レオハウスで注文住宅「CoCo」を建てた、滋賀県在住30代男性の体験談です。

かんたん3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 滋賀県
年齢と性別 30代男性
家族構成 夫婦2人家族
ハウスメーカー名 レオハウス
商品名 CoCo(ココ)
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 3000万円
実際にかかった費用総額 土地1190万円 建物1760万円
坪単価 52万円
建坪(建築面積) 17.53坪
延坪(延床面積) 33.56坪
間取り 3LDK
検討開始から契約までの期間 3ヶ月
工期 3ヶ月
似ている注文住宅 滋賀のハウスメーカー
1000万円台
坪単価50万円台
10坪台
30坪台
3LDK

外観・外構(画像)

家の正面外観です。黒と茶色のツートンカラーになっています。
レオハウスの外観

家の側面です。こちらは黒い外壁がメインになっています。
レオハウスの外壁

内装(画像)

土間収納です。アウトドア用品や子供のおもちゃの収納に使えるように、広く設計しました。
レオハウスの土間収納

キッチンです。カウンター型のキッチンで、広々とした空間にしました。
レオハウスのキッチン

パントリーです。食材を多く貯蓄できるように、広く設計しました。
レオハウスのパントリー

1階トイレです。床面を黒にし、高級感を演出しました。
レオハウスのトイレ

浴室です。壁材を一面だけ組石グレーにし、シックに仕上げました。
レオハウスのミナモ浴槽

寝室横付けの書斎です。ちょっとした仕事や、夫婦でゲームをするのに使っています。
レオハウスの書斎

ウォークインクローゼットです。多くの服を掛けれるように、コの字になっています。
レオハウスのウォークインクローゼット

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

マイホームに憧れがあり、夫婦共に将来の夢であったため、「いつかは夢のマイホームを」と思っていました。

マイホームを建てるまでは、会社の社宅に住んでいたのですが、会社の方針が変わり、社宅費の値上げが行われました。

社宅に住んでいる家族の人数で金額が変わるシステムになってしまい、妊娠出産など、将来を考えたときに損になることがわかりました。

そこで、スーモカウンターに相談してみようと足を運んだのですが、それがマイホームを建てるきっかけとなりました。

レオハウスを選んだ理由

スーモカウンターでは3社紹介されました。それぞれの住宅展示場で見学した結果、レオハウスを選びました。

選んだ理由は「営業さんの説明の仕方が丁寧で親身になってもらえた」「住宅のイメージ図が気に入った」の2点です。

階段の段差が低くて高齢になっても上り下りしやすい点、天井が高くて圧迫感が少ない点、優れた制震設備を安価で装備できる点が、他のハウスメーカーにはない魅力でした。

また、ステイホームの時期に家を建てるので、電子メールで図面の相談ができる点も好印象でした。何度も通うという手間を省けた点も決め手になりました。

工事中の現場の様子

工事期間が3ヶ月だったのでそんなに何度も足を運べなかったのですが、いつ行ってもテキパキと仕事をしておられ、元気よく挨拶をしてくださいました。

特に上棟日には、メインになる大工さんが他の大工さんに指示を出されていたり、すごく活気のある現場だなと感じました。

差し入れにスポーツドリンクを持って行った時も、快く受け取ってくださり、お礼の言葉もいただきました。

職人気質の大工さんも多く、黙々と作業されている印象も残っています。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

施主検査時には発見できない不備が出てきた時など、伝えれば現場監督さんが対応してくださる仕組みになっていました。

電気のスイッチが上下逆になっていたり、引き戸の締まりがいまいちなところなどがありましたが、当日や翌日には確認してもらえたので安心でした。

定期点検もしっかりしていて、木造建築などにある、木が動いてドアの締まりが悪くなる時なども点検してもらえていますので、非常に満足しています。

やってよかったこと・こだわりポイント

こだわりポイントが4つあります。

玄関のドア

電子ロックになっており、車と同じようなリモコンで、開け閉めできます。

お風呂

レオハウスのミナモ浴槽

ミナモ浴槽というものを選びました。浴槽のお湯を満タンまでは入れると、すごく綺麗に見え、贅沢な気持ちなります。

寝室横付けの書斎

レオハウスの書斎

私たち夫婦の趣味の部屋にしています。L字のテーブルにテレビモニターを2つ並べ、仕事部屋兼妻と一緒にゲームできる部屋になっています。

キッチン

レオハウスのキッチン

カウンター式のキッチンで、椅子を出せばバーカウンターのようになり、お酒を嗜めます。シンクは大理石調の仕様で、よくあるステンレスのシンクより丈夫で高級感があります。

後悔ポイント・気になるところ

ダウンライトの位置を現場監督さんと綿密に確認しておけばよかったです。

マイホーム完成前に、ダウンライトやコンセントの位置についての打ち合わせを現地でしました。図面を見ながら行ったのですが、私たちが思っている位置と、現場監督が思っている位置がずれていました。

完成後に気付いたので、もう変えられませんでした。

テレビの上のダウンライトだったので、テレビ台を動かすことで対応しましたが、綿密な確認ができていれば防げたはずです。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

レオハウスの外観

私たち夫婦は、ステイホームの真っ只中でマイホームを建てることにしました。特に今の時期は、電子メールで図面打ち合わせなど、柔軟な対応してくれるハウスメーカーをおすすめします。

そして、営業担当の人は丁寧で、こちらの理想や希望を理解し、気持ちを汲んでくれる方を探しましょう。

実際に住宅展示場をめぐってみて、間取りやデザインの縛りがあるハウスメーカーが多いと感じましたが、営業さんが良ければ柔軟に対応してくれますし、何か問題が起こった時も相談しやすいです。

また、インテリアコーディネーターとの打ち合わせ前に、夫婦で「どのようなスタイル」「どんな色味」など、コミュニケーションをとっておくのもおすすめです。

インテリアコーディネーターさんに聞いた話ですと、打ち合わせ中にもめる方も多いそうです。

私たち夫婦も若干のイメージの差があったので、色味などはよく相談してから、打ち合わせに臨んでいました。そのお陰で、スムーズに進められました。

まずは間取り&見積もりを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力もむだにかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「間取り&見積もりを揃えて比較すること」なのです。これには次のようなメリットがあります。

  • 各社の特徴をつかめる
  • 希望する間取りの価格や相場を把握できる
  • 見積もりをもとに他社の営業マンと交渉できる

ただ、1社ずつ間取り&見積もりをお願いしようとすると、手間も時間もかかって、かなり面倒…。

そこでおすすめなのが毎月5,000人以上が利用している「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりなら…

  • オリジナルの家づくり計画書を作ってくれる
  • 間取りプランを提案してくれる
  • 諸費用を含めた細かな見積りを出してくれる
  • 土地がない場合、希望エリアの土地提案をしてくれる

もちろん全部無料です!希望する複数のハウスーメーカー・工務店から「間取り&見積もり」をもらえます。

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

無料でも、ハウスメーカー・工務店にとっては、大事なお客様ですので、しっかりとした「家づくり計画書」を作ってくれます。

自分の希望が詰め込まれた間取り図を見比べるのは、とても楽しいですよ♪

また、大手ハウスメーカーを含む全国600社以上が参加している点も見逃せません!

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

タウンライフ家づくりは100万人以上に利用されてきた(毎月5000人以上!)という実績もあり、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

タウンライフ家づくりの満足度調査

もはや家づくりの定番サービスと言ってもいいでしょう。それくらい大人気のサービスになっています。

こんな方におすすめ

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです!

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 1円でも安くマイホームを手に入れたい
  • 気になるハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • まだ表に出ていない土地情報を知りたい

強引な営業もなく、要望欄に「お電話はご遠慮ください」と書いておけば、電話営業もかかってきません。

あなたもぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください♪