タマホームに依頼して2階建て木造注文住宅を建てた、熊本県在住30代男性の体験談です。

ちょっと一手間かけるだけ!展示場に行く前に必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 熊本県
年齢と性別 30代男性
家族構成 夫婦・娘・息子の4人家族
ハウスメーカー名 タマホーム
商品名 なし
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 2500万円
実際にかかった費用総額 土地1280万・建物1800万
坪単価 45万円
建坪(建築面積) 23坪
延坪(延床面積) 40坪
間取り 4LDK
検討開始から契約までの期間 1年
工期 4ヶ月

建物外観と外壁(画像)

我が家の外観です。茶色を基調に仕上げました。
外観の写真

内装の工夫(画像)

和室も1部屋作りました。畳は紙素材にしたので半永久的に色褪せません。
和室の写真

キッチンから映したLDKです。カウンターキッチンにしました。色もブラウンを基調にしてシックな仕上がりです。
キッチンとLDKの写真

お風呂です。洗い場も広いスペースを設けました。こちらもブラウンを基調にしてます。
お風呂の写真

1階と2階のトイレです。トイレは絶対2箇所作ることをお勧めします!
トイレの写真

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

当時の職場の同僚たちがみんなマイホームを建てていたのがきっかけです。

ただ、結婚する前から、早めにマイホームは欲しいと思っていました。家賃を支払うくらいの月々のローンの金額なら、いっそのことマイホームを建てようと思いました。

実際、土地探しや住宅メーカーへの訪問を重ねていくうちに、その気持ちも高まっていって、予算と建物の雰囲気と営業マンとの相性で、最終的に購入に至りました。

また、自分自身も土地や建物などの不動産の勉強もしていて、それもいいきっかけになりました。

タマホームを選んだ理由

まず、広告やテレビCMで社名は良く知っていて、信頼が持てる会社だったのが一番の理由です。

最初はいろいろな住宅メーカーさんを訪問し、お話を聞いていたのですが、最終的には、営業マンと相性が良かったのと、こちら側の希望にうまく合わせ、いい意味で融通をきかせてくださったというのが決め手として大きかったと思います。

あと、土地を当初の予算よりも高く購入したので、できるだけ建物の価格を抑えたいと思っていました。名が知れていて、かつ、リーズナブルな価格で検討できたのも、タマホームさんを選んだ理由です。

毎回の打ち合わせの時には、受付の方やスタッフの方がとても気の利く人ばかりで、お手洗いの場所を親切に教えてくれたり、おもてなしをすごく感じました。

工事中の現場の様子

建築工事の現場には、ちょくちょく顔を出していました。

工事現場の方は、みなさん愛想がとてもよく、礼儀正しい方ばかりでした。敷地内では一切たばこは吸われませんし、私がジュースの差し入れをもっていったときも快く対応してくれました。

最初は偏見で、怖い人ばかりが作業しているのだと思っていたのですが、皆さん礼儀正しく明るい方たちでしたので、そんな方々に建てていただき、とても感謝しております。

とにかく現場の雰囲気はとても良かったです。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

何か不具合があれば、営業マンがすぐに駆けつけてくれました。

担当物件をたくさん抱えているはずなのに、割とすぐ来てくれて、自分で直せるところは直していただいて、修理が必要な時は業者さんを段取りしてくれて、とてもフットワークの軽い営業マンでした。

定期点検は、1年2年3年5年10年とありました。点検時には、雨漏れや白蟻被害がないかをチェックするために天井に上ったり、床下から確認したり、とにかく徹底されています。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

外壁の写真

特にこだわったのは、いくつかある中でも「ウッドデッキ」です。

私たち夫婦は、特に設備や間取りをこだわったわけではなかったのですが、ウッドデッキは必ず設けようということで決めていました。

リビングの窓から出ると約2畳ほどのウッドデッキがあり、夏はバーベキューやプールなどを楽しんでおります。

もうひとつのこだわりは、トイレを2箇所設置したことです。当初、意見が分かれ、妻はトイレは1箇所だけでいいと思っていたのですが、私は1階と2階につけたいと言いました。

結局、2箇所につけたのですが、朝の忙しい時間に並ばなくていいのと、子供たちが夜、寝室からそのまま2階のトイレに行けるので、2箇所つけていて良かったと、心から感じています。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

公園の西側に家を建築したのですが、当初、公園の隣だからといって騒音などはそんなに気にはならないだろうと私は思っていました。

しかし、実際住み始めてみると、ボールが飛んできたりしています。リビング側が公園の隣なので、いつも冷や冷やしながら暮らしています。

間取りを決めるときに、西側を玄関と廊下にする案も出たのですが、今になっては、そっちの間取りにしておけばよかったと後悔しています。

とにかく後で後悔しないように、打ち合わせを十分に行うことをおすすめします。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

キッチンとLDKの写真

まず、間取りに関しては十分に打ち合わせをしてください。

「隣に公園や広場があれば、そっち側を水回りや玄関にする」とか「リビングと和室を繋げるか別々にするか」など、時間をたっぷりかけて打ち合わせを行ったほうがいいと思います。

特に、トイレは絶対に2箇所作るべきだと思います。何かと便利です。笑

また、階段はリビングにつけたほうがいいと思います。実際、子供が大きくなったとき、リビングを経由して2階にある子供部屋に行くという造りにしておけば、家族のコミュニケーションもうまくいくと思います。

お風呂と洗面所は、キッチンから行けるような配置にするべきだと思います。これは妻から聞いた話ですが、冬場に廊下からお風呂を往復すると、体温が急に上がったり下がったりするので体への負担がかかり、危険だというのです。

あと、屋根に太陽光パネルを乗せていますが、これはとてもお勧めです。毎月の電気代は大体プラスになりますし、地球にもやさしくエコロジーです。

とにかくいろいろな打ち合わせは大変ですが、後悔のないように頑張ってください!

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家が出来上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。