ユニバーサルホームで平屋(2200万円・28坪・4LDK)を建てた、鹿児島在住20代男性の体験談です。

かんたん3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 鹿児島県
年齢と性別 20代男性
家族構成 夫婦・息子の3人家族
ハウスメーカー名 ユニバーサルホーム
商品名 なし
住宅タイプ 平屋
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 3000万円
実際にかかった費用総額 土地800万円 建物2200万円 外構工事100万円 家電/引っ越し100万円 計3200万円
(※当時の金額。現在はより高額)
坪単価 79万円
(※当時の坪単価。現在はより高単価)
建坪(建築面積) 28坪
延坪(延床面積) 28坪
間取り 4LDK
検討開始から契約までの期間 4ヶ月
工期 6ヶ月
関連ページ 鹿児島のハウスメーカー
2000万円台
坪単価70万円台
20坪台
4LDK
おしゃれな平屋
狭小住宅

外観・外構(画像)

正面玄関から撮った写真です。ウッドデッキのある部分がリビングです。
ユニバーサルホームの外観

右側の写真です。写っている部分は和室なっています。
ユニバーサルホームの芝生

正面玄関です。シックな色合いで、外壁との組み合わせも大変気に入っています。
ユニバーサルホームの玄関

内装(画像)

リビングの勾配天井です。広々した空間になっています。
ユニバーサルホームの勾配天井

シューズクロークと土間収納の部屋です。収納力バッチリです。
ユニバーサルホームの玄関収納

無垢の木の床です。足触りがよく、床暖房があるので冬も暖かいです。
ユニバーサルホームの無垢の床

リビングに隣接している和室です。南向きで日当たりが抜群です。
ユニバーサルホームの和室

18畳の広々したリビングです。天井もとても高く、広々しています。
ユニバーサルホームのリビング

工事現場(画像)

棟上前の写真です。壁などができる前の状態で、柱がたくさん立っています。
ユニバーサルホームの棟上前

家を建てようと思ったきっかけ

妻の妊娠が分かり、当時住んでいた賃貸だと間取りが手狭であることから、マイホーム購入に至りました。

また、賃貸は毎月の家賃が捨て金であると思い、マイホームだと資産として残せるのではないかと考えました。

当初は建て売りで探しており、ハウスメーカーを何軒か見てまわりましたが、2人の希望に合う住宅がありませんでした。

営業の方からも「建て売りではなく、注文住宅の方がいいと思います」と言われたことから、注文住宅を建てることになりました。

ユニバーサルホームを選んだ理由

オプションではなく、標準ですべての家に床暖房がついており、見学しに行った時に一目惚れしました。暖房がなくても、部屋中がポカポカしており、足の裏から暖かさが来ることに感動しました。

また、床材が無垢なので自然な感じで、部屋中に温かみやぬくもりを感じられました。子どもの発育によく、年配の方も過ごしやすいとのことだったのも決め手でした。

実際にモデルハウスに宿泊した際、とても快適に過ごすことができ、こんな家に住みたいと思うようになりました。

ローコスト住宅と比べると値段はそれなりに高かったのですが、一生ものと考えると、納得して決められました。

また、営業の担当者の方の対応もよく、安心できました。

工事中の現場の様子

ユニバーサルホームの棟上前

大工さんが丁寧に仕事をされていました。何度か工事中に差し入れを持って行った際には、色々と家の中について説明をしてくれました。

汚れないように部屋中にシートがしいてあり、1つ1つ丁寧に仕事をされるいるなという印象でした。

ポールやフェンスで外部から入れないように仕切られており、セキュリティーもきちんとされていると思いました。

こちらが工期を早めにお願いしたのですが、朝早くから夜まで作業をされていて、本当に感謝しております。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

数ヶ月点検や1年点検など、アフターケアはしっかりしています。

点検時でなくても、気になる事があれば、担当者の方が親切に対応してくれるので、何かあっても安心できます。

また、家の設備ごとにそれぞれ「何年間保証」など明記された書類をいただいたので、分かりやすいです。

これから何十年と長い付き合いになるものですが、アフターケア・点検・保証がしっかりしているので、今後も安心して付き合っていけると思いました。

連絡のレスポンスがいつも迅速なのもよかったです。

やってよかったこと・こだわりポイント

ユニバーサルホームのリビング

こだわりポイントは1番長く過ごすであろうリビングを18畳の広めにし、勾配天井にすることで、圧迫感がなく広々したリラックス空間に仕上げたことです。

また、床材を通常の無垢ではなく、オプションである一枚板の無垢にし、より足触りのいい部屋にしました。

気に入っている点は、床暖房です。

もともと暖かい素材を使っているので、賃貸の時と比べると寒くないのですが、床暖房を入れると部屋中が暖かいので、1年中暖房いらずで裸足で過ごせ、本当に家族みんな満足しています。

あとは、部屋の間取りの動線がいいことも満足しています。

キッチンと洗面所の入口が2箇所あるのでグルグルまわることができ、ふだんの生活がしやすい点もよかったと思います。

後悔ポイント・気になるところ

コンセントの数は多めに付けましたが、リビングに関してはもう少し多くてもよかったのではないかという点と、コンセントの位置が違う方が便利だったという点があります。

また、家が道路に面しているのですが、寝室が道路に近い間取りなので、車の音が気になります。なので、寝室は道路から遠い間取りにすればよかったです。

あとは、トイレや風呂に窓をつけ、キッチンに勝手口を設置しましたが、いずれもまったく使わないので、つけずにコストカットをすればよかったと思っています。

これから家を建てようと思っている方へのアドバイス

ユニバーサルホームの外観

納得して家を建てるためにも、たくさんハウスメーカーをまわった方がいいと思います。

ハウスメーカー各自がそれぞれ強みを持っているので、自分の好みや、自分が何に重点を置くかで、ある程度絞られてくると思います。

打ち合わせがたくさんあるので、担当の方を話をして疑問に思ったことや気になったことなどは、その都度確認して聞いた方がいいです。

また、オプションがたくさんあるので、色々追加すると自分たちの予算を超えてしまうことがあります。

一生に一度なので迷ってしまいますが、本当にこれは必要なのか、家族で考えてみた方がいいと思います。

あと、間取りや壁紙などは写真で見るだけでなく、展示会などに積極的に参加して、実際に自分の目で見た方がいいです。

部屋の広さや壁紙の色合いなど、直接見た方がイメージがより湧きやすいと思います。実際、そうすることで打ち合わせをスムーズに進められました。

自分たちが一生懸命考えたり、足を運んだりしてできたマイホームは、多少の不満があっても愛着を持てると思います!

まずは間取り&見積もりを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力もむだにかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「間取り&見積もりを揃えて比較すること」なのです。これには次のようなメリットがあります。

  • 各社の特徴をつかめる
  • 希望する間取りの価格や相場を把握できる
  • 見積もりをもとに他社の営業マンと交渉できる

ただ、1社ずつ間取り&見積もりをお願いしようとすると、手間も時間もかかって、かなり面倒…。

そこでおすすめなのが毎月5000人以上が利用している「タウンライフ家づくり」です。

【PR】タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりなら…

  • オリジナルの家づくり計画書を作ってくれる
  • 間取りプランを提案してくれる
  • 諸費用を含めた細かな見積りを出してくれる
  • 土地がない場合、希望エリアの土地提案をしてくれる

もちろん全部無料です!希望する複数のハウスーメーカー・工務店から「間取り&見積もり」をもらえます。

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

無料でも、ハウスメーカー・工務店にとっては、大事なお客様ですので、しっかりとした「家づくり計画書」を作ってくれます。

自分の希望が詰め込まれた間取り図を見比べるのは、とても楽しいですよ♪

また、大手ハウスメーカーを含む全国1000社以上が参加している点も見逃せません!

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

タウンライフ家づくりは100万人以上に利用されてきた(毎月5000人以上!)という実績もあり、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

タウンライフ家づくりの満足度調査

もはや家づくりの定番サービスと言ってもいいでしょう。それくらい大人気のサービスになっています。

こんな方におすすめ

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです!

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 1円でも安くマイホームを手に入れたい
  • 気になるハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • まだ表に出ていない土地情報を知りたい

強引な営業もなく、要望欄に「お電話はご遠慮ください」と書いておけば、電話営業もかかってきません。

あなたもぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください。

【PR】タウンライフ家づくり