一条工務店で木造平屋住宅を建てた、広島県在住30代男性の体験談です。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 広島県
年齢と性別 30代男性
家族構成 夫婦・娘の3人家族
ハウスメーカー名 一条工務店
商品名 i-smartⅡ(アイスマート2)
住宅タイプ 平屋
構造・工法 木造2×6(ツーバイシックス)
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 3200万円
実際にかかった費用総額 土地620万円 建物2900万円
坪単価 73万円
建坪(建築面積) 28.05坪
延坪(延床面積) 28.05坪
間取り 3LDK
検討開始から契約までの期間 3ヶ月
工期 6ヶ月
似ている注文住宅 2000万円台
坪単価70万円台
20坪台
3LDK
平屋住宅
狭小住宅・コンパクトハウス
木造住宅

建物外観・外壁(画像)

外観写真です。ハイドロテクトタイルを採用しており、雨と紫外線で汚れを落とすという代物です。
アイスマート2のハイドロテクトタイル

タイルの色を2パターン使い、オシャレになるよう工夫しました。
アイスマート2の外観

内装の工夫(画像)

キッチンの写真です。タッチレスの蛇口とこだわりのある照明です。
アイスマート2のキッチン

トイレ写真です。照明にこだわったのと、一方の壁紙を変えてアクセントにしています。
アイスマート2のトイレ

和室の写真です。こちらも照明にこだわっています。また、畳は通常の畳ではなく、オシャレな畳を採用しています。
アイスマート2の和室

設計図・間取り図(画像)

平面図です。建坪は小さいものの、階段等がない分、思ったより広く使えています。
アイスマート2の間取り図

見積書(画像)

見積もり写真です。最終的にはこちらの値段での契約になりました。
アイスマート2の見積書

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

注文住宅にしようと思ったきっかけは「建て売り住宅だとどうしても妥協するポイントが出てきてしまう」ことからでした。

私たち夫婦は賃貸のアパートに暮らしている時に、どうしても家賃というのが無駄に思っていました。家賃をいくら払おうが自分たちの物にならないというのを解消するために、結婚してからすぐに自分達の家の購入を考えていました。

最初は予算の関係から建売住宅をメインで見ていましたが、住宅メーカーのある程度の基準に合わせた家ではどうしても「ここがもうちょっと広ければな」とか「このスペースがいらないな」とかいうポイントが出てきてしまいます。

せっかく高いお金を出して買うのに妥協して買うのもな…ということになり、注文住宅にしようと思いました。

一条工務店を選んだ理由

アイスマート2のハイドロテクトタイル

私たちは家を購入する際、先々のことを考え、将来的に2階はいらないので平屋にしようという共通認識がありました。

しかし、様々なハウスメーカーに平屋での建築を考えていると伝えると「2階建て住宅よりも割高になるからやめたほうがいい」といったデメリットの話ばかりをされてしまいます。

後から調べると、ハウスメーカーによっては平屋住宅の建築の実績が少なく、平屋住宅の話が来た時点で断るようにしているハウスメーカーもあることが分かりました。

そのようなことから、2階建て住宅もうっすらと考えていたところ、一条工務店に出会いました。

いつものように営業マンに平屋での建築を考えていることを伝えると「うちは平屋での実績もありますし、2階建て住宅よりもこんなメリットがある」と、すごく前向きに考えてくださり、夫婦共々嬉しかったのを覚えています。

また、そこから調べていくうちに、全館床暖房と高気密高断熱のおかげで、いつでも心地よい温度で過ごせるということを知りました。

私も妻も寒がりだったので、暖かい家がいいなという意見もクリアできる、一条工務店に魅力を感じました。

工事中の現場の様子

工事は基本的に平日に行われていたのと、私が平日は仕事で休めず、工事をやっている様子を直接見る機会はなかなかありませんでした。

しかし、土日の休みのたびに現場を覗きに行き、日々でき上がっていく我が家を見るのは、とてもワクワクしたのを覚えています。

また、職人の方が気持ちよく作業をしてもらえるように、現場を覗いた際にはお菓子や飲み物といった差し入れを置いて帰るようにしていました。

ある日、いつものように現場に行くと「いつもありがとうございます。美味しかったです。」と手紙が置いてありました。直接職人の方と話をすることはありませんでしたが、少しは気分良く作業してくださっていたのかと思います。

整理整頓もきちんとされており、道具が乱雑に投げてある等のこともなかったです。また、家の引き渡し後には工事中の写真も営業の方から頂き、工事自体の様子も知ることができました。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

引き渡しの際の「キズや気になる点があればすぐ直しにきます」という工事担当者の方の話の通り、キズや気になる点はすぐ修理・改善してくださいました。

玄関にキーレスのタッチ式を採用したのですが、入居してすぐに閉まらなくなるという不具合が起こりました。玄関を閉められない為、外出もできず、出かける予定が出かけられなくなってしまいました。

その際にも、工事担当者の方に朝連絡したのに、昼前には来てくださり、閉まるようにしてくださりました。

それだけでは終わらず、後日メーカーを連れて再度点検、また故障が起こる可能性のあるものは新品交換していただき、丁寧なアフターケアをしていただいたと、大変満足しています。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

アイスマート2のキッチン

  • 【玄関のキーレス】
    買い物から帰った来たときや、子供を抱っこしていて手が空いていないときでも、鍵を開けれるようにしました。
  • 【キッチンの蛇口】
    こちらも手が汚れている時などに蛇口に触らなくてもいいように、タッチレスにしました。お湯と水の切り替えもタッチレスで行えます。
  • 【電気コンセントの配置】
    妻は1日1回は掃除機をしたい人なので、電気コンセントを多めに配置し、掃除機をかけやすいようにしました。
  • 【外壁】
    一条工務店が出しているハイドロテクトタイルを採用し、将来の外壁塗装の費用を減らすことを考えました。
  • 【照明】
    通常の生活で使う照明は天井に埋め込まれているようになっていますが、リビングやトイレなどの目につくところの照明は、妻のこだわりで選んだものを採用しています。
  • 【リモコンニッチ】
    こちらも一条工務店独自のものだと思うのですが、床暖房や太陽光発電のリモコンなどが一箇所にまとまっています。マグネットがつくようになっているので、リモコンの裏にマグネットを貼り付ければ、こちらにつけておくことができます。また、ホワイトボードにもなっているので、簡単なメモ等はこちらに書くことができます。

他にもまだありますが、とりあえず特に気に入っているのは上記の物です。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

外構(フェンス)とウッドデッキは予算の関係上、諦めることにしました。ただ、フェンスは子供が大きくなって歩き回り出した頃から絶対に必要だと感じ、後になってから設置しました。

また、子供が大きくなって外でよく遊ぶようになってから、妻と玄関の階段に座って休憩しているそうです。だったらウッドデッキがあれば、ちょっとした休憩もできましたし、天気が良ければ洗濯物も干せたのではないかと思います。

以上のことから考えると、どうせ必要になると思うものは、もう家の購入の際につけてしまえば良かったなと思います。

ただ、ローンを日々支払いしていく中で、フェンスやウッドデッキの予算を貯めるのは大変で、ウッドデッキはまだまだ先の話になりそうです。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

アイスマート2の見積書

私たち夫婦は、家の購入を考えた際にまず住宅展示場に行きました。

様々なハウスメーカーがある中、どうしても目に止まるのはCMなどで名前をよく聞く有名メーカーです。実際、一度目に住宅展示場に訪れた際には「一条工務店って聞いたことないね」と言いながら、その前をスルーしています。

それもそのはずで、一条工務店はCMをわざと流さず、広告費等を客の家の代金から徴収しないというコンセプトを持つメーカーです(後から営業マンから聞きました)。

私たちは平屋住宅の建築を考え、様々なハウスメーカーに断られて、ようやく一条工務店に巡り会えました。しかし、もっと早く一条工務店のことを知っていれば、他のハウスメーカーに行った時間などがいらなかったのではないかと思います。

他のハウスメーカーを何社か見たからこそ、一条工務店の良さが際立ったのかもしれませんが…。

私ができるアドバイスとしては「聞いたことがないようなハウスメーカーでも、一度はどんな家を作っているのかを調べて、見てみる」ということです。

私たち夫婦のように、一条工務店のことを全く知らなかったのに、いざ知ると魅力を感じ、購入まで進むということもあります。

まずはどんな家を建てたいか、どんな将来を過ごしたいかを夫婦で話し合い、その情報を持って、様々なハウスメーカーの物件を調べてみると良いと思います。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。