コーラリー(菊地建業)で5層スキップフロアの木造注文住宅を建てた、宮城県在住50代男性の体験談です。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 宮城県
年齢と性別 50代男性
家族構成 夫婦・息子3人・娘の6人家族
ハウスメーカー名 コーラリー(菊地建業)
商品名 なし
住宅タイプ 3階建て(5層のスキップフロアの家)
構造・工法 木造2×4(ツーバイフォー)
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 3500万円
実際にかかった費用総額 土地1200万円 建物2900万円
坪単価 38万円
建坪(建築面積) 33坪
延坪(延床面積) 76坪(非暖房エリア18坪を含む)
間取り 4LDK
検討開始から契約までの期間 2年
工期 6ヶ月
似ている注文住宅 2000万円台
坪単価30万円台
30坪台
70坪台
4LDK
3階建て住宅
木造住宅

建物外観・外壁(画像)

完成外観です。電球色の室内照明がお気に入りな一枚です。
コーラリーの外観

正面です。赤いドアが玄関になります(赤にこだわりました)。外壁の板部分は、カナディアンシーダーのオスモカラー仕上げです。
コーラリーの正面外観

窓からは松島湾内が一望できます。リゾート感たっぷりのロケーションです。
松島湾の景色

内装の工夫(画像)

最上階のロフトです。高さを1400mm未満に抑えることで課税対象外になっています。現在は子供部屋です。
コーラリーのロフト

コーラリーのロフト別角度

我が家では4階と言っている3層目のLDKです。息子3名の子供部屋で、小上りがゴロゴロスペースになってます。
コーラリーのLDK

コーラリーのLDK別角度

LDKの固定式のテーブルも気に入っています。
コーラリーのダイニング

工事現場(画像)

上棟式の1コマ。餅まきをしました。ご近所様に参加して頂き、大変楽しい時間を過ごしました。
コーラリーの上棟式

建設途中の足場がある状態です。外断熱の断熱材を施工しているところとなります。
コーラリーの工事中の様子

設計図・間取り図(画像)

スキップフロアがわかる断面図です。この断面には表記されていませんが、玄関を入ってすぐに土間の部屋(8畳)があります。
コーラリーの間取り図

2階部分の手書きプラン図です。打ち合わせ段階で作成してもらったプラン図となります。
コーラリーの2階間取り図

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

出身は宮城県ですが、当時は秋田県に転勤で引っ越しをしており、秋田市内の社宅に住んでいました。いつか宮城に帰った時に自分の家に住みたい(建設したい)と考えてはいましたが、なかなか転勤にはならず、ついに40歳の大台に乗ってしまいました。

このまま転勤を待っていたのでは、いつまで経っても自分の家など手に入れることなどできないと考え始め、具体的なプランもなく、時間があるときに展示場を数件見て歩いていた際に、運命の工務店に出会ってしまったのです。

コーラリーを選んだ理由

大手の住宅メーカーは大きな家の展示ばかりで、実際に自分たちが住みたい大きさとはかけ離れていて、あんまり参考にならないと気が付き始めた時でした。

2006年の秋田は雪が多く、毎朝毎晩雪かき(秋田では雪寄せと言ってました)をしないと、駐車場に車を停めることができないほどの大雪でした。

そんなある日、社宅の近くの住宅展示場で、地元の工務店4社が企画した展示会があり、建物の大きさも一般的な(大きすぎない)住宅で現実味があり、参考に覗いてみたうちの一軒がコーラリー(菊地建業)さんでした。

何件も展示場を見て回った私が見ても斬新な空間の使い方で、それに一気にほれ込んでしまい、新築の相談をしました。

展示場の中は蓄熱暖房機の輻射熱で、エアコンやファンヒーターなどのような暖房風を感じることはありませんでした。

「外は大雪だというのに、薄手のTシャツ姿で冬を楽しく乗り切れること」と「スキップフロアは一連の吹き抜け部分があり、家じゅうの様子を隔てるものなく感じ取れたこと」が決め手でした。

建物自体は、設計図があればどこの工務店もそれなりには完成できると思いますが、やはり菊地社長とデザイナーの鈴木さんの人間性にもほれ込んでしまい、決めました。

工事中の現場の様子

コーラリーの上棟式

近隣の皆さんにも評判は良く、トラブルもクレームもなく、竣工まで安全作業で仕事をしてくれました。

「建設途中に周辺の方々との間でトラブルがあると、実際に住まわれる方に迷惑をかける事になるので、そこは十分気を付けて作業いたします」と、菊地社長自ら挨拶してくれました。

完成時には内覧会を開き、多くの方々が見えられました。その中に、私たち同様に菊地建業で建設を考えている山形のご夫婦が見えられたときは、とても嬉しい気分になりました。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

定期的なお知らせや、地震・台風の後には必ず連絡を頂きます。

また、私はDIYが好きなので自分でメンテナンスをしますが、プロの手を借りたいときや、大掛かりな工事をするときは相談にのってもらっています。

近々、外壁の塗装を考えています。カナディアンシーダーにオスモカラーの仕上げですが、何色に塗装するか楽しみです。

なお、住宅機器類は私がその関連の仕事をしているので、建設当時は支給品で私が手配しました。そのため、機器類の故障は私の責任範疇で対応しております。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

コーラリーの間取り図

やはり、高気密・高断熱の外断熱であることと、一目惚れしたスキップフロアの間取りです。冬でも、住宅展示場で体感した、あの春のような空気感を味わっております。

換気も、全熱交換型換気扇で、熱のロスが少ない全館24時間換気を行っております。焼肉や鍋で部屋内ににおいが充満した時は、強制の強運転もできますので便利です。

また、お風呂はユニットバスですが、大きな湯船と洗い場、そしてオプションでオーディオスピーカーを設置しました。更に、工務店さんのアイデアでミストサウナも設置しました。

震災以降、原子力発電が停止し、深夜電力の単価も上がったため、電気料金は痛手ですが、ポリタンク片手に灯油を買いにいく煩わしさを考えたら我慢の範疇です。

そのほか、家の中で子供たちがいま何をしているかを感じ取ることができる点はとても便利です。ごはんができて皆を呼ぶのも、一声で呼べて便利です。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

土地と建物でお金を満額使い切ったので、外構工事は一切手をかけませんでした。駐車場も、砂利をトラック2台分搬入してもらい、自分で平らにならして車で踏み固めました。笑

最終的には資金力の問題でしょうが、「やるときは一気にやった方が良かったな…」という失敗点です。

また、当時は太陽光パネルを設置することを考えていなかったので、その対応ができる構造にしておりませんでした。そのため、こんなに住宅向けの太陽光が流行っても、我が家では太陽光発電は行っておりません。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

コーラリーの外観

色々な展示場や内覧会を見て、「自分の家でもこの部分を採用したい」などといった思いはあると思います。でも、良いとこどりをしても、なかなか上手く行くとは限りません。「トータルで良し!」となるような考え方も必要だと思います。

また、どうしても予算(融資金額など)で決め打ちして、ハウスメーカーや工務店を選んでしまうと思いますが、譲れない線を決めておいた方が良いです。

せっかく新築したのに「寒い」「窓の結露や隙間風がひどい」などという状態では、大金を用立てて建設したのに後悔しか残らなくなりますよ。

また、新しい団地に建設する場合はあんまり問題は起こらないと思いますが、古い団地に土地を買って新築する場合は、もともとそこに住んでいた方々とのトラブルをよく聞きます。

私は着工前に近所5件に菓子折りをもってご挨拶に伺いました。さすがに工務店さん任せでは良くないと思っての挨拶でしたが、引っ越し後もトラブルは一切発生していません。

最後に、完成までに時間があるのであれば、夏とか冬にどのような状況になるか見てみるのも良いです。坂道が凍って、4WDでないと家の駐車場まで帰って来れない…なんて事も発生します!実際の話ですが、我が家は4WDに買い替えしました。笑

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。