ダイワハウスに依頼して3階建て賃貸併用二世帯住宅を建てた、東京都台東区在住40代女性の体験談です。

ちょっと一手間かけるだけ!展示場に行く前に必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 東京都台東区
年齢と性別 40代女性
家族構成 夫婦+父親
ハウスメーカー名 ダイワハウス
商品名 xevoΣ(ジーヴォシグマ)
住宅タイプ 3階建て賃貸併用二世帯住宅
構造・工法 軽量鉄骨造
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 9500万円
実際にかかった費用総額 1億円
坪単価 80万円
建坪(建築面積) 35坪
延坪(延床面積) 85坪
間取り 2LDK+賃貸4部屋(1DK3部屋+2LDK1部屋)
検討開始から契約までの期間 3ヶ月
工期 5ヶ月

内装の工夫(画像)

父親の部屋です。壁紙は白が多い中でカラフルにしました。天井は青です。
ダイワハウスの壁紙

階段上にガラスをはめたことによって、父親の部屋の天井の青が見えます。
ダイワハウスの採光

父親の部屋の猫用のスペースです。キャットウォークもつけました。壁も掃除しやすいです。
ダイワハウスのキャットウォーク

主人の書斎です。右側の本棚は上部が空いていて、エアコンの風も通ります。
ダイワハウスの書斎と本棚

書斎には机もつけました。左にはニッチを設け、机の上で使えるようにコンセントもつけました。
ダイワハウスの書斎とニッチ

キッチンの後ろには可動棚をつけて収納をたくさんとりました。ドアをつけたのでスッキリして見えます。
ダイワハウスのキッチン

寝室です。1面だけアクセントカラーの壁紙にして、他は白い壁紙にしました。
ダイワハウスの寝室

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

自宅が老朽化したことと、結婚したこと、そして親との同居も大きな理由でした。

しかし、鉄骨の家の解体を含むことを考えると、自宅のみの建築でもかなりの金額がかかるため、賃貸併用住宅を検討するようになりました。

その際、賃貸併用住宅を扱っているハウスメーカーを検索し、資料を取り寄せ、いろいろなハウスメーカーと話をして、軸となるものができました。

その中で安全面やどれくらい融通がきくかなどを比較検討しながら、注文住宅を建てようと思いました。

ダイワハウスを選んだ理由

何社か検討しましたが、タイミングや提案力など、ハウスメーカーによって様々でした。

家を建てるのは初めてですので、ハウスメーカーでいろいろ話をする中で、どのようなペースで比較検討すればよいか、どれくらいのサイズの家を建てられるのかなど、未知数でした。

そんな中、ダイワハウスは、分かりやすくかつ納得のいくプランを示してくれました。

どのハウスメーカーにも同じ話をお伝えしましたが、1番早く自宅の調査などのプランを建てて、そして敏速な提案がありました。

工事中の現場の様子

工事中は、現場監督が随時メールで写真を添付、また解説をしてくださり、次の工程などもとても丁寧に教えてくださりました。

離れた場所に住んでいましたが、おかげさまで何をしているかよくわかり、現場監督とはいつでも連絡がつく状況だったため、安心してお任せできました。

また、急に現場に立ち寄った際でも対応していただき、どのような状況かよくわかりました。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

もうすぐ半年が経ちますが、1ヶ月点検がありました。

事前に、壁紙の張り方、外壁の壊れなど、いくつか気になる点があり、その点を先にお伝えしておきましたので、その箇所の確認と修正も敏速に対応していただけました。

しかし、引渡しのタイミングに担当営業が異動したため、担当営業は変わりませんでしたが、連絡などのレスポンスが遅くなり、不安に感じることももあります。

最近、半年点検の日程調整の手紙がCSセンターより届きました。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

ダイワハウスのキャットウォーク

3階建ての1,2階は賃貸で、自宅は3階にしました。玄関を共有にしたため、1階が玄関になりました。そのため、階段もありますが、ホームエレベーターをつけました。

父親の部屋では猫を飼うため、掃除のしやすい壁紙などを選びました。また、夫婦の部屋には、主人が趣味や勉強のできる書斎をつくりました。

夫婦の部屋の中にあるため、ドアはないですが、本棚で壁をつくり、冷暖房が行き届くように、本棚の上を天井にぴったりとはつけませんでした。

また、その奥はクローゼットになっており、ホームエレベーター部分のスペースをうまく利用できたことで、収納スペースも充分に確保できたかと思います。

その他、洗面所の鏡の上のスペースに窓をつけたことで、採光をうまく入れることができたと思います。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

ダイワハウスの採光

住みはじめると、壁紙の色や「ここに窓をつけていれば、階段が明るくなったのではないか」など、気になるところが出てきました。

トイレに関しても、サイドは壁紙ではなく、掃除のしやすいタイルなどにしてもよかったのではないかと思いました。

この場所はカーテンではなく、ブラインドもしくはロールカーテンの方がよかったのではないかと思う場所もいくつかあります。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

これから注文住宅で家を建てる方は、慣れないことが多く、たくさんのことを決めるために疲れてしまうこともあるかもしれません。

まず、平面図が見慣れていない方もほとんどだと思うので、契約前に条件として「簡単な立体模型を作ってほしい」旨を約束することをおすすめします。

そのタイミングとして重要なのは、あとで手直しできないタイミングで見ても意味がないので、間取りを含め、手直しできるタイミングにするということです。

その際に、光の入り方や生活動線、収納のスペースや出し入れのしやすさなども一緒に検討してみることが大切だと思っています。

細かい壁紙などは後からでも修正は可能ですが、間取りや窓の位置などは変えることができません。

間取りと外観は、割と序盤で決めるため、慣れない段階でよく分からないまま進めなくてはいけないことも多いですが、とても大切なポイントになってきます。

ぜひ、このポイントをご参考にしていただければと思います。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家が出来上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。