積水ハウスで2階建て鉄骨造住宅を建てた、神奈川県在住20代女性の体験談です。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 神奈川県
年齢と性別 20代女性
家族構成 夫婦2人
ハウスメーカー名 積水ハウス
商品名 IS ROY+E(イズ・ロイエ)
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 軽量鉄骨造
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 8000万円
実際にかかった費用総額 土地3595万円 建物5446万円
坪単価 133万
建坪(建築面積) 19.21坪
延坪(延床面積) 40.80坪
間取り 3LDK(将来的には4LDKにもなる)
検討開始から契約までの期間 5ヶ月
工期 3ヶ月
条件が似ている家 5000万円台の家
坪単価100万円以上の家
10坪台の家
40坪台の家
鉄骨造住宅

建物外観・外壁(画像)

ホテルライクをテーマに、外壁はグレーと黒のタイルでかっこいい仕上がりにしました。
イズ・ロイエの外観

内装の工夫(画像)

リビングとダイニング・キッチンの床を分けているのがお気に入りです。照明器具は存在感があって良いです。白の扉は全て背面収納で、収納力抜群。
イズ・ロイエのリビングとダイニング

ダイニングからいけるテラス。タイルも大判でかっこよく、おしゃれなテラスになりました。
イズ・ロイエのテラス

リビングのテレビの背面には大判のエコカラットを配置して、アクセントをつけました。
イズ・ロイエのエコカラット

キッチンはリクシルのリシェルSIを採用しました。全体の統一感を大事にしました。
リクシルのリシェルSI

工事現場(画像)

工事中も物がちゃんと整理されていました。スリッパを用意してくれたのがありがたかったです。
イズ・ロイエの工事現場

設計図・間取り図(画像)

1階の間取り図です。2階には寝室と洗面を設け、プライベート空間にしました。
イズ・ロイエの間取り図

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

結婚式が終わり、ひと段落したぐらいの頃、主人の年齢からローンを組むにはそろそろ家を探し始めないと…と考えて始めました。

マンションか戸建てか悩んでいたので、それぞれ見学に行きました。マンションは部屋数を増やすことができないのと、管理費がかなりかかることから、戸建てに決めました。

建売は安い反面、「もっとここがこうだったらいいのに」と思う場所が多く、高いお金を払うなら妥協はしたくないと思い、注文住宅に決めました。

また、注文住宅は、将来子供ができたときに壁を作って一部屋増やせたりと、将来のことを考えた上で作れるのがいいと思ったのも理由の一つです。

積水ハウスを選んだ理由

最初は、知り合いがいたからという理由から積水ハウスに決めていました。

しかし、たまたまモデルハウスの外見が格好良かった他のハウスメーカーにも行った際、センスの良さや営業さんの一生懸命さ、またそのハウスメーカーならではの強みなどに惹かれ、どちらにするか悩みました。

建物自体の魅力はそれぞれ良かったので、後は土地次第でした。

積水ハウスでは建築条件付だったので、区画整理されたニュータウンであり、駅からも徒歩圏内、日当たり抜群で価格的にも申し分なく、デメリットがありませんでした。

もう一方のハウスメーカーは土地から探すので、なかなか積水ハウスの条件並みのものがありませんでした。

それぞれで見積もりも出してもらいましたが、建物は積水ハウスより安く建てられると言われてましたが、どうしても土地の部分で金額があがってしまいました。

土地の条件が積水ハウスの方がよく、さらにそれぞれ見積もりを出して、最終的には積水ハウスで建てた方がよかったので積水ハウスに決めました。

工事中の現場の様子

イズ・ロイエの工事現場

最初に「見学はいつでも来てください」と現場監督の方に言われました。

実際に工事中はふらっと行っても中を見せてくれ、また、見学時用にスリッパも用意してくれていました。

現場は大体いつも2,3人で作業してました。意外と少ないんだなぁと思いましたが、周りの家も同時期に工事が開始しており、現場監督も他の家を見ていたりと一帯を管理しているようだったので、不安はありませんでした。

休日の工事日ではない日に中を見たい場合は、事前に言えば鍵を開けてくれるそうです。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

何かあっても電話するとすぐにメンテナンスに来てくれるので、アフターケアはとにかく助かってます。

ちょっとしたことであればカスタマーサービスの方が直してくれますし、業者に頼まないといけないところも日程調整してくれるのでとても楽です。

点検もお知らせが来て、フィルター交換などの案内が来るので、入居時に「1年ごとにフィルターを変えてください」と言われてもすっかり忘れているので助かりました。

メンテナンス以外でも、ガーデンのシェードがうまく取り付けられなかったのでお願いすると、取り付け部分を見て、部品を取り寄せてやってもらえたので、何か困っていることがあればなんでも相談できるのがありがたいです。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

イズ・ロイエの外観

ホテルライクな感じにしたかったので、グレーや黒を基調にし、統一感を大事に、生活感をなるべく出さないようにしました。そのため、クロス、床、収納に特にこだわりました。

エコカラットは湿気や消臭効果があり、さらにデザイン的にもおしゃれなものが多く、アクセントクロスにもなったので取り入れて良かったです。

床も、キッチンとダイニングにタイルを取り入れることで、おしゃれな仕上がりにしました。

また、そのままテラスにつながっているので、テラスのタイルも同じ仕様にすることで、視覚的に繋がって見え、広く感じるようにできました。

あとはとにかく収納にこだわりました。

我が家はものが多いので、今後のことも考えてキッチンの後ろはすべて背面収納にし、生活感を出さないように扉も付けました。料理中は扉を開け、来客時には扉で隠せるので便利です。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

嫁入り道具のタンスを入れられるよう、ウォークインクローゼットを設計してもらったのですが、やはりぎゅうぎゅうになってしまい、他のものを収納するのに頭を悩ませてしまいました。

もっと具体的に「どこに何をしまうか」を設計してもらい、棚とかも作ってもらえばよかったです。

また、犬を飼う前提でいたのでフローリングに犬が滑りにくいコーティングをしてもらいましたが、全然効果はなく、滑りまくっているので、お金がもったいなかったなぁと思いました。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

イズ・ロイエの間取り図

色々と考えるうちに、どれがいいか、何を優先すべきかわからなくなるので、最初に家族内でこだわりの優先順位を決め、共有することが大事だと思います。

ハウスメーカーを決める際は、他社と競合させることで値引きしてもらえます。上に掛け合ってかなり値引きしてくれることもあるので、どちらに決めるか悩んでいることは素直に言って大丈夫です。

また、キャンペーンなどもやっているので、そういったところを狙って見学に行くといいでしょう。

家が建ったら担当さんとの接点もなくなりますが、家が建つまでの打ち合わせはかなり疲れ、ストレスになる人もいるので、担当さんが合うかどうかも見ておくといいです。

連絡が遅かったり、こちらの希望を無視して違う案を持ってくるなんてこともあるようなので、高いお金を払うのですから、しっかりした人にお願いしましょう。

あとは、インスタグラムやピンタレストなどで画像を集めておくと、打ち合わせの時にスムーズに話が進みます。

マイホームアカウントを作っている人も多く、色々と情報を集めることができるのでおすすめです。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。