ヘーベルハウスで注文住宅「キュービック」を建てた、愛知県在住30代女性の体験談です。

かんたん3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 愛知県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦・娘・息子の4人家族
ハウスメーカー名 ヘーベルハウス
商品名 キュービック(CUBIC)
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 軽量鉄骨造
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 3000万円
実際にかかった費用総額 3500万円
坪単価 95万円
建坪(建築面積) 20坪
延坪(延床面積) 37坪
間取り 2LDK
検討開始から契約までの期間 2ヶ月
工期 4ヶ月
似ている注文住宅 愛知のハウスメーカー
3000万円台
坪単価90万円台
20坪台
30坪台
2LDK
鉄骨造

外観・外構(画像)

正面から見た外観です。プライバシーに配慮して窓を少なくしました。
CUBICの外構

裏側の外観です。すぐ裏手に住宅があるので、こちらも窓を少なくして、家の中が見えないようにしています。
CUBICの外壁

内装(画像)

リビングです。テレビ裏の石材タイルがポイントです。タイルの上には間接照明が付いているので、夜は雰囲気が変わります。
CUBICの2階リビング

リビングにある家の中で一番大きな窓です。2階リビングなので日光が入りやすく、部屋がとても明るくなります。
CUBICのリビング窓

リビングとダイニングの空間を仕切る役目の格子です。部屋を広く見せるために格子にしてもらいました。
CUBICのリビングダイニング

ダイニングです。ウォールナット×モノトーンの配色で統一しています。
CUBICのダイニングキッチン

ダイニングテーブル上の照明は、飽きのこないシンプルなデザインで、擦りガラスのグラデーションになっています。
CUBICのダイニング

ダイニングにあるニッチの写真です。季節やイベントによって模様替えしています。
CUBICのニッチ

キッチンスペースです。白×シルバーで統一して極力シンプルにしました。タッチレス水栓がお気に入りです。
CUBICのキッチン

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

今の夫と婚約してすぐに「一緒に住むところをどうするか」という話し合いをしました。

当時、私は実家暮らしで、夫はアパートで一人暮らしをしていましたが、「何回も引越するのは面倒だから」という理由で家を建てるか、マンションを購入するかという選択肢が残りました。

そして、いずれは子供も欲しかったので、家族でのびのび暮らせるようにと、家を建てることにしました。

建売ではなく注文住宅にしたのは、一生に一度のことなので、自分たちの理想を取り入れた家を作りたいと思ったからです。

ヘーベルハウスを選んだ理由

当初、個人的には木造住宅が良いなと思っていました。自然素材で木のぬくもりが感じられる家がよかったからです。

しかし、「せっかくなら鉄骨造も見てみよう」と、ヘーベルハウスの展示場へ行き、家の基礎部分の説明や、耐震性、防音性について説明を聞いて考えが変わりました。

地震の多い日本では、基礎がしっかりしていて、地震に強いヘーベルハウスはとても魅力的だと思いました。

契約前に、鬼怒川が氾濫した水害でもヘーベルハウスの家が流されず残った映像をたまたま見たのですが、地震だけでなく水害にも強いので、万が一被災しても家族を守ってくれるのではないかと思えました。

また、内装がとてもオシャレで高級感があり、自分達の好みに合っていたこと、見積もり段階で作っていただいた間取り図が気に入ったということも決め手になりました。

工事中の現場の様子

現場の作業員の方はとても礼儀正しくて、工事の様子を見に行ったときは必ず明るく挨拶をしてくれました。若い方が多かったですが、ちゃんと指導されているのだなと思いました。

工事の様子を見に行ける日が週末しかなかったのですが、基本は1人~2人で黙々と作業をされていた印象です。

キッチンなどの大きな設備が入ったあとは、中を案内してもらうこともありました。作業の手を止めてしまうにもかかわらず、丁寧に対応してくださり、とても嬉しかったです。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

入居後すぐに気になったことは、外の室外機に雨が当たる音でした。寝室が1階だったので寝ているときにどうしても気になってしまい、サービスセンターに連絡したのですが、すぐに対応してもらえました。

また、定期点検の際に、壁紙と壁紙のつなぎ目部分に少し目立つ箇所があることと、引き戸のドアから異音がしたことで相談すると、その場ですぐに直してもらえました。

とても細かいことだったと思うのですが、嫌な顔一つせずに対応してもらえました。

やってよかったこと・こだわりポイント

CUBICのキッチン

「キッチンスペースを広く作ってもらったこと」と「ウォークインクローゼットを2つ作ってもらったこと」です。

キッチンスペースは、広いほうが作業もしやすいですし、子供が大きくなったら一緒に料理をしたいと思っていたので、こだわって作りました。

カウンターや収納扉の色も白で統一したので、パッと見も広くゆとりがあるように見えると思います。

また、パントリーやキッチン背面にたっぷり収納スペースがあるので、日用品のストックをしまうなど、他の用途にも使えるのがすごく便利です。

ウォークインクローゼットは、私も夫も洋服が大好きなので、スペースの取り合いにならないよう、別々に分けて作ってもらいました。

このスペースに収まる量までですが、それぞれ管理できるのでよかったです。

後悔ポイント・気になるところ

家電の配置を考えたうえでコンセントを付けなかったことに後悔しています。

例えば、収納棚の中や、ニッチの部分にもコンセントを付けておけば、充電が必要なものなど、棚の中を充電スペースとして使うこともできたと思います。

充電コードなどはどうしてもごちゃごちゃして見えますし、髭剃り用の電動シェイバーなど、出しっ放しにしておきたくないものもあるので、いろいろな箇所に付けておけばよかったです。

ニッチの棚にコンセントがあったら、クリスマスなどのイベント時に使えたのに…と考えてしまいます。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

CUBICの外構

注文住宅を建てるときに考えないといけないことはたくさんありますが、優先順位を明確にすることが大事です。

「ハウスメーカー、予算、広さ、間取り、設備、耐震性、内装」など、その中で何を優先するのか、家族で決めておくとスムーズに進みます。

それぞれの家庭によって、優先順位は違うものなので、よく話し合ってみてください。

また、注文住宅はとても金額の大きい買い物になりますが、予算はきっちり決めすぎないほうがいいと感じました。

我が家は予算を理由に、床暖房を付けなかったのですが、初めての冬を迎えたとき、思った以上に寒くて辛かったです。子供が生まれると、冬でも裸足で過ごすことが多いので、風邪を引かないかなと心配になります。

入居後に付けるとなると、それこそ費用的に難しく、最初からケチらず付けておけばよかったと思いました。予算よりも「必要か必要ではないか」で判断することが重要です。

まずは間取り&見積もりを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力もむだにかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「間取り&見積もりを揃えて比較すること」なのです。これには次のようなメリットがあります。

  • 各社の特徴をつかめる
  • 希望する間取りの価格や相場を把握できる
  • 見積もりをもとに他社の営業マンと交渉できる

ただ、1社ずつ間取り&見積もりをお願いしようとすると、手間も時間もかかって、かなり面倒…。

そこでおすすめなのが毎月5,000人以上が利用している「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりなら…

  • オリジナルの家づくり計画書を作ってくれる
  • 間取りプランを提案してくれる
  • 諸費用を含めた細かな見積りを出してくれる
  • 土地がない場合、希望エリアの土地提案をしてくれる

もちろん全部無料です!希望する複数のハウスーメーカー・工務店から「間取り&見積もり」をもらえます。

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

無料でも、ハウスメーカー・工務店にとっては、大事なお客様ですので、しっかりとした「家づくり計画書」を作ってくれます。

自分の希望が詰め込まれた間取り図を見比べるのは、とても楽しいですよ♪

また、大手ハウスメーカーを含む全国600社以上が参加している点も見逃せません!

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

タウンライフ家づくりは100万人以上に利用されてきた(毎月5000人以上!)という実績もあり、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

タウンライフ家づくりの満足度調査

もはや家づくりの定番サービスと言ってもいいでしょう。それくらい大人気のサービスになっています。

こんな方におすすめ

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです!

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 1円でも安くマイホームを手に入れたい
  • 気になるハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • まだ表に出ていない土地情報を知りたい

強引な営業もなく、要望欄に「お電話はご遠慮ください」と書いておけば、電話営業もかかってきません。

あなたもぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください♪