東急リデザインで注文住宅を建てた、神奈川県在住30代女性の体験談です。

かんたん3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 神奈川県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦2人
ハウスメーカー名 東急リデザイン(当時は東急ホームズ)
商品名 ミルクリーク
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造2×6(ツーバイシックス)工法
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 2000万円
実際にかかった費用総額 2200万円
坪単価 67万円
建坪(建築面積) 16.5坪
延坪(延床面積) 33坪
間取り 3LDK
検討開始から契約までの期間 2ヶ月
工期 7ヶ月
似ている注文住宅 2000万円台
坪単価60万円台
10坪台
30坪台
3LDK

外観・外構(画像)

白色一色とシンメトリーの見た目にこだわりました。アクセントとしてレンガを入れました。
東急リデザインの外壁

正面から見たときに、玄関が真ん中に来るようにしました。
東急リデザインの外観

内装(画像)

玄関部分はわざと広めに設計しました。荷物がいろいろ置けるので便利です。
東急リデザインの玄関

1階天井を高くしたため、靴をたくさん置けるように棚を作りました。
東急リデザインのシューズクローク

アイランドキッチンにしたため、全体が抜けて広く感じます。
東急リデザインのアイランドキッチン

となりの家の窓と被らないように、横長のFIX窓をつけて明り取りにしました。
東急リデザインのFIX窓

アメリカの家のような、「白基調の扉」+「金の取手」が特徴です。
東急リデザインの扉

2階に上がる階段は絨毯にしているのがこだわりポイントです。手すりもアメリカンでお気に入りです。
東急リデザインの階段

床は無垢材を使用していて、自然を感じられます。
東急リデザインの無垢床

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

結婚がきっかけで検討を始めました。

家族の将来設計をする中で、いつまでも賃貸に住み続けるつもりはなく、可能な限り早く住居を所有すべきとの意見が夫婦で一致しました。

そのため、当時20代半ばでしたが、検討を始めました。

また、祖父母が住んでいた土地(空き家つき)があり、仕事に通うのにも問題がない場所だったことと、「賃貸に住むくらいならその土地に住みなさい」という両親の意向があったことも、建てようという意思を強く後押ししました。

東急リデザインを選んだ理由

営業担当が決め手でした。

契約までに間取りや資金計画の打ち合わせを何回も行いましたが、東急リデザイン(当時は東急ホームズ)の営業担当は、私たちが言ったどんな些細な意見も覚えていて、次回の打ち合わせ資料に反映をしたり、調べてきた結果を説明してくれたりしました。

そのため、「前回の打ち合わせから進んでいない!」「指摘したところが直っていない!」ということがほぼなく、打ち合わせがスムーズに進みました。

他のハウスメーカーに比べ、坪単価が比較的高いことは知っていましたが、家の部材一つ一つの単価を公開して、詳細見積もりにしてくれるなど、他のメーカーにはない納得感がありました。

間取り変更のたびに、詳細見積もりの修正版も用意してくれたため、見積もり内容が非常に明瞭でした。

工事中の現場の様子

躯体は1人の大工さんで施工されているのが印象的でした。

部材は工場でカットされてきたものが運ばれてきているようでしたので、複数人で施工したほうが効率的で速いのではないかとも感じましたが、1人の方が1つ1つの工程を丁寧に施工している様子を見たら、とても良い大工さんに出会えたのではないかと、考えを改めました。

また、建築現場が当時の住まいから近かったため、毎週末のように見学させていただきましたが、いやな顔せずに対応してくださったのも印象的でした。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

完成後2年目までは細かく点検があり、それ以降は5年、10年と間隔が空きます。

2×6の木造建築であり、窓枠や床材に無垢材が使われているため、木が落ち着くまでは隙間が空いたり、乾燥により壁紙が剥がれたりしがちです。そのあたりをメンテナンスで見てくれます。

また、最初の数回は、住んでから気づいた壁紙の汚れや傷などの対応もしてくれました(これは私が強く言ったからかもしれませんが…)。

アフターケアの時期になると、サポート部門が電話をくれて、予約を行うのですが、電話をとれないことが多く、メールで対応してほしい旨を伝えても電話のみと言われます。

効率化を図れているとは思えず、こういったあたりが坪単価にも影響していたのかなぁと、後になって感じました。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

東急リデザインの扉

東急ホームズは、北米で実際使われている窓枠やドアを取り入れているため、東急ホームズというハウスメーカーを選択すること自体がこだわりポイントだったと思います。

そのため、特別なクロスを入れたりせず、東急ホームズの標準でまとめました。

気に入っている点は大きな木枠の窓です。カーテンを開けて窓枠が見えるようにするだけで雰囲気が変わり、インテリアとして楽しめます。

取り入れてよかった点はハイルーフです。通常2300mmほどですが、2750mmにしてもらいました。

ハイルーフにするだけで部屋が広く見えるし、家を建てた後からは直せないことなので、建てる時に気づいて取り入れられてよかったと思っています。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

玄関をかなり広く取ってしまったのですが、同階にあるリビング・ダイニングをもっと広くしたほうがよかったです。また、和室も設けたほうがよかったと思っています。

耐力壁の問題などで間取りの制約がいくつかあり、その影響で同じくらいの戸建てに比べると玄関が広いです。

その代わり、逆にリビング・ダイニングが狭めで、隣に和室を設けられませんでした。

今は子供がいないため、それほど困りませんが、子供ができたら少し狭く感じるのではないかと思っています。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

東急リデザインの外壁

ものすごく当たり前のことかもしれませんが、営業の方がすごく重要です。

ハウスメーカーの場合、最初に展示場などでたまたま担当してくださった方が最後まで自分たちの担当になることが多いと思います。

比較していた他社メーカーは、家自体は東急ホームズより良い部分が多数ありましたが、営業の方が若く、また提案の根拠を聞いても答えられないなど、信頼することができず、選びませんでした。

良いと思って訪問したハウスメーカーであっても、もし営業の方が合わないと感じたら、いくら魅力のある家でも、建て終わるまでにすごくストレスになるので、やめたほうが良いです。

契約後に担当してくださる「設計士・インテリアコーディネーター・現場監督・保守担当」の方々はこちらで選べず、合わない人もいるかもしれませんが、営業だけは契約前に選べます。

ローンや資金計画などもすべて話す相手ですので、営業でハウスメーカーを決めてもいいのではないかと、今でも思っています。

まずは間取り&見積もりを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力もむだにかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「間取り&見積もりを揃えて比較すること」なのです。これには次のようなメリットがあります。

  • 各社の特徴をつかめる
  • 希望する間取りの価格や相場を把握できる
  • 見積もりをもとに他社の営業マンと交渉できる

ただ、1社ずつ間取り&見積もりをお願いしようとすると、手間も時間もかかって、かなり面倒…。

そこでおすすめなのが毎月5,000人以上が利用している「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりなら…

  • オリジナルの家づくり計画書を作ってくれる
  • 間取りプランを提案してくれる
  • 諸費用を含めた細かな見積りを出してくれる
  • 土地がない場合、希望エリアの土地提案をしてくれる

もちろん全部無料です!希望する複数のハウスーメーカー・工務店から「間取り&見積もり」をもらえます。

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

無料でも、ハウスメーカー・工務店にとっては、大事なお客様ですので、しっかりとした「家づくり計画書」を作ってくれます。

自分の希望が詰め込まれた間取り図を見比べるのは、とても楽しいですよ♪

また、大手ハウスメーカーを含む全国600社以上が参加している点も見逃せません!

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

タウンライフ家づくりは100万人以上に利用されてきた(毎月5000人以上!)という実績もあり、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

タウンライフ家づくりの満足度調査

もはや家づくりの定番サービスと言ってもいいでしょう。それくらい大人気のサービスになっています。

こんな方におすすめ

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです!

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 1円でも安くマイホームを手に入れたい
  • 気になるハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • まだ表に出ていない土地情報を知りたい

強引な営業もなく、要望欄に「お電話はご遠慮ください」と書いておけば、電話営業もかかってきません。

あなたもぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください♪