フカワホームで2階建て木造注文住宅を建てた、東京都在住40代女性の体験談です。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 東京都
年齢と性別 40代女性
家族構成 夫婦・息子3人の5人家族
ハウスメーカー名 フカワホーム
商品名 なし
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 8000万円
実際にかかった費用総額 土地6000万円 建物2300万円
坪単価 77万円
建坪(建築面積) 15坪
延坪(延床面積) 30坪
間取り 2LDK
検討開始から契約までの期間 3ヶ月
工期 5ヶ月
似ている注文住宅 2000万円台
坪単価70万円台
10坪台
30坪台
2LDK
狭小住宅・コンパクトハウス
木造住宅

建物外観・外壁(画像)

家の外観です。白を基調にし、クラッシックな感じの、グリーンの窓付き玄関ドアをアクセントにしています。
フカワホームの外観

内装の工夫(画像)

玄関はかなり広くスペースとり、家族5人が一緒に帰宅しても窮屈でなくなりました。シュークローゼットもたっぷりあります。
フカワホームの玄関

玄関を入った廊下の先にPCスペースを作ってもらいました。二階のリビングと離れており、仕事に集中できます。
フカワホームのPCスペース

一階の子ども部屋の天井を思い切って空の壁紙に。寝転ぶと空を見渡せます。電気は雲の形のものを購入しました。
フカワホームの空の壁紙

一階にあるトイレ。子ども部屋を広くとりたかったので狭くしましたが、存在感を出すため、壁紙に遊び心を追加しました。
フカワホームの一階にあるトイレ

二階にあるトイレ。こちらもリビングを広くするために狭めに。壁紙でクラッシックな感じにしています。
フカワホームの二階にあるトイレ

設計図・間取り図(画像)

子ども部屋の設計図です。細長く広いですが、ドアが3つあり、将来的に三分割ができます。
フカワホームの間取り図

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

マンション暮らしで子ども部屋がひとつしかなく、男の子3人が大きくなったときに手狭感が出ると思い、いつか広いところへ引っ越そうという話を、前から夫婦でしていました。

そのような中で、たまたま近所に出ていた建売の一戸建てが気になり、家探しが始まりました。建売や中古住宅もかなり回りましたが、なかなかピンと来るところがなく断念。

しかし、そうこうしているうちに、色々な不動産屋さんから、住んでいるマンションの売値概算見積もりなどをもらい、予算的に、土地と建物を購入して、希望の地域で一戸建てを手に入れることができるかもしれないという考えに至りました。

さらに、信頼のおける不動産屋の担当者さんから、おすすめの土地の情報と、設計士さんをご紹介いただき、注文住宅を建てようと決意しました。

フカワホームを選んだ理由

基本的には、依頼した設計士さんとペアを組んでいた工務店さんだったので、ご依頼しました。

注文住宅を建てるにあたり、自分たちで選んだ3つのハウスメーカーさんと、不動産屋さんのおすすめのハウスメーカーさんと、設計士さん、合計5つのコンペを行いまして、設計士さんを選んだ次第です。

大きな有名な工務店さんではないものの、設計士さんからの信頼が厚く、品質もよく、コストも軽減できるということで決めました。

結果、対応もスムーズで、設計士さんとのやり取りも細かくしていただき、こちらの対応にも丁寧に応えてくださり、良い工務店さんでした。

あえて違うメーカーさんを選択することも可能ではありましたが、良かったと思っています。アフターケアも良くしてくれました。

工事中の現場の様子

住んでいたマンションから工事現場が目と鼻の先ということもあり、毎日のように様子を見られました。

最初は、基礎工事に入るまで、地盤工事がかなり長い間あり、いつになったら外観ができてくるのだろうといった感じでしたが、基礎ができ始めると、またたく間に外観はでき上がってきます。

おおよその内装ができ上がると、配線や壁紙、汚れ等々のチェックです。夫婦で入念にチェックさせてもらい、修正指示をしました。修正後も確認し、まだ少し気になる点は継続して修正してもらえました。

最後の外構工事が梅雨の時期で雨天が多かったせいもあり、なかなかでき上がりませんでした。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

保証期間は一年となります。現在も保証期間中で、ドアのきしみが気になるので点検してもらい、修理してもらう手はずです。

その前にも、外観の壁の汚れ、ドアのちょうつがいの不具合修理などもしていただきました。

あと、洗面台は、使ってみて気づいたことがあり、壁と洗面台がぴったりとくっついておらず、隙間ができて気になったので、当初の注文にはなかったのですが、後で無料でゲル状のものを入れて、くっつけてもらえました。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

フカワホームの間取り図

いちばんのこだわりは子ども部屋です。

現在3人でひとつの部屋になっていますが、将来的に3分割できるようなレイアウトになっており、ドアの数や配線なども3つに分けたときのことを考えた作りになっています。

また、リビングはあえて北向きに位置させ、夏は涼しく穏やかな陽の光がくるようにしました。

屋上のベランダに大きな窓があり、そこから光がリビングに入り、窓からはリビングにいる家族が見えます。この点がいちばん気に入っています。

そして、リビングには飾りベランダがありますが、ベランダは白い壁で囲まれていて、ほとんど外部から中は見られないようになっています。

昼間は白い壁に太陽光が反射して、リビングを明るくしてくれるので気持ちが良いです。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

電気のスイッチにはかなりこだわって設定したつもりだったのですが、リビングのペンダントライトのスイッチをひとつしか設けなかったため、多少不便です。

動線を考えてスイッチの位置と数を決めて、入念にチェックするべきだったと思いました。

家の中には、子どもがよく通るところと親がよく通るところなど、動線がそれぞれ違うので、そこを注意深く検証したほうが良いです。

その上で、どのあたりにスイッチを配置し、数はいくつするかを、よく考えなくてはなりません。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

フカワホームの外観

設計の段階から、これでもかというほど考え詰めて、納得のいくものを完成させたほうが絶対に良いです。

ハウスメーカーさんや設計士さんの意見のみを参考にするのではなく、自分たちも雑誌などの色々な資料で勉強しながら、提案してく姿勢が重要だと思います。

設計図などは図面の読み方などを教えてもらい、自分たちでもわかるようにすると、間違いなどを指摘できます。

実際、ちょこちょこと間違いに気づいて、指摘させていただき、修正してもらいました。相手もプロとは言え、人間なので間違いがあります。双方でチェックし合うことが必要です。

また、注文住宅を建てるにあたり、ハウスメーカーを選択することになりますが、3社以上へ依頼してコンペをしたほうが良いでしょう。

メーカーによってかなりカラーも費用も違うので驚きますし、勉強にもなります。自分たちが建てたい家のイメージに合ったメーカーを選び、後悔のないようにしましょう。

最初のメーカー選びがいちばん肝だと思います。長期戦になるので、相手の担当者さんとの相性も考えながら選ぶとさらに良いでしょう。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。