エンピツアーキテクツでスキップフロアの木造注文住宅を建てた、愛知県在住30代女性の体験談です。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 愛知県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦・息子の3人家族
ハウスメーカー名 エンピツアーキテクツ
商品名 なし
住宅タイプ 3階建て(スキップフロアの家)
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 4500万円
実際にかかった費用総額 土地1450万円 建物2700万円 その他550万円(外構・照明・カーテン・空調設備工事などの付帯工事)
坪単価 70万円
建坪(建築面積) 16坪
延坪(延床面積) 38坪
間取り 3LDK
検討開始から契約までの期間 2年
工期 7ヶ月
似ている注文住宅 2000万円台
坪単価70万円台
10坪台
30坪台
3LDK
3階建て住宅
木造住宅

建物外観・外壁(画像)

夜景時の外観写真です。開口部が大きくとても気持ちのいい空間となっています。
エンピツアーキテクツの外観

内装の工夫(画像)

オーダーメイドのキッチンです。家の中で特に1番こだわりました。
エンピツアーキテクツのオーダーメイドのキッチン

吹き抜けのリビングです。天井が高くて気持ちのいい空間です。テレビも壁掛けで配線も出てこずスッキリしています。
エンピツアーキテクツの吹き抜けのリビング

リビングからキッチン、ダイニングを見た写真です。黒を基調とした無骨な内装です。
エンピツアーキテクツのキッチンダイニング

ダイニングからの眺望です。崖の上に建っていることもあり、ダイニングからは眺望が良いです。
エンピツアーキテクツの部屋

パソコンを置いたり、子供の勉強スペースとなるスタディコーナーです。LDKと繋がっています。
エンピツアーキテクツのスタディコーナー

洗面スペースです。実験用シンクとレトロな蛇口でインダストリアル系の洗面を目指しました。
エンピツアーキテクツの洗面スペース

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

もともと旦那の会社の借り上げ社宅に住んでいましたが、そこは旦那の同僚が海外駐在に行っている間に社宅として私たちが住まわせてもらっている状態でしたので、海外駐在から戻ってくる2年後にはその場所を出ないといけない事になっていました。

そのため、「分譲マンションに住んだあとに、賃貸アパートには戻れないね」という話になり、家を建てるならこのタイミングかなぁと思い、マイホーム計画が始まりました。

もともとゆったり住みたいと思っていたので、一戸建てを建てる以外の選択肢はありませんでした。

エンピツアーキテクツを選んだ理由

エンピツアーキテクツのキッチンダイニング

私も住宅設計の仕事をしていて、将来、自分の家は自分で設計したいという思いがあり、でも一人で建てるのは大きな買い物だし、第三者の意見も欲しいと思い、友人の設計士に依頼する事にしたので、ここにお願いしました。

また、私が好きなテイストと今まで施工してきた物件のテイストが、かなり近いものだったことも決め手の一つです。

どちらかと言うと、シンプルで無駄のないデザインが、私たちの求めているものに近く、もともと友人ということもあり、打ち合わせが毎回楽しかったことを覚えています。

好きなテイストということを1番大切にして選んだため、でき上がった家については特に文句のつけようがなく、気に入って住んでいますので、お願いしたところがエンピツアーキテクツさんで本当によかったなぁと思っています。

工事中の現場の様子

工事中の現場の職人さん達は皆さん気さくで、昔の職人気質の怖そうな感じの方は一人もいませんでした。皆さん礼儀正しく挨拶をしてくださり、工事中の現場も常に整頓され、近隣からクレームが出ることはありませんでした。

大工さんも1人でやっていましたが、手が早く、丁寧で、感心したほどでした。

現場の監督さんも職人さんをビシッとまとめていて、言いたいことをズバッと言う方だったので、この人に任せておけば安心だと思える人でした。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

点検は1年に1回ですが、急に電気が一部つかなくなった時など、何かトラブルがあったらすぐに駆けつけてくださいます。

家は建ててからの対応でその会社の質が分かるとよく言いますが、ここはトラブルに真摯に対応してくださるので、いつもとても助かっています。

トラブルが起こった際には、翌日には対応してくださったり、すぐ行けない場合は連絡をくださったりしているので、アフターサービスに関しても特に不満を感じたことはありません。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

エンピツアーキテクツのオーダーメイドのキッチン

特にこだわったところはLDKです。LDKはみんなが長い間集う場所なので、特に気持ちのいい空間にしたいという思いが強かったです。リビングは吹き抜けになっていて、天井が高く、気持ちのいい空間になっています。

また、リビングの中央に見えるキッチンは、オーダーメイドで作ってもらったキッチンで、面材から自分たちで決めたオリジナルのものになっています。

憧れの海外製のミーレというメーカーの食洗機を入れることができ、毎日ストレスなく、お皿洗いができています。LDKのメインであるキッチンをかっこよくした事で、部屋全体が質が上がったように感じます。

天井が高いので室内下の方が底冷えするのではないかと思い、リビングの床には床暖房を入れましたが、とても暖かく、冬は極上の空間となっています。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

特に気になった点や不満な点はあまりないのですが、窓を大きく取ったため、LDKだけでもLOW-Eガラスにすれば良かったかなぁと思っています。

冷暖房をつければ、そこまで暑さ寒さを感じないのですが、エアコンが立ち上がるまで、夏場は帰ってきた直後はとても暑くて汗がたくさん出ます。

エアコンが効いてしまえば問題ないのでそんなに不満な点ではないのですが、もし設計段階に戻れるのなら、LDKの窓だけでも断熱性能の良いものに変えてたかも!とは思います。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

エンピツアーキテクツの外観

たくさんのメーカーがあるので、各社プランを書いてもらって吟味するのが良いと思います。

コストだけでなく、メーカーの担当者と意見や感覚が合うかどうか、住宅メーカーの考え方や工法などが自分たちの作りたいものと合っているかどうか、そのようなことをよく確認した方が良いと思いました。

そして、床やクロス、お風呂、キッチンなど、細かいものを決めるときはショールームなどに足を運び、実際に見るということがとても大切です。

自分の目で実物を見ると、でき上がってからイメージと違うということが起こりにくく、イメージしていたものとのギャップが出にくいです。

「思っていたものと違った!!」ということが起こらないように、私たちはかなりショールームをまわりました。そのため、でき上がったものに特に文句はありませんでした。

これからお家を建てる方はぜひ、ショールームに足を運んで、実物を見ながらおうちの詳細を決めて行って欲しいと思います。

上記の2つはとても面倒だとは思いますが、高い買い物ですので後悔しないように、特に気をつけて欲しいポイントです。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。