内藤建設で注文住宅を建てた、岐阜県在住30代女性の体験談です。

かんたん3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 岐阜県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦・息子・娘の4人家族
ハウスメーカー名 内藤建設(いえとち本舗・イエテラス)
商品名 なし
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 2500万円
実際にかかった費用総額 土地650万円 建物1550万円
坪単価 69万円
建坪(建築面積) 11坪
延坪(延床面積) 22.5坪(ベランダ含む)
間取り 3LDK
検討開始から契約までの期間 18ヶ月
工期 5ヶ月
似ている注文住宅 1000万円台
坪単価60万円台
10坪台
20坪台
3LDK
狭小住宅・コンパクトハウス
木造住宅

建物外観・外壁(画像)

建物を正面から撮った写真です。駐車場などがまだできる前の状態です。
内藤建設の外観

ベランダと外壁です。ベランダは外に出ているタイプになります。
内藤建設のベランダ

2階の外壁です。分かりにくいですが、片流れの屋根です。外壁は横に線の入る模様です。
内藤建設の外壁

ベランダ下の写真です。雨よけができるので、下に自転車を置いています。
内藤建設のベランダ下

内装(画像)

1階リビングの写真です。壁紙を一面だけ丈夫なデニム柄にしました。
内藤建設のリビング

2階洋室の窓と収納です。窓は横長で、部屋の中がとても明るくなります。
内藤建設の横長の窓

2階洋室の収納です。収納扉がないので、好きな色のカーテンをつけて、模様替えできます。
内藤建設の収納

設計図・間取り図(画像)

1階平面図の写真です。トイレ・脱衣所・お風呂が広く、快適です。
内藤建設の1階間取り図

2階平面図の写真です。2部屋は間仕切りがなく、子どもが大きくなったら分けられます。小さい頃は、広い子ども部屋になっています。
内藤建設の2階間取り図

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

もともと家に対するこだわりがなかったので、建売住宅を買おうと検討していました。

いくつかのモデルハウスや建売住宅を見に行く中で、内藤建設のモデルハウスを見に行きました。営業さんの受け答えも良く、今まで会った営業さんのなかで一番信頼できそうな人でした。

また、営業さんと話しているうちに、私たちの条件に非常に合う土地を保有していることが分かりました。希望金額の範囲内で建てられそうだったので、こちらでお願いすることにしました。

内藤建設を選んだ理由

内藤建設の外壁

理由は2つあります。

1つは「私たちの条件に合う土地を保有していたこと」です。

駅から徒歩20分以内、河川が近くない、地盤が緩くない、駐車がしやすい土地です。なおかつ、南東角地で日当たりもいいことも好条件でした。

2つ目は「知識豊富でレスポンスの早い営業さんが信頼できたから」です。

家を買うにあたって、いろいろなハウスメーカーを訪れましたが、内藤建設の営業さんはこちらが質問したことに対して迅速かつ納得するようなかたちで返答してくれました。

例えば、ゴミ出しの場所や自治会長の方、近隣住民の方がどんな方なのかも把握しておられて、助かりました。そういう営業さんには今まで会ったことなかったです。

こちらの面倒な頼み事もおおかた聞いていただき、信頼できました。

工事中の現場の様子

工事中は頻繁には見に行っていませんが、一つ一つ丁寧に作業されているように感じました。

見に来ました!という感じで行くと、作業されている方も緊張してしまうかもと思ったので、さりげなく散歩をしている風を装って何度か見に行きました。私語もなく、黙々と作業していることが多かったです。

ただ、敷地が狭く、隣接する道路も狭いので、作業中に出たゴミなどが道路近くにあると、近隣住民が困ってないかな…と思うことがありました。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

保証は「構造躯体以外の下地及び仕上、塗装、不随設備の保証」が2年、「シロアリに対する保証」が5年、「外壁保証」「屋根・軒樋の保証」「地盤保証」「バルコニー防水施工保証」「住宅瑕疵担保責任保険」がそれぞれ10年です。

定期点検は、引き渡し後、1ヶ月、1年、2年、5年、10年です。

他にも、リビングベルといったアフターサポートサービスがあります。引っ越してすぐに洗濯機の調子が悪くなったので、さっそく呼びました。

応急処置と点検30分は1回まで無料で、時間内に問題点を見つけ、解決してくださったので、とても助かりました。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

内藤建設のリビング

気に入っている点

何よりもお風呂です。引っ越すまでは、賃貸アパートだったのでお風呂は狭かったのですが、新しい家は浴槽が広く、足がのばせてとても快適です。

また、今までガスだったのですが、オール電化にしました。ガス代には0円になり、電気代も今までとほとんど変わらないのでとても経済的です。

こだわりのポイント

「小さい家」という点です。小さいので、収納スペースも限られますが、余分なものを買わないし、長く置いておかなくなります。また、掃除に時間がかからないし、光熱費が低く抑えられるのもいい点です。

他には、リビングに室内物干し竿をつけたのですが、部屋の真ん中ではなく、南側の窓の部屋の隅につけてもらったので、洗濯物を干していても邪魔にならずいいです。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

住み始めて気になるところは3ヶ所あります。

キッチンからテレビが見られるのですが、リビングの扉を開けると見えなくなってしまうので、引き戸にすればよかったと思いました。

2階洋室は一番東側の部屋にしたのですが、東の方向に窓が6個あり、夏は朝日が眩しく、皆早起きしてしまいます。

屋根

片流れの屋根なのですが、勾配が小さいので屋根裏のスペースが少なく、夏は2階が熱気が籠るためか、非常に暑いです。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

内藤建設の外観

私たちは第三者の方に住宅診断(竣工検査)をお願いました。

営業さんとはよくお会いするし、信頼できる方だと思ったのですが、実際家を建てる人は別の人です。どんな人がどんな工程でどう建てるのかまでは分かりません。

また、建設工程を常に見ているわけではないので、万が一、欠陥があったりしたら…と、不安症な私は心配でした。

失礼かとも思いましたが、営業さんを通じて、住宅診断をしたいというお願いをすると、快く受け入れていただけました。

また、住宅診断の結果、直してほしい不具合箇所は、引渡し前に丁寧に直してくれました。直した箇所を目視で確認できないときは、直した際に写真を撮って送ってくれました。

家は一生に1回あるかないかの大きな買い物なので、気になる点や少しでも「あれ?」っと思ったことは、何でも相談してみるとよいと思います。

その相談に対して、曖昧な返答であったり、対応をされる方でしたら、どんなにいい家であっても購入を再検討するか、営業さんを変えてもらうくらいしてもいいと思います。

まずは間取り&見積もりを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力もむだにかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「間取り&見積もりを揃えて比較すること」なのです。これには次のようなメリットがあります。

  • 各社の特徴をつかめる
  • 希望する間取りの価格や相場を把握できる
  • 見積もりをもとに他社の営業マンと交渉できる

ただ、1社ずつ間取り&見積もりをお願いしようとすると、手間も時間もかかって、かなり面倒…。

そこでおすすめなのが毎月5,000人以上が利用している「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりなら…

  • オリジナルの家づくり計画書を作ってくれる
  • 間取りプランを提案してくれる
  • 諸費用を含めた細かな見積りを出してくれる
  • 土地がない場合、希望エリアの土地提案をしてくれる

もちろん全部無料です!希望する複数のハウスーメーカー・工務店から「間取り&見積もり」をもらえます。

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

無料でも、ハウスメーカー・工務店にとっては、大事なお客様ですので、しっかりとした「家づくり計画書」を作ってくれます。

自分の希望が詰め込まれた間取り図を見比べるのは、とても楽しいですよ♪

また、大手ハウスメーカーを含む全国600社以上が参加している点も見逃せません!

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

タウンライフ家づくりは100万人以上に利用されてきた(毎月5000人以上!)という実績もあり、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

タウンライフ家づくりの満足度調査

もはや家づくりの定番サービスと言ってもいいでしょう。それくらい大人気のサービスになっています。

こんな方におすすめ

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです!

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 1円でも安くマイホームを手に入れたい
  • 気になるハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • まだ表に出ていない土地情報を知りたい

強引な営業もなく、要望欄に「お電話はご遠慮ください」と書いておけば、電話営業もかかってきません。

あなたもぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください♪