時間もかかって、かなり面倒…。

そこでおすすめなのが毎月5,000人以上が利用している「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりなら…

  • オリジナルの家づくり計画書を作ってくれる
  • 間取りプランを提案してくれる
  • 諸費用を含めた細かな見積りを出してくれる
  • 土地がない場合、希望エリアの土地提案をしてくれる

もちろん全部無料です!希望する複数のハウスーメーカー・工務店から「間取り&見積もり」をもらえます。

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

無料でも、ハウスメーカー・工務店にとっては、大事なお客様ですので、しっかりとした「家づくり計画書」を作ってくれます。

自分の希望が詰め込まれた間取り図を見比べるのは、とても楽しいですよ♪

また、大手ハウスメーカーを含む全国600社以上が参加している点も見逃せません!

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

タウンライフ家づくりは100万人以上に利用されてきた(毎月5000人以上!)という実績もあり、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

タウンライフ家づくりの満足度調査

もはや家づくりの定番サービスと言ってもいいでしょう。それくらい大人気のサービスになっています。

こんな方におすすめ

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです!

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 1円でも安くマイホームを手に入れたい
  • 気になるハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • まだ表に出ていない土地情報を知りたい

強引な営業もなく、要望欄に「お電話はご遠慮ください」と書いておけば、電話営業もかかってきません。

あなたもぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください♪