ミサワホームに依頼して2階建て木造注文住宅を建てた、埼玉県在住30代女性の体験談です。

基本情報

地域 埼玉県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦2人家族
ハウスメーカー名 ミサワホーム
商品名 なし
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 3500万円
実際にかかった費用総額 土地1500万円 建物3000万円
坪単価 50万
建坪(建築面積) 35坪
延坪(延床面積) 58坪
間取り 4LDK+蔵+書斎
検討開始から契約までの期間 4ヶ月
工期 3ヶ月

建物外観・外壁(画像)

建物外観です。ほぼ完成したところです。この後に外構工事をやってから引き渡しです。
ミサワホームの外観

内装の工夫(画像)

キッチンです。一番こだわったのはタイル部分です。リクシルの展示場を見て、うちにも取り入れたいと思って選びました。
ミサワホームのキッチン

こちらは和室です。オシャレにしてみたのですが全く使っておらず、荷物置き場になってます…。
ミサワホームの和室

部屋の間取りを広くとったため、トイレは階段下の狭いスペースに作ることになりました。
ミサワホームのトイレ

こだわりのリビングです。ミサワホームは中2階に収納スペースである「蔵」を作ることができるので、1階の天井を高くすることができます。とても快適です。
ミサワホームのリビング

工事現場(画像)

棟上げの様子です。ここまで2日くらいで完成したのには驚きました。
ミサワホームの棟上げの様子

こちらは組み立てていく様子です。パズルのように1枚1枚貼り合わさっていきました。
ミサワホームの工事現場

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

結婚して2年が経ち、そろそろ子供も欲しいと思っていましたが、その時は手狭な賃貸住まいだったため、まずは引越しをしようと考えていました。

マンションや建売住宅も考えていて、実際に資料を取り寄せてはみましたが、マンションは駐車場の問題や共益費がかかることもあり、候補から外しました。

建売は内覧に行ってみましたが、場所も間取りも気に入るものがなく、悩んでいたところ、たまたま近くの住宅展示場を見に行った際に、ミサワホームを気に入って、注文住宅に決めることになりました。

ミサワホームを選んだ理由

分譲マンションも建売住宅も気に入るものがなかったので、それなら注文住宅にしたいとなんとなく考えはじめたものの、どの住宅メーカーがいいとかは全くわからないため、まずは住宅展示場を見に行こうと思い、近くの住宅展示場に行きました。

そこにはいくつも住宅メーカーがありましたが、たまたま自分たちが車を止めた場所から一番近い場所にあったのがミサワホームでした。メーカーとしても有名なところなので、「まずは見るだけ」と思って展示場に入りました。

その際、担当してくださった営業の方がとても自信を持って勧められていたこと、土地探し、間取りや予算まで、契約前に具体的な数字で出してくれたこともあり、夫がすっかり気に入って、ミサワホームに決めました。

工事中の現場の様子

ミサワホームの棟上げの様子

我が家の土地は地盤補強が必要だったため、地鎮祭後はまずは地盤の補強工事から始まりました。地盤補強が終わってからはとても早かったです。

ミサワホームの場合は「木質パネル接着工法」という、接着剤で貼り合わせる方法で建てられるため、棟上げは2,3日で終わります。

棟上げは夫が立会い、完成までの様子を見ていました。枠組みの板を、クレーンを使ってパズルのピースをはめるようなイメージで貼り合わせていくので、1日であっという間に1階部分が完成したとの事です。

棟上げ後、現場監督から中の様子を案内していただきました。壁紙を貼る前の基礎の様子を見られるのは最初で最後の経験だと思うので、感動しました。

2階へは、棟上げの段階ではまだ繋がっていなかったので、ハシゴを使って登りましたが、夫は体が大きいのでハシゴを壊さないか心配していたのもいい思い出です。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

完成後は1ヶ月後・半年後・1年後点検があります。

ドアの開閉や、細かなキズなどのチェックを丁寧に行ってくれて、自分たちが気付かなかった窓枠のキズを見つけてもらいました。その窓枠のキズは1年点検の時に見つかったのですが、それでも無償で修理してくれました。

家の完成後1年以内に無料で受けられる、家のお手入れについての講座も受けに行きました。そこでは、床のキズの補正方法や水回りの効率の良い掃除方法、壁紙の部分張り替え方法など、役立つことをたくさん知ることができました。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

ミサワホームのリビング

リビングは家族で良く過ごす場所なので一番こだわりました。天井高があるのでとても広く感じられます。壁紙も、キッチン側と窓側で違う柄を取り入れてみました。

キッチン収納部の壁にはタイルを貼って、オシャレな仕上がりにしてもらいました。値段はとても高かったですが、お客さんみんなに褒められたので良かったです。

キッチンカウンターにコンセントをつけたのですが、これは初めは夫にはいらないんじゃないかと言われました。

しかし、実際に住み始めて、テーブルで鍋をしたりホットプレートを使ったり、携帯充電に使えたりと、とても便利なので「付けて良かった」と言ってもらえました。

脱衣所も広い方がいいと思っていたので2畳ほど、とりました。大人2人いても圧迫感がないので、今後子供と一緒にお風呂に入る時も快適に感じられると思います。

2階には夫の書斎を作りました。こちらも2畳ほどのスペースですが、壁面収納を取り入れ、PCの作業スペースも作り、夫の満足のいく仕上がりになっております。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

夫が「1階に和室が欲しい」と言ったので取り入れましたが、ほとんど使うことがないスペースなので、もったいなかったと思います。

かわりに洗濯スペースを1階に作れば良かったと思います。脱衣所を広く取れたのは良かったのですが、脱衣所のドアを開けた際、脱衣所にある洗面台に人が立っていると、ドアがその人に当たってしまうのも失敗でした。

玄関と脱衣所の電気は自動センサーの電気にしたのですが、いちいちつけたり消したりしなくて済むのが快適で、他の場所(トイレや階段や2階廊下など)にも取り入れれば良かったなと思います。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

ミサワホームの外観

家で一番こだわるべきポイントは「普段家事をする人が快適に家事ができるような間取り」だと実感しました。細かいところも日々の積み重ねになると大変です。

半年かけて間取りを決めた知り合いの話を聞いたのですが、こだわりが感じられ、とても快適だと話しておられました。うちの場合は夫が家を建てると決めてから完成までの期間が1年も無くて、急いで決めなくてはいけないというのが失敗でした。

メーカーさんにとっては早く完成して欲しいので「それだとこの時期には完成しないので引越し間に合いませんよ」などと言って急かしてくる人もいるようで、うちも「この日までに完成を」と言われておりました。

実は、指定日までの完成を条件に値引きしてもらったのですが、長く住む家なので値段関係なく、もっとこだわれば良かったです…。

その知り合いは「これから35年の付き合いなんだから、そんなに早く建てる必要はないよ」とビシッと言ったそうで、そういう強い気持ちも必要だと改めて感じました。

また、間取り決めの際、男性が担当してくれたのですが、どこにでもある無難な間取りを提案され、夫も賛成してしまい、変更したくてもできなかったのが悔やまれます。

担当の人も、女性だったら気持ちをわかってくれたのでは…と思いました。1階に洗濯機があって、干し場は2階なので、毎回洗濯物を運ぶのは大変です。

夫も担当の男性もそれが普通だと言っていましたが、今後子供ができた時、妊娠中に大きなお腹で洗濯物を抱えながら、階段の上り下りをするのは大変です。

注文住宅だからこそ、普通とは違う間取りを取り入れたかったです。このあたりは家族と一番相談するべきところだったと後悔しています。

これから家を建てることを考えておられる方は、このような後悔をせず、家族とじっくり話し合って、素敵で便利な家を建てられますように。