住友林業に依頼して2階建て木造注文住宅を建てた、愛知県在住40代男性の体験談です。

基本情報

地域 愛知県
年齢と性別 40代男性
家族構成 夫婦・娘2人の4人家族
ハウスメーカー名 住友林業
商品名 GODAI One's story 2
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 4500万円
実際にかかった費用総額 4500万円(インテリア・各種設備込)
坪単価 71.5万円
建坪(建築面積) 40.53坪
延坪(延床面積) 55.77坪
間取り 6LDK
検討開始から契約までの期間 2ヶ月
工期 3ヶ月

建物外観・外壁(画像)

自宅外観です。落ち着いた色合いで仕上がっていると思っています。自宅は角地で、道を挟んで公園があります。自宅の庭にはウグイスも来てくれます。
外観の写真

1階部分の出窓の一部です。外壁の作り方が良く分かると思います。外壁は、タイルや模様の付いたパネルではなく、土壁に職人がラインを入れる手法で造っています。
外壁の写真

リビングルーム(画像)

お気に入りのリビングルーム昼間の様子です。天窓から光が良く入り、明るく開放的になっていると思います。
リビングルーム昼間の写真

リビングルーム夜間の様子です。ライトの位置に注目していただきたいです。ライトを出窓の上に設置して、白いクロスに当てて明るくする間接照明です。設計当時は明るさが心配でしたが、十分に明るく暖かい光になりました。
リビングルーム夜間の写真

趣味のネットワークオーディオのスピーカーです。後ろは2階への階段の手すりです。スピーカーがなにげに良いインテリアになっていると思います。
オーディオのスピーカーの写真

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

完全注文住宅は、かなりコストがかかることは前もって分かっていました。

しかし、いとこが半注文住宅を購入し、「思った通りにいかなかった」とぼやいていましたし、私が夢に描いていた、吹き抜けと天窓の付いたリビングを核にした家造りをしたく、思い切って完全注文住宅を建てると決意しました。

「家族を幸せにするために自己責任で建てたのなら後悔するはずがない」という強い衝動に突き動かされたことも動機のひとつです。

住宅ローンも金利が下がってきており、まとまった金額を借りることができました。「安かろう悪かろうの家」では困るので、良い家を建てるつもりで完全注文住宅にしました。

住友林業を選んだ理由

まずは、以前住んでいた借家から最も近い住宅展示場に下見に行きました。その場のインスピレーションにて「いいな」と思うハウスメーカーを数社ピックアップしました。

その後、ピックアップしたハウスメーカーを消去法で削っていき、最終的に住友林業に決定しました。

私が家を建てた当時は、オール電化が盛んに叫ばれていて、多くのハウスメーカーがオール電化で家を建てることを勧めてきましたが、住友林業だけが「自分達はオール電化が得意ではないし、オール電化することによるデメリットもある」と教えてくれました。

あまのじゃくな性格の私は、自分達の弱い部分を素直に認める住友林業のスタンスが気に入ったのかもしれません。気がつくと、住宅デザイン着手の前払い金を払うところまで来ていました。

工事中の現場の様子

住宅を建てる前に住んでいた借家と新居の距離が近かったため、仕事が終わって家に帰ると、必ずビールの差し入れを持って工事現場を見学に行きました。

私は、数人~十数人の大工が家を建てると思っていましたが、実際には2,3人の大工が時間をかけて建てるというものでした。私の家を建ててくれた大工は、素人の目から見ても相当腕の立つ職人で、丁寧な仕事をしてくれました。

また、これは住友林業の方針なのかもしれませんが、作業中から作業後まで整理整頓がきっちりとしており、安全で良い仕事ができる環境になっていました。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

10年間の無料保証が付いていましたが、幸いにも今までお世話になることはありません。定期点検は、5年ごとの防蟻処理のみ行っています(木造住宅のため)。

防蟻処理は、おそらく住友林業の孫請けぐらいの業者が施工に来ますが、安全面、衛生面、私達家族への気配りなど、非常に丁寧で満足しています。その分お値段は高いですが…笑

家本体を全く修理せずに今日まで暮らせているのは、腕の立つ職人の力によるところが大きいと思いますが、住友林業グループの下請け管理能力もあることでしょう。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

なにより私が家造りの核としていた「広く、吹き抜けで天井も高く、天窓により採光が良いリビングルーム」が気に入っています。間接照明を随所に取り入れましたので、夜はまた昼とは違う表情を見せてくれるリビングルームになっています。

昼のリビングルーム↓
リビングルーム昼間の写真

夜のリビングルーム↓
リビングルーム夜間の写真

人の導線にも気を配りましたので、移動の際、他の部屋をまたぐことはありません。子供が小さい頃は家中を走り回っていました。子供の成長にも良かったと勝手に思っています。

外観も落ち着いたブラウンの土壁にしていますので、町の景観を壊すことなく家を建てられました。

畳の部屋も最初は不要かと思いましたが、庭の見える縁側、雪見障子も取り入れ、洋間とは違う趣のあるものとなりました。何より、長く住んでいると、畳は日本人に合っているなと実感しています。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

LANケーブルを家中に廻し、コンセントもこれでもかというぐらいつけました。

住友林業の営業の方に「コンセントを減らせば安くできる」とアドバイスをもらいましたが、金額関係なく(住宅ローンですけど)家を建てるつもりでしたので、そのままにしました。

今冷静に考えれば、コンセントを減らしても同じクオリティーは保てたと思います。その他、住み始めて気になる点はありません。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

外観の写真

やはりハウスメーカー選びが大事だと思います。住宅展示場に行って、気になるハウスメーカーがどんな家を造るのか、実際に見てみるべきです。

私の知人が、あまり知名度のないハウスメーカーの半注文住宅を購入しました。その知人は、私が完全注文住宅で家を建てることを知ると、まるで競争でもしているかのように、素早く半注文住宅の購入契約をしました。

しかし、その知人は代金を値切りに値切り、更にオプションサービスを執拗に要求したため、ハウスメーカーも下請けの支払い代金をある程度カットしたのでしょう。

そのため、最も大切な基礎部分で手抜き工事をされてしまい、住宅引き渡しから徐々に家が傾き始め、1年後には床に置いたビー玉が一定方向に転がってしまうまでになりました。

知人にも問題はあると思いますが、ハウスメーカーの在り方が問われる大問題だと思います。このような実例があるため、私はハウスメーカーや大工と良い関係を築いて正解だと思いました。

いくら自分がお客様だからといっても、ハウスメーカーの人も大工も人間です。当然のことながら感情が有りますので、住宅を建てる際においても、人間関係は大切にしましょう。