グラウンドホームで2階建て木造二世帯住宅を建てた、茨城県在住30代女性の体験談です。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 茨城県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦・息子・娘・義母の5人家族
ハウスメーカー名 グラウンドホーム
商品名 なし
住宅タイプ 二世帯住宅(2階建て)
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 3500万円
実際にかかった費用総額 3500万円
坪単価 65.5万円
建坪(建築面積) 34.71坪
延坪(延床面積) 53.47坪
間取り 5LDK
検討開始から契約までの期間 3ヶ月
工期 6ヶ月
条件が似ている家 3000万円台の家

建物外観・外壁(画像)

家の外観写真です。ハウスメーカーの方が様々な角度から撮影してくれました。
グラウンドホームの外観

内装の工夫(画像)

内装の写真です。引き渡しの直前に撮影しました。1階のリビングが中心の画像となりました。
グラウンドホームのリビングダイニング

真ん中の右側にあるのが、キッチンの食器棚の写真です。とても大きいので多量の食器やキッチン用品を収納できます。
グラウンドホームのキッチン

一番上の右側が寝室のオープンクローゼットの写真です。実際には右側に妻の洋服、左側に夫の洋服を引っ掛けて収納しています。
グラウンドホームのオープンクローゼット

工事現場(画像)

工事中の外観の様子です。ハウスメーカーの方が撮影しました。内装の写真が無いのが残念です。
グラウンドホームの工事中の写真

設計図・間取り図(画像)

1階の間取り図です。ハウスメーカーの方が用意したものです。カラフルな間取り図です。
グラウンドホームの1階の間取り図

2階の間取り図です。1階よりもコンパクトなつくりになっています。
グラウンドホームの2階の間取り図

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

主人の実家には家が2件あったので、結婚当初から敷地内同居をしていました。主人の母は母家に住み、私たち夫婦は離れに住んでいました。

離れは1階が駐車場と物置で2階が住まいで1LDKでした。子供が2人になってからは狭く感じ、いずれは子供部屋を与えたいと思いました。

築約40年の母家は、東日本大震災後、壁紙が剥がれ、雨漏りするようになりました。

そして、義母も急に難病を患い、多少の介護が必要となりました。母家は段差も多く、住みづらいため、母家を解体して、完全同居する家を建てようと思いました。

自分たちの要望を取り入れたかったため、注文住宅にしました。

グラウンドホームを選んだ理由

木のぬくもり・木のこだわりがあり、母家の柱を再利用して欲しいと思っていました。

東日本大震災で母家の壁紙が剥がれ、雨漏りするようになったので、耐震強度のあるハウスメーカーを選ぶことにしました。また、私の実家の近所の方々は、建築後にハウスメーカーが倒産し、アフターサービスに困っていました。

そこで、建築実績があり、定期的に点検やメンテナンス・リフォームをしているハウスメーカーにしようと思いました。

住宅展示場でモデルハウスを何件か見学したときに、上記のことを営業の方に質問し、対応を見ていました。

見学したハウスメーカーの中でも、営業のしつこい勧誘がなく、上記の自分たちの要望と最も合致していたので、グラウンドホームを選びました。

工事中の現場の様子

グラウンドホームの工事中の写真

建築中の私たち家族は全員、離れに住んでいました。そのため、建築の様子を母家の解体作業から毎日のように見ていました。

基礎的な土台ができ上がると、担当の大工さん1人で作業していました。大工さんは気さくに話してくれ、質問すると分かりやすく答えてくれました。

我が家の建築工程を見学に来る近隣市町村の方もいました。色んな業者の方が建築に携わっていて、丁寧に作業をしていました。

どの業者も期日内には作業を完了させていました。引き渡しの10日くらい前に、ハウスメーカーの方が点検をするも問題はありませんでした。

会社によっては、引き渡しの直前まで作業をしていると聞いたので、余裕を持って作業が完了したのは良かったです。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

新築後、半年・1年後・3年後・5年後・10年後・15年後・20年後・30年後に定期点検があります。

定期点検は外部の点検業者に依頼して点検を行い、その後に建築したハウスメーカーに報告していました。我が家は定期点検のときに、絵の具を付けてしまった壁紙を無料で換えてもらいました。

家の中の不具合が生じたときには、ハウスメーカーに連絡をすると、対応してくれます。電気が点灯しないときも、すぐ対応してくれました。

また、建築してから数年後や数十年後にリフォームを希望する場合も同じ窓口から相談できます。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

グラウンドホームのキッチン

主人の母親のために、バリアフリーにしました。

車椅子での生活になったときでも対応できるように1階の扉は幅を広くし、母親の部屋にはウッドデッキを付け、後でスロープをつけることで、車椅子での移動ができようにしました。玄関や浴室やトイレにも手すりをつけました。

そして、収納を充実させたくて、キッチンに大きな食器棚を作成してもらいました。食器だけでなく、キッチン用品がたくさん収納できて良いです。

寝室にはオープンクローゼットを設置しました。どこに何が置いてあるか分かりやすく収納できるので、助かります。

また、南側向きに家を建てたので、陽がよく当たる点も気に入っています。冬の昼間は暖房がなくても過ごすこともできます。

最後に、浴室は大きい規格の浴槽を選び、洗い場も広くしました。大きいお風呂は足を伸ばして入ることができ、ゆったりと入れるので嬉しいです。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

仕事の関係で勉強が必要なので、勉強部屋として書斎のスペースを設置しました。しかし、あまり使用していないのが現状です。

寝室の一部に書斎のスペースがあります。寝室にはオープンクローゼットがあり、書斎のスペースが無ければ、オープンクローゼットが広くできると思いました。

また、冬は脱衣所がとても寒いです。火災保険の関係で、暖房器具が限定されてしまっています。

現状の対策としては、脱衣所とリビングの扉を開放し、リビングの暖気を入れることです。寒さはしのげますが、プライバシーの問題が生じます。脱衣所の寒さ対策を考えるべきでした。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

グラウンドホームの外観

注文住宅を建てる場合はまず「自分たちはどういう家に住みたいのか」と「予算」を明確にしたほうが良いと思います。

我が家は自分たちのこだわりや要望をメモに書き出しました。収入から考えて、払える金額を計算し、予算を明確にしました。

それから、自分たちの要望や予算から、どこのハウスメーカーや工務店が良いのか、事前にインターネットで調べてから見学することをおすすめします。我が家は事前に調べずに住宅展示場に見学に行ってしまいました。

見学の際には、アンケートで個人情報を記入します。ハウスメーカーによっては、しつこい勧誘があり、自宅まで営業に訪れる会社や、高額で購入できない会社もあります。そのため、見学する会社は何社かに絞るべきです。

会社を決定し、契約した後は、間取りや内装や外観を決めていきます。知人宅を訪れたときに良いと思ったところや、契約したハウスメーカーの他の店舗のモデルハウスなど、実際に見学して参考にしましょう。

我が家は光熱費の節約にオール電化にしましたが、こちらもおすすめです。エアコンは省エネのものを設置しました。以前住んでいた家より広いのに、光熱費は節約できています。

また、長年住みたいと思っているので、耐震強度があり、定期点検でメンテナンスの対応してくれる点も、グラウンドホームを選択したポイントでした。住宅購入時だけでなく、その後の生活も考えて購入すると良いと思います。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。