注文住宅にかけられる建築予算が1000万円台の場合、基本的にはローコスト住宅メーカーや地元の工務店での施工となります。

もちろん、ローコスト住宅メーカーだからといって住宅の質が良くないという訳ではないのですが、2000万円台以上の家と比べると、自由度はかなり落ちます。

内外装はシンプルで、建物の形も正方形や長方形など、凹凸があまりないものとなります。間取りも、ある程度決められているものから選ぶという形式になることが多いです。

そのため、注文住宅が良いけれど、あれこれ時間を掛けて考えるのは面倒で嫌だという方や、シンプルでごちゃごちゃしていない家が良い方などにおすすめです。

なお、たまにテレビCMや広告などで「1000万円未満で家が建てられる」といった表記を目にすることがありますが、注文住宅の最低ラインとして建築予算1000万円以上は確保しておきたいところです。

1000万円台でも上記のように縛りが多いのですから、1000万円未満の家だと、ほとんど自由は利かないと考えておいても良いでしょう。注文住宅ではありますが、限りなく建売に近いといった感覚です。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

金額から実例を探す

1000万円

1300万円

1500万円

1600万円

1700万円

1800万円

1900万円

ハウスメーカーから実例を探す

タマホーム

セキスイハイム・ミサワホーム・住友不動産

その他のハウスメーカー

1000万円台で注文住宅を建てられる主なハウスメーカー

いわゆるローコスト住宅メーカーが該当します。薄利多売の営業方針を採っているところが多く、内外装のデザインの選択肢が限られています。

基本的には必要最小限のオプションしか標準装備に含まれていないため、グレードを上げるためにオプションを追加していくと、想定よりも坪単価や総額がかかってしまうこともあります。

メーカー 坪単価 工法
アーデンホーム 30~50 木造
アイフルホーム 30~50 木造
アエラホーム 30~50 木造
アキュラホーム 30~50 木造
クレバリーホーム 30~50 木造
秀光ビルド 30~50 木造
タマホーム 30~60 木造
ユニバーサルホーム 30~60 木造

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。