ロフトンで注文住宅を建てた、熊本県在住30代女性の体験談です。

かんたん3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 熊本県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦2人家族
ハウスメーカー名 ロフトン
商品名 なし
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 2500万円
実際にかかった費用総額 土地1000万円 建物1600万円
坪単価 44万円
建坪(建築面積) 18坪
延坪(延床面積) 36坪
間取り 4LDK
検討開始から契約までの期間 6ヶ月
工期 4ヶ月
似ている注文住宅 1000万円台
坪単価40万円台
10坪台
30坪台
4LDK
木造住宅

建物外観・外壁(画像)

木を使用したかったのですが、手入れが大変なので、木目調の外壁にしました。
ロフトンの外観

側面は黒にしてメリハリを。外壁を横でなく縦に並べたのは、スタイリッシュに見えるようにです。
ロフトンの外壁

内装(画像)

こだわりの洗濯物干しスペース。窓をたくさんとってもらい、光が入るようにしました。
ロフトンの洗濯物干しスペース

ウォークインクローゼットは、大工さんにお願いし、棚を取り付けてもらいました。換気扇はつけて良かったです。
ロフトンのウォークインクローゼット

子ども部屋として6畳の部屋を2つ作りました。一部屋ずつクローゼットも備え付けました。
ロフトンの子ども部屋

リビングダイニングです。長方形でシンプルに。リビングのドアは光取りを取り入れました。
ロフトンのリビングダイニング

工事現場(画像)

棟上げまであと数日の様子です。総2階なのでとても大きく見えます。
ロフトンの棟上げ直前の様子

設計図・間取り図(画像)

1階部分の間取り図です。収納をいたるところに多めに作ってもらいました。
ロフトンの1階の間取り図

2階部分の間取り図です。洗濯物干しスペースは寝室に併設しています。ウォークインクローゼットも寝室に作りました。
ロフトンの2階の間取り図

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

新築する以前は、古い借家に住んでいました。その時に災害を経験し、立地や建物自体の安全性に不安をいだき、引っ越しを考え始めました。

アパートや借家を探していましたが、なかなかいい物件が見つからなかったこと、また、家賃が高かったことから、家を建てるという選択肢があがりました。

私の住む地域には、新築戸建ての物件も販売されていましたが、立地や間取りの条件が合わなかったため、注文住宅を建てることを考えました。

いずれ家を建てるなら、早いほうがいいと思い、このタイミングで建てることにしました。

ロフトンを選んだ理由

家を建てる話が出たときから、広告宣伝している全国規模の大手より、地元の企業に頼みたいと思っていました。しかしながら、地元にどのような業者があるかわからず、知り合いづてに聞いたりして、探していました。

それと同時に、土地探しもしていたのですが、不動産に売り出されている土地ではいい条件の場所が見つからず、地主さんに直接掛け合ったりもしていたところに、いい場所があるとお声がけいただきました。

その方が、地元のメーカーのロフトンさんを紹介してくださいました。

予算やあらかたの希望をお伝えしたら、すぐに見積もりを出してくれました。

仕事も早く、テキパキしていて好印象だったのと、土地代も含め予算内でおさまりそうだったので、こちらに決めました。

工事中の現場の様子

ロフトンの棟上げ直前の様子

工事中の現場は、しっかり周りのお住まいの方にも配慮がされていました。トイレや喫煙所などもしっかり設置されていましたし、使う材料にはしっかり養生がされていました。

でき上がってきてからの建物内部もしっかり養生されていました。足場だったり安全面も不備はなく、安心できるものでした。

工事は主に、棟梁と数名がしてくださいましたが、真面目に黙々と作業を進めてくれ、仕事が早かったです。要望等もその場で聞き入れてくださいました。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

アフターケア、保証、定期点検などは、契約時に特に明記はありませんでした。

住みはじめてから、壁のクロス張りに異常が見つかった時には、連絡を入れたらすぐに駆けつけて、対応してくださりました。私達の過失ではなく、業者側の施工不良ということで、業者負担で修理をしていただきました。

1年経ってからや、3年や5年で定期的に点検をしたりということはありませんが、何か不具合が生じた際には、連絡をすればすぐに駆けつけてくださるという感じです。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

ロフトンの洗濯物干しスペース

家を建てる時に、まず生活動線を優先して間取りを考えました。玄関からもリビングからもお風呂に繋がるようにした間取りはお気に入りです。

また、ベランダの必要性がないと思っていたため、ベランダをなくし、室内に洗濯物を干すスペースをサンルーム的に取り入れました。天気を気にする必要もなく、帰りが遅くなっても気にしないでいいのは、本当に楽です。

リビングに大きな収納をつけたことも良かったです。そこにしまえば、リビングがごちゃごちゃすることもなく、スッキリします。

ウォークインクローゼットもつけて良かったことの一つです。衣替えをしなくてすむのは、とても楽です。ウォークインクローゼットには、換気扇をつけてもらい、湿気がこもらないようにしています。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

特にないのですが、あえて言うなら、断熱材をもう少しいいものにすれば良かったかと思います。

冬になってから気づいたのですが、なかなか寒いです。冷え切ります。暖房をつければ暖まりはするのでそこまで問題はないのですが、そこが惜しかったなと思うところです。

あとは、玄関ポーチが思ったより狭く、ドアの開け閉めが気になるところです。

また、玄関先の屋根も狭く、少し強い雨が降ると、鍵の開け閉めする時間でさえも濡れてしまうのが、残念なところです。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

ロフトンの外観

ハウスメーカーはたくさんあるので、展示場に行って、自分の建てたい家が建つのかどうか、プランナーさんと馬が合うかどうかも重要になってくるかと思います。

注意しておきたいのは、展示場は一般家庭よりも大きいサイズで作られていることが多いため、展示場のサイズ感を鵜呑みにすると、いざ自分の間取りとなると、広さや金額にズレが生じるということを頭に入れて置いてほしいです。

絶対に確認しておくべきなのは、コンセントの配置です。電化製品を置くところ、エアコンの位置、掃除する際の動線など、しっかり頭で思い描いて配置するべきです。

キッチンのダイニングテーブル付近のコンセント配置はおすすめです。ホットプレートを使用するとき用に、ぜひコンセントを配置してください。

あとは、補助金が使えるかどうかは重要かと思います。国の補助金もありますし、お住まいの地域特有のものもあるかと思うので、着工前に調べておきましょう。着工前というのが肝心です。

まずは間取り&見積もりを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力もむだにかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「間取り&見積もりを揃えて比較すること」なのです。これには次のようなメリットがあります。

  • 各社の特徴をつかめる
  • 希望する間取りの価格や相場を把握できる
  • 見積もりをもとに他社の営業マンと交渉できる

ただ、1社ずつ間取り&見積もりをお願いしようとすると、手間も時間もかかって、かなり面倒…。

そこでおすすめなのが毎月5,000人以上が利用している「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりなら…

  • オリジナルの家づくり計画書を作ってくれる
  • 間取りプランを提案してくれる
  • 諸費用を含めた細かな見積りを出してくれる
  • 土地がない場合、希望エリアの土地提案をしてくれる

もちろん全部無料です!希望する複数のハウスーメーカー・工務店から「間取り&見積もり」をもらえます。

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

無料でも、ハウスメーカー・工務店にとっては、大事なお客様ですので、しっかりとした「家づくり計画書」を作ってくれます。

自分の希望が詰め込まれた間取り図を見比べるのは、とても楽しいですよ♪

また、大手ハウスメーカーを含む全国600社以上が参加している点も見逃せません!

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

タウンライフ家づくりは100万人以上に利用されてきた(毎月5000人以上!)という実績もあり、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

タウンライフ家づくりの満足度調査

もはや家づくりの定番サービスと言ってもいいでしょう。それくらい大人気のサービスになっています。

こんな方におすすめ

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです!

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 1円でも安くマイホームを手に入れたい
  • 気になるハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • まだ表に出ていない土地情報を知りたい

強引な営業もなく、要望欄に「お電話はご遠慮ください」と書いておけば、電話営業もかかってきません。

あなたもぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください♪