注文住宅の建築予算が4000万円以上ある場合、かなりの範囲で希望通りの家を建てることができます。

注文住宅を建てる上で、予算の上限をそれほど意識せずに済む価格帯であるとも言えます。建物の形や、導入する設備、内装に使用する素材、外装のデザインなど、様々な部分に自分のこだわりを反映させることが可能です。

また、最先端のキッチン設備や、広々として高機能なシステムバス、トイレを2箇所に設けるなどといった具合に、水回りを充実させるという方も非常に多いです。

「選べる選択肢が多すぎて、どれにするか悩んでしまう…」なんていう幸せな悩みも聞いたことがあります。4000万円以上の建築予算があるのであれば、ほとんど妥協することなく、理想の家作りができるでしょう。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

金額から実例を探す

4300万円

4500万円

4600万円

4700万円

4800万円

ハウスメーカーから実例を探す

住友林業

積水ハウス・ダイワハウス・トヨタホーム

パナソニックホームズ・ヘーベルハウス

4000万円台で注文住宅を建てられる主なハウスメーカー

4000万円以上もの予算があれば、ハウスメーカーは選び放題と言っても過言ではありません。

既に広い土地があれば、坪単価が少し抑えられているハウスメーカーを選んで、迫力のあるとても大きな家を建てることもできます。

逆に、土地がそれほど広くなくても、坪単価が高めのハウスメーカーを選んだ上で、更にオプションを充実させて、高級感あふれる豪華な家にすることも可能です。

大手ハウスメーカー
一条工務店 住友不動産
住友林業 セキスイハイム
積水ハウス ダイワハウス
タマホーム トヨタホーム
パナソニックホームズ ヘーベルハウス
ミサワホーム 三井ホーム
中堅ハウスメーカー
アーデンホーム アイフルホーム
アエラホーム アキュラホーム
菊池建設 クレバリーホーム
サンヨーホームズ スウェーデンハウス
セルコホーム 大成建設ハウジング
土屋ホーム 東急ホームズ
日本ハウスホールディングス フジ住宅
三菱地所ホーム ヤマダホームズ
ユニバーサルホーム  

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。