住友林業に依頼して2階建て木造注文住宅を建てた、三重県県在住30代女性の体験談です。

ちょっと一手間かけるだけ!展示場に行く前に必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 三重県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦・息子の3人家族
ハウスメーカー名 住友林業
商品名 なし
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 3500万円
実際にかかった費用総額 3500万円
坪単価 70万円
建坪(建築面積) 35坪
延坪(延床面積) 45坪
間取り 3LDK
検討開始から契約までの期間 1年
工期 7ヶ月

建物外観・外壁(画像)

家の玄関前の柱です。タイルを張ったエセ外国風ではなく、よりリアルに寄せてみました。
住友林業の柱

内装の工夫(画像)

玄関から家に入った時の写真です。木目調を選択して、木のぬくもりをアピールしてみました。
住友林業の玄関

ロフトです。立てはしませんが、収納スペースとしては最適です。ちょっと降りるのが怖いです。
住友林業のロフト

バスルームです。浅めですが身体を伸ばせるくらいの大きさのバスタブです。防犯のため、窓には鉄柵があります。
住友林業のバスルーム

2階から階段を見たところです。デザイン性アップのために踊り場を作りました。
住友林業の踊り場

これは1階から見たリビング階段です。奥の扉が玄関につながっています。
住友林業のリビング階段

物置…ではなくサンルームでしたが、今思えばよい収納場所になりました。
住友林業のサンルーム

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

もともと古い平屋だったため、家族の人数に対して部屋数が少ないことや、新しく家を建てた方が将来的に良いのではないかということがきっかけでした。

三重県は持ち家が多く、あまり集合住宅へは住みません。祖母の家から近いところに土地があったのもきっかけの一つです。家は違っても、できるだけ近くに住めるのなら安心だと思いました。

古いと色々と不便があり、普段は感じなかったものの、テレビなどで便利な設備を見て、羨ましく思っていました。

住友林業を選んだ理由

担当者さんの第一印象が良かったことに尽きます。

もちろん頑丈な家作り、注文住宅ですから希望を聞き入れてくれることも重要ですが、この点はどのハウスメーカーでも普通はあって当然だと思います。

だから、私たちの大事な一世一代のマイホームの購入を、何ヶ月もかけて何回も打ち合わせするなら、少しでも人柄が良い人に託したいと思いました。

結局のところを突き詰めれば、担当者さんが良くても、設計したり工事を担当するのは違う人なのですが、何かしらのコネでもないと、工事担当者まで調べることは誰にもできないと思います。

ならば思い切って、今、目の前にいる人を信じてみるしかありません。

住友林業自体も聞く名前ですし、他のハウスメーカーの担当者さんの中でも一番感じが良かったです。

工事中の現場の様子

もともとの家の近くだったということもあって、工事中の現場はいつでも見に行ける状態でした。

だからと言って、素人が見て何かわかるかということでもないのですが、特に良いも悪いもなく、滞りなく建ててくださいました。

大工さんたちの関係性や仕事ぶりがわかるほどに積極的に見たわけではないのですが、素人が見て、一般的にきちんと仕事をしてくれているなという普通の印象です。

特に喧嘩をしているとか、ゴミを散らかしている…なんてことはありませんでした。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

家の引き渡しから間もなく、家の中で何か不備はないかという点検に来てくれました。

しかし、家を建てたばかりであれば、そう何かあるわけでもなく、特に困っている点はありませんでした。必要になるとしたらもっと後だと思います。

床鳴りもしませんし、トラブルがあっても自分たちで直せる範囲の小さなものなので、あまりハウスメーカーに頼ったことはありません。

悪い対応ではありませんが、うちが特に何もないからそう言えるのかもしれません。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

住友林業のリビング階段

こだわりポイントは、家から出て行く人、帰ってくる人がわかるように、2階への階段をリビングに設置したことです。

よく、玄関を開けたらすぐに階段があって、そのまま2階へ上がれるという構造の家を見ますが、あれでは家族間のコミュニケーションが取れなかったり、今、家に誰がいるのかわからなかったりすると思ったのです。

これによって常に「ただいま」「おかえり」の最低限のあいさつはできますし、「いつ帰ってきたの!?」と驚くこともなくなります。

特に、子どもさんがいる家庭なら、反抗期のことを考えて、リビング階段を取り入れておいた方が安心かなと思います。

2階建て以上となると、階段はどうしてもつけなければならないので、どうせなら場所も意識しちゃいましょう。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

「マイホームは3回建てないと満足できない」と言いますが、これは真実だなと思いました。うちで今、これは必要なかったのではないかと思うところがいくつかあります。

中でも1番目立つのがキッチンのカウンターです。ものが少ないご家庭ならきちんとその用途を守れるのでしょうけれど、うちはいつの間にか物置になってしまって、料理をカウンター奥のダイニングへ持って行けません。

結局、カウンターを回ってお皿を出すことになり、思うように使えないなと感じました。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

住友林業のロフト

欲張りをしてしまって、色々と要らない部分を作ってしまった私からすると、これから注文住宅を建てようとしている方には「予算内であっても本当にそこを使うのかどうか、今一度想像してもらいたい」と思います。

うちはキッチンカウンターが物置になり、ロフトは使わず、そのはしごが物干し竿となり、日当たりが良いと作ったサンルームは車のタイヤ置き場になってしまいました。

おしゃれな生活を夢見ても、結局は生活感あふれる家となってしまったので、私としてはデザイン性よりも機能性を重視することをおすすめします。

「夢のマイホームと言うからには!」と、結構頑張ったつもりでしたが、家は良くても、それを使いこなせない家族でした。笑

もっと収納できて、おしゃれに過ごせる家族ならそれでも全く問題ないと思いますが、使わないとなると「もっとお金を削れたのに!」と、後悔する羽目になってしまいます。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家が出来上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。