ヘーベルハウスに依頼して2階建て鉄骨造注文住宅を建てた、神奈川県在住40代男性の体験談です。

基本情報

地域 神奈川県
年齢と性別 40代男性
家族構成 夫婦+子どもの3人家族
ハウスメーカー名 ヘーベルハウス
商品名 キュービック(CUBIC)
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 軽量鉄骨造
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 4000~5000万円
実際にかかった費用総額 4800万円
坪単価 120万円
建坪(建築面積) 24坪
延坪(延床面積) 40坪
間取り 4LDK
検討開始から契約までの期間 3ヶ月
工期 4ヶ月

建物外観・構造(画像)

外観全体です。特定を避けるために公式サイトから持ってきましたが、このイメージに近いです。ご覧の通り、最初はちょっと無機質な印象を受けましたが、今では家族を守ってもらえるような安心感を感じようになりました。
cubicの外観の写真

我が家の鉄骨がこんな風になっていると思うと安心できます。実際、これまで地震や台風などで怖さを感じたことはありません。本当に頼もしいです。
cubicの制震技術

工事の様子(画像)

工事をしている際の写真は手元に残っていないので、今回施工を担当してくださった勝山工務店の公式サイトからいくつかご紹介します。まずは地鎮祭の様子から。
ヘーベルハウスの地鎮祭の様子

基礎の配筋工事ならびに型枠設置工事の様子です。
ヘーベルハウスの基礎工事の様子

躯体工事の様子です。頑丈な鉄骨が組まれていきます。
ヘーベルハウスの躯体工事の様子

躯体完成後の様子です。ネットで覆われて、ここからは内装等の内部工事に入ります。
ヘーベルハウスの躯体完成後の様子

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

今回、自宅を旭化成ホームズのヘーベルハウスで建てました。

昔、他のハウスメーカーで注文住宅を建てたこともありましたが、大満足というわけにはいかず、長く住んでいる内に、人生も後半に差し掛かって、そろそろ満足のいく新しい家を建てたいなと思い始めたのがきっかけです。

ヘーベルハウスを選んだ理由

自宅を建てる際には、住宅展示場などでいろんなハウスメーカーの建物を見て回ったのです。

その中で正直、ヘーベルハウスは何か無機質な感じがして好きではありませんでした。しかし、最終的に安全面等を考慮してへーベルハウスに決めました。また、後述の通り、営業担当者の印象が良かったというのも大きかったです。

旭化成ホームズのヘーベルハウス、我が家の場合は40坪の建坪で建築をしましたが、総額4800万円ほどかかりました。注文住宅としては少し割高かなと思いましたが、安全性能などを考えると、まぁ安い買い物かもしれないなと思ったのです。

営業担当者の印象

住宅展示場で物件を見学したのちは、旭化成ホームズの営業マンが自宅に来てくれて、打ち合わせをしていました。その担当者はとても若いのですが、知識・経験がすごく豊富なのです。

私は住宅を注文住宅で建てるのは2回目なので、それなりに知識があります。その私が疑問に思う事を質問として営業マンに投げると、見事に即答してくるのです。

住宅とはとても高い買い物です。資金繰りなど、少し不安な所がありましたが、この担当者の方はそういった資金プランなどもなかなか詳しく、適切なアドバイスをいただけたのも良かったと思います。

工事中の現場の様子

ヘーベルハウスの躯体工事の様子

工事は勝山工務店というヘーベルハウス専門の工務店が行いました。工事現場では特にトラブルもなく、無事に工期を終えました。旭化成ホームズの職人さんは礼儀正しいと口コミで聞いた事がありましたが、本当にその通りでしたね。

現場で会えばきちんと挨拶をしていただけますし、職人さんならではのヘーベルハウスの良さという話も聞けたのが良かったです。

ヘーベルハウスの工期は約4ヶ月でした。一般的な戸建住宅より少し長いかなとは思いましたが、耐久性能を考えるとそれくらいはやむなしと割り切ることに。

実際に工事が始まって我が家が建っていく所を目の当たりにしていると、本当に楽しみで、実際には4ヶ月という期間はあっという間だったと思います。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

自宅が完成して引き渡しが済んだ後も、旭化成ホームズのアフターサービスはとても良いですよ。困った事があるといつもついつい相談してしまうのですが、そんな時は必ず親身に相談に乗ってくれます。

この家は耐用年数が長いので、旭化成ホームズとは長い付き合いになります。そんな中でこの対応の良さがあると、ユーザーとしてはとても安心できますよね。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

こだわりはやはり安全性です。先述の通り、当初はヘーベルハウスは無機質な感じがしてあまり好きではなかったのですが、実際に自分の家がヘーベルハウスで建ってみると、なんだか今までの印象がガラッと変わりました。

その外見から、「災害に強く、家族を安全に守ってくれるとても頼もしい存在」というイメージに大きく変わりました。

最近、異常気象により天災が続いていますが、鉄骨住宅のヘーベルハウスはとにかく災害にも強いので、安心して家族で生活が送れます。

毎日仕事から帰ってきて、玄関前で我が家を見上げるとき、その外観を眺めながら「本当にこの家を選んで良かったな」と思っています。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

cubicの外観の写真

私がアドバイスできることは2点です。それは「家の安全性を考えること」と「営業担当者の見極め」です。

先述の通り、私は当初はヘーベルハウスの外観をそれほど気に入ってはいませんでしたし、どちらかというと外観は妥協して安全性を優先したつもりでした。

しかし、実際に自分の家ができてみると、これほど安心して暮らせる家はないのではないかと言うほど、外観から強さや頼もしさを感じます。

家のデザインにもやはりある程度の流行やスタイルがあるとは思いますが、まずは地震や災害に対する安全性を考慮することをおすすめします。

そして営業担当者についてですが、今回担当してくださった方は本当に仕事ができる方でした。こちらがイライラすることもなく、とてもスムーズに全てが進行していきました。

営業担当者とは、家ができるまでだけではなく、家ができてからもアフターサービスの際など、長い付き合いになります。そのため、色んなハウスメーカーの担当者と会って「できる担当者」を見つけるようにしましょう。

人と人とのことですので、必ず相性があります。いくら家の質が良くても、相性が悪い担当者が付くと、ストレスもたまってしまいます。長く住む我が家ですから、悪い思い出を残さないためにも、担当者の見極めは重要と鳴門思います。

最後に、注文住宅は高い買い物ですから、家を建てるという事はそうそう何度も経験するものではありません。

そんな買い物に際して、一時期迷いはありましたが、それでも旭化成ホームズのヘーベルハウスを選んで本当に良かったと、今では心から思っています。