一条工務店に依頼して木造平屋住宅を建てた、岐阜県在住20代女性の体験談です。

基本情報

地域 岐阜県
年齢と性別 20代女性
家族構成 夫婦・娘の3人家族
ハウスメーカー名 一条工務店
商品名 i-smart(アイスマート)
住宅タイプ 平屋
構造・工法 木造2×6(ツーバイシックス)
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 3000万円
実際にかかった費用総額 3300万円
坪単価 75万円
建坪(建築面積) 36坪
延坪(延床面積) 36坪
間取り 4LDK
検討開始から契約までの期間 6ヶ月
工期 6ヶ月

建物外観・外壁(画像)

外壁が運ばれて組み立てられている様子です。パズルのようにすぐに外壁は完成しました。
外壁の写真

床暖房と断熱材(画像)

床暖房がしっかり貼られている様子。どの部屋にも、隅から隅まできちんとお湯が流れる管が通っています。
一条工務店の床暖房の写真

断熱材が入れられるところです。しっかりとした厚みのある断熱材がここに入れられます。
一条工務店の断熱材の写真

工事中の様子(画像)

キッチンから、遊んでいる子供の様子が見られるように工夫しました。
工事中のキッチンの写真

キッチン・ダイニング・居間・和室の広い空間づくりを意識しました。広い空間をつくることで、家の広さを感じられます。
工事中のリビングの写真

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

子供が産まれる予定があったため、その前に家を建てようと思ったのが、ハウスメーカーを探し始めたきっかけでした。

子供がいると、まわりの音や泣き声も気になりますし、また広い空間で伸び伸び育てたいと思っていたからです。

また、それまでアパート住まいだったので、建てるなら早い方がいいと考えていて、将来のことを考え、思い切って家を建てることにしました。

分譲ではなく、注文住宅にしたのは、一生住むなら、自分たちの好みの心地良い家作りがしたいと考えていたためです。

一条工務店を選んだ理由

一条工務店の床暖房の写真

防音、三重の窓、床暖、断熱など、魅力的な点が多かったのが一条工務店を選んだ理由です。

持っていた土地は住宅街だったので、音は気にせず生活したいと考えていました。三重の窓ということもあり、防音はしっかりしており、なにかが飛んできても窓ガラス割れなどの心配も必要ないのが良いと思いました。

また、冬は寒さが厳しくなる地域に住んでいたため、防寒器具が必要不可欠でしたが、床暖ひとつでどの部屋でも快適に過ごせるという点はとても嬉しく、魅力的でした。

床暖に加え、断熱がしっかりしているため、暖かさが保たれます。風呂場や脱衣所も冷えることがなく、子供がいる環境では風邪などの心配をしすぎずに済むのがとてもいいと思いました。

工事中の現場の様子

一条工務店の断熱材の写真

着工からは色々とあり、家が建ち始めるまでに時間がかかりましたが、建ち始めると着々と出来上がっていきました。工場で作られたものが、大きいまま運ばれてきて、検品などもされているため、安心できました。

また、定期的に中を見せてもらえ、今一度どういう構造か、どこに断熱が入っているか、詳しく説明しながら見せてくれたので安心でき、楽しむこともできました。

現場監督などもしっかり挨拶をしてくださり、まわりにも気を配って頂いていたのでよかったです。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

正直、住んですぐは色々と問題が発生してしまい、連絡を密にとることが多かったです。

アフターケアはしっかりしているという話だったが、話が進まず、直してもらうまでに時間がかかることもありました。「こういうことが今後ないように」と話をしたところ、そのあとは対応が早く、しっかりしてもらえました。

保証もしっかりしているので安心です。一条工務店からも定期的に「どうですか?」と電話があり、「ここをこうして欲しい」とお願いすると、すぐに見てもらえて、一緒に考えて下さりました。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

工事中のリビングの写真

1番こだわった点は間取りです。家族がいつも顔を合わせられ、笑顔溢れる空間作りがしたいと考えていたので、キッチン・ダイニング・居間・和室をひとつの広い空間にしました。

ひとつの空間にしたことで、そこに家族が自然に集まる、そんな場にしていきたいと思っています。キッチンに立っていても、子供が遊んでいる様子が見られるので、子供も親も安心できる場となりました。

また、廊下をなくしたことで広い空間がつくれ、動線をしっかり考えた生活ができるようになりました。土地の都合上、大きい家は建てられなかったので、狭いところをどう使うか、どう使ったら使いやすかを考えました。

オプションになるので、値は上がっていってしまいますが、自動センサー・食器清浄機・家電隠し・自動のハニカムシェードなどは特に採用してよかったと思っています。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

勝手口を作ればよかったかなと思いました。

外回りは後から違う業者に頼むと決めていたので特に何も考えずに進めていたのですが、中のことばかり考えていたので、後から倉庫の位置や、洗濯物を干す位置など、後悔した点がでてきてしまいました。外と中とを一緒に考えながらやればよかったです。

また、細かいところではありますが、窓の数、ハニカムシェードの紐の位置、食器清浄機の深さ、玄関の鏡の位置など、直したいところはあります。網戸は後から取り付けをしたため、お金がかさんでしまいました。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

外壁の写真

ネットを見れば、ハウスメーカーの特徴や「こうした方がいい」などのアドバイスがのっているので、情報をたくさん得てから検討した方が、後悔が少ないと思います。

ハウスメーカー選びは1番迷うところだと思いますが、予算は多少無理してでも、自分たちに合っているハウスメーカーを選ぶといいと思います。

私たち夫婦の選んだ一条工務店は、注文住宅ではありますが、細かいところまでは指定できません。私たちはあまりこだわりがなく、かつ優柔不断なので、ある程度決まっている中から選べたのは良かったです。

また、担当者は大事だと言いますが、相性が合わなければ途中でも変えてもらえますし、とにかく自分たちの理想の家に合ったハウスメーカーを選ぶことが大切です。

建てる時期についてですが、子どもが小さいと打ち合わせ中にぐずったりして、ゆっくり決められませんから、子どもが生まれる前か子どもが大きくなってからの方がおすすめです。

私たちは子どもが産まれる前だったため、打ち合わせもしっかりでき、夫婦でゆっくり話し合う時間を持つことができました。お金のことは心配でしたが、思いきって若いうちに建てて良かったと思っています。