二世帯住宅の実例集です。金額(1000万円台~1億円台)・二世帯住宅の種類(完全同居型・部分共用型・完全分離型)・構造(木造・鉄骨造)など、複数の異なる切り口から二世帯住宅の実例と間取りを探すことができます。

また、各実例のページでは、実際に二世帯住宅を建てて、今も住んでいる方々からのアドバイスなどもご覧いただけます。二世帯住宅を検討しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

金額から実例を探す

1000万円台

2000万円台

3000万円台

5000万円台

1億円台

種類から実例を探す

二世帯住宅には「完全同居型・部分共用型・完全分離型」という3つの種類があります。種類が違うと二世帯の生活の仕方も大きく異なりますので、種類別に二世帯住宅の実例をまとめてみました。

完全同居型二世帯住宅

寝室などの各個人の部屋は設けるものの、その他のリビングや水回りなどは全て共用するタイプの二世帯住宅です。

二世帯が交流しやすく、建築費用も比較的抑えられるというメリットがある一方で、二世帯がお互いに気を遣わなければならないなどといったデメリットもあります。

部分共用型二世帯住宅

玄関や浴室などといった建物の一部分のみを共用するタイプの二世帯住宅です。二世帯それぞれが独自の生活エリアを持つ形となります。

完全共用型と比べるとプライバシーが確保しやすいため、お互いに過度に気を遣わなくても済みます。また、共用する部分を増やすことで建築費用を抑えることができるため、予算に合わせた調整をしやすいです。

完全分離型二世帯住宅

二世帯で共用する部分はなく、同じ建物内でありながら、完全に別世帯として生活するタイプの二世帯住宅です。玄関もトイレも世帯ごとに設置します。マンションの隣の部屋といったイメージです。

プライバシーが完全に守られ、世帯間の干渉もほとんどないため、二世帯住宅で起こりがちな世帯間トラブルやストレスが発生しにくいという大きなメリットがあります。

一方で、完全同居型や部分共用型と比べると建築費用がかなり高くなるというデメリットもあります。

構造から実例を探す

二世帯住宅は木造も鉄骨造も人気がありますが、平屋だと木造の方が、3階建て以上だと鉄骨造の方がより人気です。

2階建てだと木造も鉄骨造もよく見かけますが、コストで考えるなら木造、耐震性や頑丈さで考えるなら鉄骨造に軍配が上がります。

木造

鉄骨造

ハウスメーカーから実例を探す

トヨタホーム

その他のハウスメーカー

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。