クラシスホームで注文住宅を建てた、愛知県在住30代男性の体験談です。

かんたん3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 愛知県
年齢と性別 30代男性
家族構成 夫婦・娘の3人家族
ハウスメーカー名 クラシスホーム
商品名 クラシア
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 4000万円
実際にかかった費用総額 土地1790万円 建物2695万円
坪単価 68万円
建坪(建築面積) 18.5坪
延坪(延床面積) 39.4坪
間取り 4LDK
検討開始から契約までの期間 6ヶ月
工期 5ヶ月
似ている注文住宅 2000万円台
坪単価60万円台
10坪台
30坪台
4LDK

外観・外構(画像)

建物全体の画像です。ビルトインガレージのため、雨の日でも濡れずに車の乗り降りができます。
クラシスホームの外観

玄関のアップです。玄関ドア周りを木にしたところが気に入っています。
クラシスホームの玄関

内装(画像)

シューズクローゼットです。靴だけでなく、傘やコートをかけられるように、ポールもつけてもらいました。
クラシスホームのシューズクローゼット

リビングから見たキッチンです。キッチンはモルタルで囲ってもらいました。
クラシスホームのキッチン

勾配天井の2階リビングです。南向きでとても日当たり良く、暖かいです。
クラシスホームの2階リビング

造作洗面です。鏡が収納になっているほか、洗面台は凹凸がなく、掃除がしやすいです。
クラシスホームの造作洗面

和室の床の間です。お雛様だったり、お花だったりを飾りたくて作りました。
クラシスホームの床の間

脱衣所、洗面所、トイレの床はヘリンボーンにしました。お気に入りポイントです。
ヘリンボーン床

寝室はアクセントクロスで一面だけ壁紙の色を変えてました。他の部屋とは雰囲気が少し違います。
クラシスホームの寝室

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

結婚後しばらくはアパート住まいでしたが、子供が産まれ、泣き声や騒音が気になったり、大きい家具や荷物が増えたため手狭になり、引っ越しを考えるようになりました。

そこで、子供が転校しないでいいように、小さいうちに家を建てようと思いました。

また、自分のものにならないアパートの家賃にお金を払うよりも、自分の家を持ち、ローンを返済する方が経済的だと思われたため、購入に踏み切りました。

SNSで家づくりを投稿している人の画像を見て、自分も理想の家を建てたいと思い、制限が少ない注文住宅を選びました。

クラシスホームを選んだ理由

クラシスホームは、愛知県ではおしゃれな注文住宅を低価格で建てることができると評判のハウスメーカーです。実際に完成見学会に行ったところ、とても自分の理想に近く、また金額的にも現実的でした。

また、対応してくださった営業さんが色々と教えてくれて、頼り甲斐がありました。強引な勧誘もなく、相性もいいなと思いました。

他の展示場で色んなハウスメーカーも見学しましたが、夫婦共通の趣味である「旅行」や「食事」にお金を使ってしまう私たちには、坪単価の高いハウスメーカーは非現実的で、選択の幅が広いクラシスホームが最適でした。

あと、友人がクラシスホームで建てていたこともあり、自分に置き換えて考えることができたのも大きかったと思います。

工事中の現場の様子

工事中はちょくちょくお邪魔しました。見学に行った際も、職人さんはいつも愛想良く挨拶してくれました。

1階は暗いのですが、大工さんがライトで照らして明るくしてくれたり、こちらが質問すると丁寧に返答してもらえました。

見学に行けない時も、現場監督さんにお願いすると、たくさんの写真をメールで送ってもらえました。ただ、暗かったりブレブレの写真も何枚かありましたが…笑。

工事中の現場は特別汚かったり、散らかっているとは思いませんでした。整理整頓もしっかりされていたと思います。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

引き渡し後、すぐに壁を傷つけてしまったほか、ドアの金具の仕上がりが気になってしまったのですが、現場監督さんにお直しの依頼をしたところ、すぐに無償で対応してもらえました。

先日、6ヶ月点検があり、壁の傷や、造作の棚の板が剥がれかけている点などを、現場監督さんに伝えました。

すぐ直してもらえるのかなと思いましたが、それから音沙汰なく2ヶ月が経ったため、次の2年点検まではこのままなのかなと思っています。

特に急ぎの用件ではないので、それでもいいかなと思ってます。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かったところなど

クラシスホームのキッチン

気に入っている点は、キッチン周りをモルタルと木で覆ったところです。

部屋の目玉であるLDKは、お客さんが来た時に最も目に入るので、自分の好きなモルタルと木で揃えたかったのです。

イメージする画像を打ち合わせ時に見せて、そのイメージ通りに仕上げていただきました。

また、我が家は2階リビングにしたのですが、勾配天井で天井を高くしたため、開放感があります。日当たりも良いので、日中過ごすリビングはとても居心地がいいです。

あと、トイレ・玄関・廊下の照明を、人感センサーで自動で点灯するようにしたのは、取り入れてよかったと思います。

その他、洗面台も造作にしたのですが、ミラーの中に収納できるタイプのものを選んだため、生活感の出るものを、すぐ出せる場所に収納して隠せるところも気に入っています。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になるところなど

終盤の打ち合わせの頃に、廊下のすぐそばにスタディスペースを設けることを決めました。

廊下の電気を使う予定でしたが、後ろからの明かりになるため、手元が暗くなってしまい、新たに卓上にライトを置かないといけなくなってしまいました。

手元が明るくなる場所に照明をつければよかったと、入居後に気付きました。

また、人感センサー照明が思った以上に便利なので、階段も人感センサーにすればよかったなと思っています。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

クラシスホームの外観

ハウスメーカー選びに関しては、モデルハウスだけでなく、実際に建てて住まわれてる人のお家を見ることも大事です。

モデルハウスだけを見て「こんな家を建てたい」と思っても、土地や予算の都合から、自分の家づくりに取り入れられないことも多々ありました。

そして、土地は狭いけれど、リビングを広く見せたいという方には、2階リビングの勾配天井をおすすめしたいです。部屋数を減らす事なく、開放感のあるリビングになり、広く明るく感じます。

間取りで言うと、我が家は洗面台と脱衣所は分けました。

このご時世ですから、お客さんが来るとまず手を洗います。その時に生活感のある脱衣所を見られずに済んでよかったなと思います。

また、時間がない時など、夜中に洗濯を干す為のランドリールームを作ったのも大正解でした。外干しした洗濯物を取り込む際に、すぐ一時的に取り込んだりもできるため、とても便利です。

まずは間取り&見積もりを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力もむだにかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「間取り&見積もりを揃えて比較すること」なのです。これには次のようなメリットがあります。

  • 各社の特徴をつかめる
  • 希望する間取りの価格や相場を把握できる
  • 見積もりをもとに他社の営業マンと交渉できる

ただ、1社ずつ間取り&見積もりをお願いしようとすると、手間も時間もかかって、かなり面倒…。

そこでおすすめなのが毎月5,000人以上が利用している「タウンライフ家づくり」です。

タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりなら…

  • オリジナルの家づくり計画書を作ってくれる
  • 間取りプランを提案してくれる
  • 諸費用を含めた細かな見積りを出してくれる
  • 土地がない場合、希望エリアの土地提案をしてくれる

もちろん全部無料です!希望する複数のハウスーメーカー・工務店から「間取り&見積もり」をもらえます。

こんな間取りや見積もりが届きます

タウンライフ家づくりの見積もり

タウンライフ家づくりの間取りプラン

タウンライフ家づくりの間取りプラン2

タウンライフ家づくりの家づくり計画書

タウンライフ家づくりの家づくり計画書2

無料でも、ハウスメーカー・工務店にとっては、大事なお客様ですので、しっかりとした「家づくり計画書」を作ってくれます。

自分の希望が詰め込まれた間取り図を見比べるのは、とても楽しいですよ♪

また、大手ハウスメーカーを含む全国600社以上が参加している点も見逃せません!

タウンライフ家づくりの参加ハウスメーカー

タウンライフ家づくりは100万人以上に利用されてきた(毎月5000人以上!)という実績もあり、安心して利用できるのも嬉しいポイントです。

タウンライフ家づくりの満足度調査

もはや家づくりの定番サービスと言ってもいいでしょう。それくらい大人気のサービスになっています。

こんな方におすすめ

次のいずれかに当てはまるなら、タウンライフ家づくりはとてもおすすめです!

  • 家づくりを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • 1円でも安くマイホームを手に入れたい
  • 気になるハウスメーカーの間取り&見積もりがほしい
  • 地域密着型の優良工務店を知りたい
  • まだ表に出ていない土地情報を知りたい

強引な営業もなく、要望欄に「お電話はご遠慮ください」と書いておけば、電話営業もかかってきません。

あなたもぜひ気軽にタウンライフ家づくりを試してみてください♪