イシカワで注文住宅「ナノ」を建てた、福島県在住30代女性の体験談です。

かんたん3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 福島県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦・娘・息子の4人家族
ハウスメーカー名 イシカワ
商品名 nano
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 2400万円
実際にかかった費用総額 土地935万円 建物1400万円
坪単価 43万円
建坪(建築面積) 18.45坪
延坪(延床面積) 32.31坪
間取り 3LDK
検討開始から契約までの期間 3ヶ月
工期 4ヶ月
似ている注文住宅 1000万円台
坪単価40万円台
10坪台
30坪台
3LDK

外観・外構(画像)

外観の様子。西向きの玄関周りの写真です。外構工事中に撮った写真なのでコーンが写りこんでいます。
nanoの外観

内装(画像)

リビングの写真。和室を作らず、ひと部屋のリビングにしたので広さはあります。
nanoのリビング

奥に続いているダイニングの写真です。横にキッチンがあります。ダイニングは少し狭いです。
nanoのダイニング

リビングの壁紙をこの一面だけ変えてアクセントにしました。気に入っています。
nanoのリビングの壁紙

設計図・間取り図(画像)

1階の設計図の写真です。色々希望を聞いていただき、このようになりました。
nanoの1階の間取り図

2階の設計図です。寝室はゆとりがありますが、子ども部屋は実際は6畳より狭い気がします。
nanoの2階の間取り図

立面図です。屋根が斜めになっているので、雪が降っても積もらずに落ちやすいです。
nanoの立面図

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

それまで住んでいた賃貸が手狭になり、また、息子の小学校入学を1年後に控えていたので、引越しを考えるようになりました。

我が家の場合は、資金も限られている上、入学まで1年をきっていたので、マンションや中古住宅購入を考えていました。注文住宅は選択肢になかったのです。

ですが、田舎なため、マンションはそもそもあまりなく、中古住宅や建売住宅もタイミングが悪かったのか、条件に合うものがなく…。

何か参考になればと、軽い気持ちで出向いた住宅展示場にて、色々なハウスメーカーの方とお話ししているうちに、注文住宅を考えるようになりました。

イシカワを選んだ理由

nanoの立面図

1番の決め手は価格です。最初は違うハウスメーカーさんと話を進めていたのですが、どこをどう削っても予算オーバーしてしまいました。

やはり注文住宅は無理なのだろうか…と頭を抱えている時に、知り合いからイシカワさんのことを教えてもらい、イシカワさんを知りました。

とりあえず見てみようということで、イシカワさんの展示場に出向き、担当の方と色々お話しさせていただき、大体の建築費用をその場で出してもらいました(土地は大体決まっていました)。

うちの予算でも建てられることが分かったので、そこからはもう迷いなくイシカワさんにお願いすることになりました。我が家の場合は、イシカワさんの価格に惹かれて、イシカワさんで建てることに決めたのです。

工事中の現場の様子

建築場所がその当時住んでいた場所から近かったので、工事中もよく足を運び、工事の進み具合などを自分達の目で確認していました。現場の様子に特に問題はありませんでした。

大工さんと現場監督の連携がいまいち取れていなかったのか、変更をお願いした場所が伝わっていなかったり、色が間違っていたりして、その都度大工さんに聞いたりしなくてはいけなかったので、ちょっと大変でした。

ただ、大工さんがとても親切で、大工さんが色々提案してくれたりもしたので、現場を見に行く事は大事だと感じました。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

なんせお値段が安いので、アフターケアまでは最初からあまり期待はしていませんでした。定期的な点検さえあればいいかなという程度に考えていたので、その点不満はありません。

入居直後にあった手違いやミスなどの修理や変更をお願いすることもありましたが、お願いしてからだいぶ待たされました。人手不足なのは分かっているので催促もしづらく…。

いつも修理をお願いして、折り返しの連絡をしばらく待たされ、さらに数ヶ月たってから業者さんが直しに来るという感じでした。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

nanoのダイニング

我が家はとにかく時間がなく、すべて急いで決めてしまったのですが、自分的に気に入っているポイントは床や建具の色です。色合いが特に気に入っています。

打ち合わせの段階から時間がなく、あまり色々見にいけなかったので、自分のセンスと直感を信じて決めたところがたくさんありますが、それでも特に大きな後悔はないように感じます。

うちの場合、パントリーを削って、その分玄関を広く取ったのですが、玄関が広いと開放感も出るし、傘や靴、子どもが外で使うオモチャや遊び道具など、たくさん置けるので便利で気に入っています。

あとは家具の配置替えなど、模様替えを自分でできるように、備え付けの物をあまり作らなかったのもポイントです。

私は模様替えが大好きで、しょっちゅう家具の配置を変えて雰囲気を変えたいので、テレビなどは壁付にしませんでした。自分の気分次第で模様替えができるので楽しいです。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

我が家は和室を作りませんでした。設計の段階では和室はいらないという考えでしたので、和室を作らず、リビングをひと部屋にして広々とした空間にしました。

しかし、今頃になって、これからのことを考えると和室があったほうが良かったかな…と後悔するようになりました。間取りも長い目で見て考えないとダメですね。

あと、収納がちょっと少なかったかなと思っています。引っ越してきた当初は良かったのですが、子どもが大きくなると物も増えますし、ちょっと不安です。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

nanoの外観

我が家はとにかくタイムリミットが1年を切っていたので、時間がありませんでした。なので楽しんで家づくりをするという感覚ではなく、ただひたすら淡々と決めていく感じでした。

家づくりに1年しか猶予がないのは、ちょっとキツかったように感じます。私もできることならば、もう一度、一から家づくりをしたいくらいです。

時間があれば、もっと色々なハウスメーカーや展示場や工務店などを回って話を聞いたり、すてきなモデルルームを見てイメージを膨らませ、アイデアを取り入れたりできたかと思います。

なので、これから家づくりをする方には、ぜひ時間の余裕を持って進めてほしいと思います。

色々な家を見て、色々勉強して、自分達が求めている理想の家に少しでも近づけるような家を作りあげてほしいと思います。なんせ一生の買い物ですから。

いずれお家を建てたいなぁと少しでも考えているなら、今のうちから色々見ておいたり、自分の住みたい家のイメージをなんとなく頭の中につくりあげておくと、いいかもしれません。

まずは間取り&見積もりを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力もむだにかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「間取り&見積もりを揃えて比較すること」なのです。これには次のようなメリットがあります。

  • 各社の特徴をつかめる
  • 希望する間取りの価格や相場を把握できる
  • 見積もりをもとに他社の営業マンと交渉できる

ただ、1社ずつ間取り&見積もりをお願いしようとすると、手間も時間もかかって、かなり面倒…。

そこでおすすめなのが毎月5,000人以上が利用している「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりなら…

  • オリジナルの家づくり計画書を作ってくれる
  • 間取りプランを提案してくれる
  • 諸費用を含めた細かな見積りを出してくれる
  • 土地がない場合、希望エリアの土地提案をしてくれる

もちろん全部無料です!希望する複数のハウスーメーカー・工務店から「間取り&見積もり」をもらえます。

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

無料でも、ハウスメーカー・工務店にとっては、大事なお客様ですので、しっかりとした「家づくり計画書」を作ってくれます。

自分の希望が詰め込まれた間取り図を見比べるのは、とても楽しいですよ♪

また、大手ハウスメーカーを含む全国600社以上が参加している点も見逃せません!

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

タウンライフ家づくりは100万人以上に利用されてきた(毎月5000人以上!)という実績もあり、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

タウンライフ家づくりの満足度調査

もはや家づくりの定番サービスと言ってもいいでしょう。それくらい大人気のサービスになっています。

こんな方におすすめ

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです!

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 1円でも安くマイホームを手に入れたい
  • 気になるハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • まだ表に出ていない土地情報を知りたい

強引な営業もなく、要望欄に「お電話はご遠慮ください」と書いておけば、電話営業もかかってきません。

あなたもぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください♪