タマホームに依頼して2階建て木造注文住宅を建てた、大阪府在住40代男性の体験談です。

ちょっと一手間かけるだけ!展示場に行く前に必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 大阪府
年齢と性別 40代男性
家族構成 義父・夫婦・娘の4人家族
ハウスメーカー名 タマホーム
商品名 木麗な家
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 2350万円
実際にかかった費用総額 建物2320万円
坪単価 49.2万円
建坪(建築面積) 26.62坪
延坪(延床面積) 47.19坪
間取り 5LDK
検討開始から契約までの期間 6ヶ月
工期 3ヶ月

建物外観と外壁(画像)

建物外観です。北向き玄関であるため、全体的に採光窓が少なく、エントランスの方角は外観に多大な影響を与えます。
木麗な家の外観

内装の工夫(画像)

リビングです。奥の壁はアクセントカラーのクロスにして、少し高級感を出しています。
木麗な家のリビング

ウォークインクローゼットです。大量にかけられるハンガーラックが威力を発揮します。
木麗な家のウォークインクローゼット

2階にある主寝室です。キングサイズのベットも楽々置けるスペースがあります。
木麗な家の寝室

設計図・間取り図(画像)

外観図です。できるだけ天井を高くしたいという要望をし、結果的に天井高は2500となりました。
木麗な家の外観図

間取り図となる平面図です。私の方で簡単な間取り図を作成し、それを元に構造設計をしていただきました。
木麗な家の平面図

内装イメージ図です。特にリビングにはこだわりがあったため、打ち合わせ段階からイメージの共有に力を入れていました。
木麗な家の内装イメージ図

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

それまで賃貸住宅に長らく住んでいましたが、子供が生まれたことを機に、家賃を払い続けるくらいなら…と住宅購入を考えるようになり、また、年齢も40歳を超えていたことから、これが最後の機会だと考えるようになりました。

そんな折、築50年近くになる妻の実家が大規模な地震の発生により、所々を傷めてしまい、次に地震が来れば倒壊するかも知れないなどと話していたところで、一人暮らしをしている69歳になる義父の老後の心配も重なり、一緒に住むための家を新築する運びとなりました。

タマホームを選んだ理由

ネットでの評判や口コミを元にいくつかのハウスメーカーを選定し、地元で開催されているモデルハウスフェアにも週末毎に足を運びました。

最終的には一条工務店かタマホームのどちらかというところまで絞り込んだところで、品質や仕様はやはり一条工務店の方が優れていると感じましたが、かかる建築費用が坪単価60万円からということもあり、私や妻の年齢と収入で融資審査のことなども考えると、坪50万円が限界と判断し、その条件に合うタマホームに決定致しました。

タマホームに関しては、ローコストの弊害として職人さんへの報酬が十分ではなく、そのために工事が雑などとの口コミ評価も見受けられましたが、応対していただいた女性営業マンが比較的親切でしっかりしていたこと、私自身に建築業務の経験があったことなどで、手抜きや不備があれば逐一指摘するつもりで契約に至りました。

工事中の現場の様子

まず、解体工事の段階より、時間の許す限り現場に足を運び、今日は何をしているのか、何人の職人さんが来ているのかなど、出来る限り気にかけるようにしていました。

解体工事は大掛かりな解体作業時を除いて基本的に一人、年老いた70歳近くの職人さんが整地作業までを行っていました。

本格的な着工段階に入ったところで建築資材が次々と現場に運び込まれ、きちんと整理整頓されているか、雨養生はできているかなどチェックをしていました。

この辺の資材管理がルーズな現場では、工事に対する品質意識が低いというのが業界の常識ですが、タマホームに関してはほぼ問題なく管理が行き届いていたと思います。

ただ、いつ現場を見に行っても担当大工さんが一人だけで作業していることがほとんどで、タマホームの現場監督は全くと言っていいほど現場で見ることはなく、大工さんに任せきりという印象を強く受けました。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

タマホームのアフターケアは基本的には良くありません。

工事が終わり、契約金が回収できれば後は御の字。決められた定期点検に事務的に訪れるだけで、ほとんど何も見ていないのに、決められた複数のチェック項目に問題がなかったとサインを求めてきます。

例えば、壁紙のコーキング切れを数ヶ所こちらから指摘したところ、1ヶ月点検では「落ち着くまで時間がかかるので次回また確認しましょう」と言い、次の3ヶ月点検では「今回直すと同じ個所の補修は今後できなくなるので次回まで様子を見ましょう」と引き延ばし続けるようなところがあります。

基本的に悪いところを直す責任があるとは感じておらず、直してあげてるんだからあれもこれも言うなといった対応を取ります。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

木麗な家の内装イメージ図

リビングは生活空間の中心となるため、出来るだけ大きな間取りを取り入れるのが希望でした。

そのため、打ち合わせでは構造柱の位置を何度も修正変更し、設計を工夫しながら、在来工法としては比較的大きな21.8帖のスペースを確保。家具のレイアウトも設計段階である程度決め打ちして、これを実現しました。

実際に生活してみても、やはりリビングの居心地が良く、家具やソファーのレイアウトも当初の想定通り現在まで変更することなく、快適に過ごせています。

次に気に入っているのが2階に設けた大型ウォークインクローゼットです。家族4人分とはいえ、衣類は多くなりがちで重宝しており、子供の成長に合わせて、細々した物も収納ボックスに整理して保管しています。

普段使わないものはなるべく目に付く場所に置きたくない性分のため、小部屋全体を収納として使えるクローゼットは、家の中をすっきりと見せるのに最適なスペースになっています。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

リビングから庭への掃き出しについては、屋根や庇を設けていなかったために雨ざらしとなり、結局、後付けにて別の業者にテラス屋根を付けてもらうことになりました。

外観デザインに関しては、私と妻とで当初より意見が分かれてしまい、結局妻の意見を通して、外壁サイディングを白基調にこげ茶木目アクセントのツートンに決定しました。

しかし、しばらく住んでみると、それを選んだ妻自信がこの単調なデザインに飽きてしまい、やはり私の勧めていた石目アクセントのかっこいい雰囲気にすれば良かったなどと言う始末、しばらくの間、これが夫婦喧嘩の種になってしまいました。笑

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

木麗な家の外観

ハウスメーカー選びは一長一短あるものの、これは必須と感じたのはまず「ハウスメーカーまでの距離」です。つまり、自宅から通える距離に事務所や支社を構えているかということです。

初回相談から仕様決定、契約、工事期間中と、事あるごとに打ち合わせの必要が生じます。

そのため、毎週末の休日はほぼ打ち合わせに時間を取られ、そのための移動に時間がかかるようでは、家を建てる前に肉体的にも精神的にも疲弊してしまいかねません。

特に、我が家の場合には3歳になる娘がいたため、打ち合わせ中もしばらくすると退屈になってきて帰りたがり、相手をするのが大変でした。

次に「営業担当者との相性」です。やはり最後は人と人との信頼関係や相性がモノを言いますので、自分と気が合う人、親身になって考えてくれる人と、大切な家を計画的に建てたいものです。

私の場合は比較的この点に恵まれたと思いますが、ただ、現場監督として紹介された工事担当者である60歳過ぎの初老の男性とは何度かトラブルになりました。

実際、打ち合わせで決めた仕様や約束を守らない、自分の感覚で相談なく勝手に決めてしまう、保身のために平気で嘘をつくなど、散々な目に合いました。

少しでも「この人は信用できないな」と感じたら、勇気を出して担当者の変更をメーカー側に願い出てみるのも必要なことであったと後悔しています。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家が出来上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。