ひだまりほーむで注文住宅(3600万円・30坪・2LDK)を建てた、愛知県在住30代女性の体験談です。

かんたん3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 愛知県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦2人家族
ハウスメーカー名 ひだまりほーむ
商品名 HIDAMARI_Style(フルオーダー)
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 4000万円
実際にかかった費用総額 3600万円
坪単価 120万円
建坪(建築面積) 16.86坪
延坪(延床面積) 30.08坪
間取り 2LDK
検討開始から契約までの期間 2年
工期 7ヶ月
似ている注文住宅 愛知の工務店
3000万円台
坪単価100万円以上
10坪台
30坪台
2LDK
狭小住宅

外観・外構(画像)

狭い土地ですが、柵の向こうには広々としたウッドデッキが広がっています。
ひだまりほーむの外構

玄関までのアプローチ階段と小さな庭は、森や登山をイメージして作ってもらいました。大のお気に入りです。
ひだまりほーむの外観

内装(画像)

LDKは広々とした空間になっています。変形土地をうまく利用して、実際の図面よりも広く感じる空間となりました。
ひだまりほーむのLDK

玄関から入って目にする光景です。キッチンはフラットにしないことで、いつ来客がきても綺麗に見えるようにしました。
玄関のダイニングキッチン

全面網戸になる開放的なダイニングの窓です。ウッドデッキまで繋がるので広々とした開放感がたまりません。
ひだまりほーむのダイニング

冬のみ活躍するペレットストーブです。家の真ん中にあるので、冬はこれ1台で家が暖かくなります。
ひだまりほーむのペレットストーブ

どうしてもほしかった吹き抜けです。こんな小さな吹き抜けでも開放感を演出してくれます。2階部分は洗濯物干しスペースになっています。
ひだまりほーむの吹き抜け

2階へ上がる階段を飾り棚にしました。このステンドグラスランプはトイレと色違いで、気分によって入れ替えたりします。夜にはとてもいい雰囲気を演出してくれます。
ひだまりほーむの階段飾り棚

トイレとは思えない空間に仕上げました。タイルの手洗い鉢もお気に入りです。冬でも寒くないように温水で出るようになってます。
ひだまりほーむのトイレ手洗い

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

現在の夫と同棲中の頃から、マイホームを建てたいと思っていました。同棲する部屋もなかなか決まらないくらい、こだわりが強い2人なので、自分達の理想のマイホームを建てるのが夢でした。

建売住宅だと、細かいところまで融通が効かなかったりするので、当初から注文住宅一択でした。

金銭面で諦めかけて、建売の購入を検討した時期もあったのですが、実家の駐車場で家が建てられるギリギリの広さをとれることがわかり、土地がある状態でのスタートを切れたのが一番のきっかけとなります。

ひだまりほーむを選んだ理由

自然が大好きなので、まずは木造建築一択でした。

ハウスメーカーを探している中で、ハウジングセンターに気になるお家を発見しました。真夏の暑い中、『2階のエアコン1台のみ稼働中!』という看板を見つけたのです。

他の展示場の家には業務用エアコンが付いているのを見たこともあったので、びっくりしました。

中に入ってみると、ヒノキのいい香り。そして、エアコン1台とは思えないほどの涼しさ。

色々と話を伺ってみると、お家に使用するものは天然素材のものばかり。家も呼吸する家。

まさに私たちが求めているものでした。使用しているのは岐阜県の木材です。地元愛も感じられます。

また、「暮らしインタビュー」をして、私たちの今現在の生活の様子を知ってもらい、それを踏まえて図面を描いてくれるというところにとても魅力を感じました。

暮らしインタビューは、その当時住んでいた家に営業と設計士の方が来て、私たちがこの家で朝起きてから夜寝るまで、どこでどんな風に生活をしているのかという、丸1日がかりのインタビューです。

今持っている荷物の量を知ってもらえたり、不便なところや気に入っているところ、今の生活の全てを知ってもらった上で図面を描いてもらえるので、1回目の図面からほぼ変更ありませんでした。

工事中の現場の様子

着工が始まる前に着工式として、様々なセクションの担当の方と顔合わせをしていたので、現場へ顔を出しても、誰だろう…?ということもありませんでした。皆様、詳しいところまでわかりやすく説明してくださりました。

私たちは仕事とのスケジュールが合わなくて断念しましたが、断熱材(セルロースファイバー)の吹き込み体験や、珪藻土の左官体験ができたりと、アットホームという言葉がぴったりな現場の雰囲気でした。

現場はいつも綺麗で、掃除までが仕事という感じで、きっちり綺麗にしてくださってました。もちろん、家の周辺までもお掃除してくださっていました。

また、担当してくださった大工さんは、私たちの家への熱い想いを感じるほど、毎回、楽しいお話や細かいところの説明までしてくださいました。

工事中に「この隙間を活用して収納にしてほしい」などといったわがままな要望にも、快く対応してくださいました。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

1ヶ月点検、3ヶ月点検、半年点検、1年点検、その後は毎年1年づつ点検がありますので、とても安心です。

この毎年点検には年会費が必要なのですが、その年会費がまるっとメンテナンスチケットになるので、無料で毎年来てもらっている感覚です。

現在築4年ですが、まだメンテナンスの費用はかかっていません。

無垢の木の床なので(1階はヒノキ、2階はスギ)、日々のメンテナンスは必要ですが、一緒に年を重ねるとどんどん味わいが出てきます。

「綺麗」ではなく「美しい」という言葉がピッタリだと、教えてくれました。

そんな無垢の床のお手入れ方法や、ウッドデッキの塗装の仕方など、様々な箇所のメンテナンス動画があるほか、セミナーなども開催されているので、気軽に質問もしやすいです。

やってよかったこと・こだわりポイント

大きなポイントが3つあります。

湯布珪藻土の塗り壁

ひだまりほーむのLDK

まずは、壁を湯布珪藻土の塗り壁にしたことです。夏はイヤな湿気を吸収してくれます。

冬は、この壁が加湿器代わりになり、霧吹きで珪藻土を湿らすことによって、少しずつ水分を放出してくれます。

また、パッシブデザインも取り入れてるので、夏でも窓を開ければ、風が通ってとても涼しいです。昨年の夏のエアコン稼働日はたった3日間でした。

ペレットストーブ

ひだまりほーむのペレットストーブ

ペレットストーブを取り入れてるので、冬はこれ1台で家全体が暖かくなります。

当初は薪ストーブを検討していましたが、住宅街ということもあり、周辺の苦情が心配なのと、毎日のお手入れ等の心配があったので諦めました。

しかし、その代替案としてペレットストーブをご提案くださり、これであれば、ほぼ煙が出ないことと、スイッチ一つで点火消火ができる便利さが気に入り、取り入れました。

また、燃料のペレットは間伐材を使用していることも、良き点です。

吹き抜け

ひだまりほーむの吹き抜け

ペレットストーブの上は吹き抜けになっていて、そこには洗濯物が干せます。天気を気にせずに洗濯物を干せるため、本当に楽になりました。

珪藻土のおかげで、梅雨の時期のイヤな匂いもせずに、よく乾きます。

後悔ポイント・気になるところ

基本的にはないのですが、強いて挙げるとすると、水回りの設備は現物を見ないでカタログのみで決めてしまったものがあり、実際に使用してみると、掃除のしづらさなどが気になりました。

「ここにこんな隙間があったんだ…」など、カタログではわからないことがあるのだと後悔しました。

また、自分達でDIYして収納スペースを作る予定だった場所も、結局なかなか重い腰が上がらず…だったので、最初からプロにおまかせすればよかったなと思いました。

あとは玄関扉も、お値段の高い木製のものにすればよかったと後悔しています。今は既製品の玄関扉ですが、西日が強く、玄関扉が熱くなり、玄関に熱が篭ります。値段で諦めてしまいました…。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

ひだまりほーむの外観

気になるハウスメーカーや工務店を見つけたら、実際に住んでいる方のお宅へ訪問させていただくのが一番です!

やはりリアルな感想を聞くのが一番役に立ちますし、あと営業の方の「我が社のここがスゴイ!」というお話はなかなか信じれない部分が自分にはありました。笑

また、営業の方が実際に自分のハウスメーカーで建てられているかを聞くのも良いと思います。自分のところで建てていれば、それは間違いなく良いと胸をはって言えるはずです。

そして、当然ながら「良いものは高い!」です。値段を取るか性能を取るか、これは皆さん苦しむポイントだと思います。

妥協しないで、メリットデメリットをきちんと理解した上で、選択されることをおすすめします。

また、理想はあくまでも理想なので、こんな生活したいという希望や間取りがあったとしても、プロの方からしたらデメリットの方が多いこともあります。

自分の意見だけを通そうとするよりも、プロの意見をたくさん聞いた方が、実際、住みやすい家になるような気がします。

まずは間取り&見積もりを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力もむだにかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「間取り&見積もりを揃えて比較すること」なのです。これには次のようなメリットがあります。

  • 各社の特徴をつかめる
  • 希望する間取りの価格や相場を把握できる
  • 見積もりをもとに他社の営業マンと交渉できる

ただ、1社ずつ間取り&見積もりをお願いしようとすると、手間も時間もかかって、かなり面倒…。

そこでおすすめなのが毎月5,000人以上が利用している「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりなら…

  • オリジナルの家づくり計画書を作ってくれる
  • 間取りプランを提案してくれる
  • 諸費用を含めた細かな見積りを出してくれる
  • 土地がない場合、希望エリアの土地提案をしてくれる

もちろん全部無料です!希望する複数のハウスーメーカー・工務店から「間取り&見積もり」をもらえます。

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

無料でも、ハウスメーカー・工務店にとっては、大事なお客様ですので、しっかりとした「家づくり計画書」を作ってくれます。

自分の希望が詰め込まれた間取り図を見比べるのは、とても楽しいですよ♪

また、大手ハウスメーカーを含む全国600社以上が参加している点も見逃せません!

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

タウンライフ家づくりは100万人以上に利用されてきた(毎月5000人以上!)という実績もあり、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

タウンライフ家づくりの満足度調査

もはや家づくりの定番サービスと言ってもいいでしょう。それくらい大人気のサービスになっています。

こんな方におすすめ

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです!

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 1円でも安くマイホームを手に入れたい
  • 気になるハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • まだ表に出ていない土地情報を知りたい

強引な営業もなく、要望欄に「お電話はご遠慮ください」と書いておけば、電話営業もかかってきません。

あなたもぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください♪