ジョイフルホームで注文住宅を建てた、北海道在住30代女性の体験談です。

かんたん3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 北海道
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦2人家族
ハウスメーカー名 ジョイフルホーム
商品名 なし
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造2×4(ツーバイフォー)工法
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 2000万円
実際にかかった費用総額 土地100万円 建物2200万円
坪単価 73万円
建坪(建築面積) 15坪
延坪(延床面積) 30坪
間取り 3LDK
検討開始から契約までの期間 1年3ヶ月
工期 4ヶ月
似ている注文住宅 2000万円台
坪単価70万円台
10坪台
30坪台
3LDK
狭小住宅・コンパクトハウス

外観・外構(画像)

正面外観です。左側の茶色いところに玄関があります。
ジョイフルホームの外構

玄関の外壁です。ケイミューの親水コートという外壁を使用しています。
ケイミューの親水コート

裏側の外観です。
ジョイフルホームの外壁

屋根はフラットルーフで、冬はこちら側に屋根の雪が落ちます。
ジョイフルホームの外観

内装(画像)

1階のリビングダイニングです。春にはこの窓から桜が見れます。北海道なのでセントラル暖房です。
ジョイフルホームのリビングダイニング

リビングの窓です。窓を天井付にしました。見えている木は上の画像と同じ桜です。
天井付の窓

桜は春だけでなく秋も綺麗です。秋には窓から桜紅葉を鑑賞できます。
リビングから見える桜紅葉

寝室です。寝室からも桜の木が見えます。ウォークインクローゼットをやめて、空間を広くしました。
ジョイフルホームの寝室

トイレです。思い切って、シャーベットオレンジ色のアクセントクロスにしました。
ジョイフルホームのトイレ

工事現場(画像)

建築途中のリビングです。お風呂も階段もまだできていない時です。
ジョイフルホームの工事現場

設計図・間取り図(画像)

間取り図です。
ジョイフルホームの間取り図

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

結婚する前から夫と2人で「将来、絶対に家を建てたいよね」と話していました。私も幼き頃から自分の家を持つのが夢でした。

当時住んでいたアパートも古く、さらに狭かったので、引っ越したいと思っていました。私が住んでいる地域は田舎の割には家賃が高く、家賃を払うなら住宅ローンに充てたいと思っていました。

ある日、夫の妹の新居におじゃましたとき、あまりにも綺麗で素敵で、私たちも家を絶対に建てたいと思い、家を建てる決意をしました。

ジョイフルホームを選んだ理由

お金もあまりないし、月々の負担はできるだけ減らしたいと思い、ローコスト住宅でハウスメーカーを探していました。

何件か候補があり、検討していましたが、ジョイフルホームは基礎や杭もしっかりしたもので、しかも外張り断熱でした。

他のハウスメーカーは、ローコストとなると断熱はグラスウールに、基礎や杭も安いものになってしまうこともあり、ジョイフルホームの良さが目立ちました。

また、地元の小さな工務店より、北海道の会社としてやってるジョイフルホームの方が安心できると思ったのも理由の1つです。

それと、私たちが購入した土地は地盤が弱いのですが、ジョイフルホームはコンクリート杭ではなく銅管杭を推奨していたので、それも決め手になりました。

工事中の現場の様子

通勤時に寄り道できる距離でしたので、ほぼ毎日、現場の様子を見に行っていました。現場で働く方たちも、気さくで愛想のいい方ばかりでした。

最初の杭工事では、杭の長さと大きさと迫力にびっくりしました。そして、日に日に出来上がっていく様子がとても楽しみでした。

中の様子はいつも整頓されて綺麗で、過去に建築現場で勤めていた夫も「普通はもっと汚い。ここはかなり綺麗にしている」と、驚いていました。

建築途中で変更したい事が出てきたのですが、それもすぐに対応してくれて、ありがたかったです。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

現在、1ヶ月点検を終え、数ヶ月後に1年点検を予定しています。

なにか気になることや困ったことなどがあれば、LINEや電話で気軽に相談できるので、今も助かっています。

ただ、同じ北海道でも距離がちょっとあるので「今すぐ来てください」とかは、さすがに言いづらいです。

また、新たに購入した冷蔵庫を搬入する際、室内のドアを外さないと入らなかったのですが、ドアが最新型で、搬入員さんも外し方が分からず、担当さんに聞いたことがありました。

電話口での説明だったため、分かりにくかったという小さなトラブルはありました。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

ジョイフルホームのリビングダイニング

家の窓から桜並木が見えるので、リビングの窓の位置を天井付けにしてもらいました。ちょうどいい位置で、しっかり桜の木が見えて、季節感を楽しめるので、窓を天井付けにして本当によかったです。

また、寝室のウォークインクローゼットをやめたり、ちょっとしたスペースの下がり壁をなくしたり、リビングの壁を白一色にしたりして、広く感じるようにしたので、狭小住宅でも開放感があっていいです。

そして、白い階段や、トイレのアクセントクロスを思い切ってシャーベットオレンジ色にしたことも、とても気に入っています。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

建具は白なのですが、玄関の靴箱だけ、床と同じライトオークにしました。ただ、白の方が明るく開放感があってよかったかなと思います。

また、玄関のタイル床も明るめの色で、泥や汚れが目立つので、汚れが目立たない色を選べばよかったです。

次に、縦長の土地でお隣の家が近いので、家を建てる位置をもうちょっとちゃんと考えればよかったかなとも思います。

そして、今は住んで1年も経っていないのですが、ところどころに壁紙や建具の隙間のようなものができてきて、気になっています。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

ジョイフルホームの外構

今はSNSやネットでいろんな情報や画像が出ているので、参考できるものは参考にした方がいいです。

私は月々のあまり負担のないようにしたかったのでローコスト住宅を探していましたが、安ければ良いといったものでもないと思います。

杭や基礎や断熱などは安全性や快適性に関わることなので、住んでいて目に見えないものではありますが、とても大事です。

そして、我が家は、打ち合わせで何回も通い、長くなって疲れてしまい、あまり考えないで決めてしまった部分があります。

疲れていても、もうひと踏ん張り頑張って、ちゃんと考えてから決めればよかったと後悔している部分もあります。

例えば、玄関の部分は打ち合わせの最後の方だったので、疲れていて多少適当に決めてしまった部分があります。色も、もっとSNSやネットを参考にして考えればよかったです。

打ち合わせは長期間&長時間で結構疲れてしまいますが、この時しかない大事な時間なので、打ち合わせには気合いを入れて臨むことをおすすめしたいです。

まずは間取り&見積もりを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力もむだにかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「間取り&見積もりを揃えて比較すること」なのです。これには次のようなメリットがあります。

  • 各社の特徴をつかめる
  • 希望する間取りの価格や相場を把握できる
  • 見積もりをもとに他社の営業マンと交渉できる

ただ、1社ずつ間取り&見積もりをお願いしようとすると、手間も時間もかかって、かなり面倒…。

そこでおすすめなのが毎月5,000人以上が利用している「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりなら…

  • オリジナルの家づくり計画書を作ってくれる
  • 間取りプランを提案してくれる
  • 諸費用を含めた細かな見積りを出してくれる
  • 土地がない場合、希望エリアの土地提案をしてくれる

もちろん全部無料です!希望する複数のハウスーメーカー・工務店から「間取り&見積もり」をもらえます。

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

無料でも、ハウスメーカー・工務店にとっては、大事なお客様ですので、しっかりとした「家づくり計画書」を作ってくれます。

自分の希望が詰め込まれた間取り図を見比べるのは、とても楽しいですよ♪

また、大手ハウスメーカーを含む全国600社以上が参加している点も見逃せません!

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

タウンライフ家づくりは100万人以上に利用されてきた(毎月5000人以上!)という実績もあり、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

タウンライフ家づくりの満足度調査

もはや家づくりの定番サービスと言ってもいいでしょう。それくらい大人気のサービスになっています。

こんな方におすすめ

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです!

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 1円でも安くマイホームを手に入れたい
  • 気になるハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • まだ表に出ていない土地情報を知りたい

強引な営業もなく、要望欄に「お電話はご遠慮ください」と書いておけば、電話営業もかかってきません。

あなたもぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください♪