ダイワハウスに依頼して2階建て軽量鉄骨造注文住宅を建てた、東京都在住30代女性の体験談です。

基本情報

地域 東京都
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦・娘・息子の4人家族
ハウスメーカー名 ダイワハウス
商品名 xevoE(ジーヴォ・イー)
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 軽量鉄骨造
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 3500万円
実際にかかった費用総額 土地3200万 建物2500万円
坪単価 80万円
建坪(建築面積) 16.04坪
延坪(延床面積) 30.34坪
間取り 4LDK
検討開始から契約までの期間 2ヶ月
工期 3ヶ月

内装の工夫(画像)

リビングにミニッチを作りました。季節感のある飾りを飾って楽しんでいます。
ダイワハウスのミニッチ

リビングに大きな収納があります。なんでも入れられるので便利です。各自の棚を用意して、普段使いするものを置くことで、2階にわざわざ取りに行かなくてもいいようにしています。
ダイワハウスのリビングの収納

キッチンにも大きなパントリーがあります。高さがあるのでかなりのものが収納できます。
ダイワハウスのパントリー

洗面所の収納です。たくさん入るので、洗剤やタオル、パジャマや下着も入れています。
ダイワハウスの洗面所の収納

リビングから出し入れできる階段下収納です。トランポリンまで入ります。
ダイワハウスの階段下収納

2階の洗濯用の小部屋です。物干しを2本常設してあります。小部屋にすることで除湿器を使って効率的に乾燥できます。また、ベランダにつながっているので洗濯物の出し入れもこの部屋でできます。
ダイワハウスの洗濯用の小部屋

庭(画像)

建築面積が増えると価格が高くなるので庭を多くとりました。子どもがいるので、家庭菜園などをして野菜作りを一緒にして楽しんでいます。
ダイワハウスの庭

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

家を探していた際に、ダイワハウスの営業マンが家に訪問してきて、探している場所に建築条件付きの土地があるからどうかと提案してくれました。

駅前で土地の価格も高く、予算のオーバーで一時見送りましたが、それをきっかけに家探しを本格始動しました。

しかし、どんなに探しても、駅から離れると土地が広くなり、総支払価格は上がるため、最初に提示された物件と価格は変わらないことが判明。

予算オーバーでだいぶ悩みましたが、駅に近く、かつ安心の大手施工の物件に住めるということで契約を決意。

注文住宅を最初から希望していたわけではありませんが、住みたい場所が建築条件付きの土地だったため、注文住宅を建てることになりました。

ダイワハウスを選んだ理由

住みたい場所がダイワハウスの建築条件付きの土地だったため、ダイワハウスを選びました。

お金を支払って建築条件を外しても、価格はさして変わらないので、そのままダイワハウスにお願いをしました。ダイワハウスにするのをためらったのは、価格の高さのみでした。

また、家を探す段階から営業担当者が親身に対応してくれて、安心感がありました。

ほかのハウスメーカーも見に行きましたが、商品の質も担当者の質もダイワハウスのほうがいいと感じました。

ほかのハウスメーカーの家に比べて、ダイワハウスの物件は天井が高く、開放感があったのが気に入りました。

ダイワハウスのモデルルームを何件も見に行ったので慣れてしまい、ほかの住宅メーカーの物件は開放感がないように感じて、気に入らなかったのも要因のひとつです。

工事中の現場の様子

工事前にはきちんと担当者が周辺の方々に挨拶をしてくれました。

工事中に見に行った際も、ゴミやマナーなど気になる点はありませんでした。差し入れにコーヒーを持って行った際も気持ちよく受け取ってくれました。

一度、工事中に中を案内してもらいましたが、不安になるようなことはなく、きちんとやってもらっていると感じることができました。

ただ、アプローチの施工が少し雑に感じて気になったので作業の方に声を掛けましたが、ぶっきらぼうな対応でした。その方の対応だけが気になりました。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

アフターケアはとても充実しています。

カーテンをとめるタッセルのフックが破損してしまった際にサポートセンターに連絡したのですが、すぐに来て交換してくれました。

床下収納の取っ手が壊れてしまったのもすぐに対処してくれて、無料で交換してくれました。

アフターケアや点検の担当者はとても話しやすい方ばかりで、いつもメンテナンスのことで気になることをたくさん質問しますが、的確に答えてアドバイスをくれます。

売って終わりではないので安心して住めます。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

ダイワハウスの洗濯用の小部屋

共働きで洗濯はいつも部屋干しにしているため、洗濯物を干す専用の小部屋をつくりました。除湿器を置いて乾燥効果を高めています。

ベランダにも通じるようにしているため、洗濯物を外に干しても、出し入れはその部屋でできます。

自分が実家で、自室から親が洗濯物の出し入れをしてて嫌だったので用意した部屋ですが、とても便利です。

そして、備え付けの収納をたくさん作り、収納家具を別途置く必要がないようにしました。タンスや棚は出っ張りが気になるし、ほこりもたまるので避けたいと思ったからです。収納が豊富なので、棚を置かずに済み、掃除が楽です。

また、1階に収納が多いので、子どものおもちゃなどたくさん置くことができ、2階にものを取りにいかなくて済み、快適です。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

コンセントの配置について、もっと考えればよかったと思います。

食洗機を付けなかったのですが、やはりあとから欲しくなって据え置き型のものを使用しています。

しかし、アース付きのコンセントが近くになく、延長コードを使用しているため、コードが邪魔になってしまいました。

また、子供部屋の窓を、全部すりガラスでは暗くてよくないと思い、透明ガラスにしましたが、建ってみると隣のアパートの玄関が丸見えの位置でした。すりガラスにしておけばよかったと思います。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

ダイワハウスの庭

当初の建築費用は上がりますが、太陽光発電システムはつけるといいと思います。売電収入も結構ありますし、なにより電気を使うことへの罪悪感がないのがいいです。

太陽光発電をつけてオール電化にするのは実際どうなんだろう…と心配しましたが、問題なく過ごせています。蓄電池もあるので、万一の時も安心かなと思っています。

また、ベランダの色を建物と少し変えてアクセントにしようと思ったのですが、派手すぎても…との思いから、ほんの少しだけ違う色にしたら全く違いが分かりませんでした。

アクセントにしたい場合は、思い切ってコントラストを付けてみたほうがいいと思います。

その他、子どもの人数に合わせて子ども部屋を作りましたが、今は物置になっています。

子どもが大きくなるまで使わないので、まだ子どもが小さい場合は、部屋を最初から区切らず、あとから仕切りを作れるような作りにすると、もっと使い勝手が良かったかなと思います。

今現在のことだけでなく、将来長く使うことを考えて柔軟に対応できるつくりにするのがいいと思います。