なんば建築工房で木造平屋住宅を建てた、岡山県在住30代女性の体験談です。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 岡山県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦・娘2人の4人家族
ハウスメーカー名 なんば建築工房
商品名 なし
住宅タイプ 平屋
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 2800万円
実際にかかった費用総額 3300万円
坪単価 100万円
建坪(建築面積) 33坪
延坪(延床面積) 33坪
間取り 4LDK
検討開始から契約までの期間 1年
工期 5ヶ月
似ている注文住宅 3000万円台
坪単価100万円以上の家
30坪台
4LDK
平屋住宅
木造住宅

建物外観・外壁(画像)

木の色を目立たせたかったので、外壁は白色にしました。格子は、倉敷市の美観地区に使用されている倉敷格子を使用しました。
なんば建築工房の外観

内装の工夫(画像)

和風の玄関です。重厚感を出したかったので、松を使用し、広い玄関にしました。
なんば建築工房の玄関

洗濯物を干す際、移動せず干せるよう、上部に収納可能なワイヤーを張れるようにしました。
なんば建築工房の脱衣所

浴槽は通常は1坪タイプが多いですが、少し広めの1.25坪タイプにしました。
なんば建築工房の浴室

介護の時に手助けができるよう、3枚扉にして開口部を広くしました。
なんば建築工房のトイレ

畳とフローリングの段差をなくし、テレビボードも備え付けにしました。
なんば建築工房の畳とフローリング

夫婦ともに高身長のため、キッチンの高さを通常より5cm高くしました。
なんば建築工房のキッチン

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

当時は夫婦で2LDKの賃貸アパートに住んでおり、毎月家賃を払っていました。しかし、その支払い分が自分たちの資産になっていないと思い、将来的に資産となる持ち家の購入を検討し始めました。

また、そのタイミングで第1子が産まれる予定であった事もきっかけになりました。

建て売りが価格の面では魅力的でしたが、これから何十年間も持ち家に住む事を考えると、自分たちで考えた間取りや設計にしたいと思い、話し合った結果、注文住宅にしました。

なんば建築工房を選んだ理由

私たちは洋風の家より和風の家が好みであったため、和風の家作りに強みを持った建築会社にしようと決めていました。

約30社に資料請求をし、その中で気になった建築会社から約15社に訪問し、決めました。価格、建築方法、アフターケア、過去の施工事例など、多くを比較検討しました。

ほとんどの建築会社は、訪問すると過去の施工事例などを見せたり、他より安くできるなどをアピールしてきましたが、私が選んだ「なんば建築工房」は、最初に職人の手仕事を見て欲しいという事で、大工さんが働く自社の工場を見せてくれました。

その時の大工さんの手仕事の細かさに魅了され、また、「なんば建築工房」では県内の大工さんを育成する会社でもあったため、この会社の大工さんの腕は間違いないと思いました。

打ち合わせでも、会社側の意見を押し通す事もなく、こちらの意見を優先させ、それに対するアドバイスも丁寧だったため、「なんば建築工房」を選びました。

工事中の現場の様子

棟上げから数日は5,6人で工事を行っていましたが、その後は親方1人、部下1人の2人体制でした。

私は、どの業界でも自分の商売道具を大事に扱えない人は、良い仕事ができないと思っています。

そのため、最初に工事中の現場に行った時は、大工さんの商売道具である工具をどのように扱い、使用していない工具の置き場はどうしているかなどを見させてもらいました。

結果、私を裏切る事なく、丁寧に扱い、使用していない工具は整然と並べられていたので、安心したのを覚えています。

また、仕事中にも関わらず、私の質問、進捗状況などを嫌な顔せず答えていただき、素晴らしい人間性も感じました。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

まだ築3年目なので、大きな補修が必要となったことはありません。しかし、子供が大きくなり、壁を傷つけたり、トイレの鍵で遊んで壊したりなど、小さな事は多々あります。

その際、どのようにしたら良いか連絡すると、数日以内には来てくださり、現状を確認し、すぐに無料で補修してくれます。

掃除の資格であるキレイコンシェルジュの方も社内にいらっしゃいます。その方が来てくださり、掃除セットを無料で提供してくれた事もあります。

担当者とは、LINEでのやりとりなので、気軽にいつでも連絡を取ることができ、安心です。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

なんば建築工房の畳とフローリング

私たちのこだわりは大きく3つあります。

1つ目は、家事動線を短くしたことです。

家事は生活する上で切り離すことができません。キッチン、トイレ、洗濯場などは毎日使用します。これらの移動距離を短くする事で、時間の短縮、疲労の軽減ができると思います。

2つ目は、収納スペースを多く確保したことです。

建売を見学に行くと、部屋を広く見せるためか、収納スペースが異様に少ないことに違和感を感じました。今後、家族が増え、荷物が増えるのは確実で、荷物が生活スペースにあふれ出すのが嫌だったため、収納スペースは多く確保しました。

3つ目は、老後を意識し、家中に段差をなくしたことです。

若い時は少しの段差など気にならないかもしれませんが、祖父祖母の姿を見ると、少しの段差が苦痛のように感じられました。年を重ねると階段を上がるのがしんどいという事も耳にするので、我が家は階段のない平屋にしました。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

リビングは日中電気をつけなくても明るいように、大きな特注の掃き出し窓、腰高窓にしましたが、もう少し光量が必要に感じています。天窓をつけたり、もう少し南面に面した間取りにすれば良かったかなと思います。

現在は夫婦と子供2人の4人家族ですが、今後家族が増える可能性があります。当初は4人家族を想定して考えていたため、ダイニングテーブルに4人で座りピッタリのスペースになっています。

もう少し、広くしていれば、家族が増えた時、来客時などに広々使えたかなと思います。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

なんば建築工房の外観

注文住宅を考えている時は、いろいろ夢が広がり、楽しいと思います。ただ、「せっかく注文住宅にするのだから、あれも欲しい!これも欲しい!」になってしまうと、価格が予算を大幅に超えてしまいます。

実際に、私も予算を大幅に超えました(約500万円増です…)。私の周囲も、注文住宅の人は当初の予算を超えている人が多いです。

最初から欲しい物を全て詰め込んだ考えをすると、後から苦労すると思います。定着した生活水準を落とすのと同じで、一度描いた注文住宅の理想を削りとるのは精神的にもきついです。

なので、最初から全てを詰め込むのではなく、これだけは譲れないポイントを3つぐらいに絞って担当者と考えていき、それでも余裕があるなら追加する方法が良いと思います。

私の場合は、ほとんど理想を詰め込んだため、500万円ものオーバーとなりました。そのため、毎月の住宅ローン返済が1万円強も増えてしまいました。

今思えば理想を全て叶えるのではなく、住宅ローン返済を少しでも少なくして、そのお金で外食や娯楽などの家族サービスに使っても良かったのかなと思います。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。