ヘーベルハウスに依頼して2階建て鉄骨造注文住宅を建てた、岡山県在住30代女性の体験談です。

ちょっと一手間かけるだけ!展示場に行く前に必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 岡山県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦・息子2人の4人家族
ハウスメーカー名 ヘーベルハウス
商品名 キュービック(CUBIC)
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 軽量鉄骨造
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 4000万円
実際にかかった費用総額 建物3300万円 土地1100万円 外構(外注)200万円
坪単価 106万円(エアコン・キッチン・カーテン等、旭化成ホームズに支払った費用すべて込み)
建坪(建築面積) 16坪
延坪(延床面積) 31坪
間取り 3LDK
検討開始から契約までの期間 2ヶ月
工期 4ヶ月

建物外観・構造(画像)

外観写真です。2階テラス部分を目隠しするルーバースクリーンのブラウンと、白い外壁とのコントラストが気に入っています。
cubicの外観の写真

建設中の写真です。地鎮祭や骨組みの段階では「思っていたより小さいなぁ」と思いましたが、内装ができるとそうでもなくなります。
ヘーベルハウスの建設中の写真

こだわった点(画像)

2階テラスの写真です。夏は子供たちがプールで遊びます。視線が気にならないので主人も一緒にプールで遊ぶと、子供たちも大はしゃぎします。BBQも出来ます。
家庭用プールの写真

ウォークインクローゼットの壁紙は私のチョイスです。他人に見られるところではないし、服で隠れるので挑戦して良い場所です。気に入った壁だと気分が上がりますよ。
ウォークインクローゼットの写真

設計図・間取り図(画像)

1階間取り写真です。ウォークインクローゼットの隣に主人の書斎があります。この面積の比率が、家づくりの主導権の比率とも言えます。笑
cubicの1階間取り図

2階間取り写真です。脱衣所・ファミリークローゼット・物干しベランダと、一直線になっており、家事導線を意識しています。
cubicの2階間取り図

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

注文住宅というより、家を持つということも全く想定せず、イベント目的で行った住宅展示場がそもそものきっかけです。日中、何社か冷やかし程度に回りましたが、その日の夜に旭化成ホームズ担当者は来訪してきました。

正直「うざい」と思いましたが、彼はヘーベルハウスの話はせず、私の人生のプランの中に家を持つイメージを持ってくださいと言って帰りました。

それから、夫婦の年齢、子供の成長などのライフイベントに「持ち家があったら」のイメージを絡ませていくと、やはり子供を戸建環境で育てたいという思いが強くなり、「家作りを検討しよう」と結論付けました。

それから「注文住宅」「建売住宅」「マンション」と悩むのですが、いろいろ間取りなど考えるのが好きなので、注文住宅で検討を進めることになりました。

ヘーベルハウスを選んだ理由

2つの視点でメーカー選びをしました。

1つ目は地震に強いということです。東日本の大震災の時に避難所の風景を報道で見ました。「小さな子供にはすごいストレスになるだろうな、自分たちが年を取った時も過ごせる自信がない」と思いました。

耐震等級3は多くのメーカーが取得していますが、あくまで倒壊しない基準です。大きな地震が起きても、しばらくは自分の家で過ごせることを条件にし、鉄骨構造を選択しました。

2つ目はメンテナンスが信用できるかということです。多くのメーカーの技術カタログには各部の耐久年数が記載されています。しかし、ほとんどが小さく「標準値であり、保証するものではありません」と書いてありました。

ただ、旭化成ホームズのカタログにはしっかりと「保証」と明記されていて、技術に対する自信と、顧客への姿勢を感じました。

これら2つの視点でヘーベルハウスを選びました。

工事中の現場の様子

ヘーベルハウスの建設中の写真

基礎工事、筐体工事、内装工事と進みますが、どの工程も職人は淡々と作業している印象でした。実際に現場に頻度高く通い始めるのは、内装工事に入ってからでした。

旭化成ホームズの工事担当者と共に、図面を見ながら見学をします。

すると職人から「板が余ったから、ここの壁に入れとこうか(普通は石膏ボードなので、壁に何か掛けたいなどがあれば板を入れる必要があり、設計段階で場所を決めておかないといけない)」と提案してくれたり、「この階段下をもう少し広げると収納にできるからやっとこうか」と提案してくれたりしました。

おそらく訪問しなければ図面通りに仕上げるだけなのでしょうが、現場とコミュニケーションをとることで、色んな良いことがあるなと実感しました。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

3ヶ月点検、1年点検、2年点検、5年点検、その後は5年ごとに点検があり、それぞれチェックリストに従い、点検をしてくれます。点検マンの知識が豊富で、その項目以外にも、傷の修復の仕方、汚れの落とし方などもレクチャーしてくれます。

また、ヘーベルハウスオーナー向けの情報誌があり(インターネットサイトもあり)、フィルターや専用掃除用品などが購入可能です。

また、その情報誌には住まいに関する様々な特集が組まれており、エアコン洗浄業者の紹介や相続に関する情報も載っていて、「家を売って終わり」ではない関係が保たれています。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

2階リビング

北向きの土地だったので、日当たりを気にして2階リビングとしました。住んでみると人目が気にならないので、とても気に入っています。

間取りの工夫

我が家はこの地域では建坪が小さい方なので、なるべく各部屋を広くとれる間取りを検討しました。結果的に廊下をすごく狭くし、部屋を広くする間取りにたどり着きました。

アクセントクロス

部屋が狭いので、インテリア(家具)による雰囲気づくりは諦め、アクセントクロスで違いを出すことにしました。

中でも、ウォークインクローゼットは主人の「派手過ぎる」という反対を押し切って総柄にしました。しかし、クローゼットは服を掛けると壁はチラリとしか見えないので、派手な柄も良い感じになります。

3大収納

担当者から、3大人気収納(ウォークインクローゼット、パントリー、シューズクローク)の話を聞きました。全て取り入れることが出来て大満足です。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

小さい子供がいるので、おもちゃを投げたり落としたりと、床が小さな傷だらけです。

建てる際は知らなかったですが、フロアコーティングなるものが巷にはあるそうで、50万ぐらいとまずまず高額ですが、建設時なら住宅ローンで導入できるので、やっといた方が良かったかなと思います。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

cubicの外観の写真

簡単にできるコスト削減

コスト削減はかなり意識しました。特に家族しか使用しない部分は色々工夫しました。例えば…

  • 家の裏側は誰も見ないので、安い窓を選択。ベランダのサッシも安くしました。
  • 照明やカーテンも、寝室・子供部屋など、人がめったに来ないところは、ハウスメーカー経由ではなく、ホームセンターで安く買ったりしました。

外構でコスト削減

外構はハウスメーカーには頼まず、地元の外構業者を探してきました。

デメリットとしては、引き渡し時に外構が出来ていないこと、外構業者との打ち合わせの手間などがありますが、結果として自分が気に入るデザインで、さらに30万円の削減になりました。

コスト削減のポイント

コストを大きく下げるには、メーカー手配から自分手配に変えることが1番です。しかし、責任も同時に自分に移動するので、責任をどこまで許容できるかを認識していないといけません。

例えば、キッチンも自分手配が可能です。ですが、私たちはハウスメーカーに任せました。特に水回りなどは、万が一の施工不良時に影響が大きいので、そこで責任範囲が明確でなくなるのを懸念した結果です。ハウスメーカーに任せると、家の付帯設備扱いとなるので10年保証になるというのも判断材料となります。

最後まで走りきって!

間取りまでは超真剣で、インテリアの頃には息切れしている方も多いようです。

「コンセントの位置や個数なんか細かいところはやっといて」と言いたくなり気持ちもわかりますが、結構使い勝手・住みやすさに関わってくるので、最後まで気を抜かず、検討しきっていただけると、満足度も高まると思います。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家が出来上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。