住友不動産で2階建て木造注文住宅を建てた、兵庫県在住30代女性の体験談です。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 兵庫県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦のみ
ハウスメーカー名 住友不動産
商品名 J・レジデンス
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造2×4(ツーバイフォー)工法
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 3000万円
実際にかかった費用総額 3200万円
坪単価 83万円
建坪(建築面積) 25坪
延坪(延床面積) 42坪
間取り 4SSLDK
検討開始から契約までの期間 3ヶ月
工期 6ヶ月
条件が似ている家 3000万円台の家
坪単価80万円台の家
20坪台の家
40坪台の家
木造住宅

建物外観・外壁(画像)

家の全体像の外観の写真です。黒と茶色を基調とした外観にしました。
J・レジデンスの外観

内装の工夫(画像)

キッチンから見たLDKの写真です。テレビは壁掛けできるようにしてもらいました。
J・レジデンスのLDK

LDKに隣接したウッドデッキの写真です。ウッドデッキの色はリビングの床材の色と合わせました。
J・レジデンスのウッドデッキ

設計図・間取り図(画像)

2階の間取り図です。主寝室はウォークスルークローゼットにし、ホテルのようなつくりにしました。
J・レジデンスの2階の間取り図

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

昔から家を見るのが好きで、暇さえあれば間取りを見たりしていました。結婚をした時に、住むところをどうするかという話題になり、阪神間の土地代の高さから建売でないと購入が難しい為、駅近のマンション購入にしようと話していました。

しかし、以前からマンションではなく一戸建て希望だった主人の勧めもあり、ハウジングセンターへ軽い気持ちで行ったところ、ハウジングセンターマジックにかかり、一気に注文住宅の話が進んでいきました。

住友不動産を選んだ理由

まず、私たちは一番はじめにダイワハウスのモデルルームへ行きました。そこのモデルルームは大きすぎて、自分達が家を建てるイメージが全く湧かず、すぐにその場を後にしました。

その後、知り合いが一条工務店で建てたことを覚えていたため、一条工務店のモデルルームへ行きました。一条工務店では全館床暖房を推進していて、あまりの家の中の暖かさに夫婦揃って驚きました。

ほぼほぼ契約を…という事になりそうでしたが、土地がまだ見つかってない状態で契約には踏み切れず、さらに色々と複雑なルールの中で疲弊してしまい、一旦白紙にもどしました。

そして、住友林業積水ハウスなどで打ち合わせを行うものの、なかなか現実的なプランが出てこなくて疲れ果てていた時に、ふらっと立ち寄った住友不動産のモデルルームで担当してくれた営業さんが提案してくれたプランがとても素敵なものでした。

また、大手ハウスメーカーですが、ソフト面の様々な部分(広告料等)でコストカットしているため、他の大手ハウスメーカーに比べてコストパフォーマンスも良く、何より営業さんとの相性が良かった事もあり、住友不動産に決めました。

工事中の現場の様子

建築当初、新婚旅行で2週間ほど建築現場を見る事ができませんでした。しかし、現場監督さんが週に1度は必ず現場の確認をしてくれて、写真付きでメールをしてくれたので、とても心強かったです。

こちらの確認ミスで、部材が思ったものと違っていた事もありましたが、すぐに対応してくれて、快く交換してくれました。現場の大工さんもとても一生懸命作業をしてくれていました。

工事現場の整理整頓が一番気になる部分ではあるのですが、そちらもきちんとされていました。

工事中のLDKの写真です。いつもとても綺麗に整理整頓されていました。
J・レジデンスの工事中のLDK

アフターケア・保証・定期点検などの感想

アフターケアは半年、1年、2年と定期的に来てくれます。こちらの仕事等の都合で、半年点検が結構後ろ倒しになってしまいましたが、その際も快く半年点検として行っていただけました。

また、半年点検の時は、傷がついた部分に関しては、こちらの故意・過失に限らず、作業時間内であればすべて無料で補修をしてくれたのには驚きました。

アフターケアの場合は、工事担当の方とは別の担当の方がエリアを担当してくれて、こちらの質問などに対応してくれます。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

こだわりのポイントは外観です。J・レジデンスの外観に惹かれて住友不動産に決定したのも一つの理由でしたので、外観はできるだけ妥協をしないようにしました。

メンテナンス面を考えると外壁はタイルにするのが一番なのですが、固定資産税等考えてサイディングにしました。光触媒の高耐久サイディングにしたため、メンテナンス性も良いです。↓
J・レジデンスの外観

取り入れて良かった点のひとつは、広々としたLDKとアイランドキッチンです。

アイランドキッチンというと、手入れが大変だとかマイナス面をよく聞くのですが、ズボラな私には、いつも人から見えているアイランドキッチンの方がしっかりと手入れするので、あっていると思います。

こちらはアイランドキッチンから撮ったLDKの写真です。↓
J・レジデンスのLDK

もう一つは全館空調を採用した点です。24時間冷暖房をつけるという全館空調は、イニシャルコスト、ランニングコストどれをとっても贅沢品なのですが、家の中どこでも一定の温度であるという快適さは何にも代えられません。

二階に家事室を設けた為、室内干しができるのはとても良かったと思います。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

コンセントの数などはかなり気にして、できるだけ多くのコンセントを付けたのですが、大開口の窓を採用したがために、ソファーの近くにコンセントをつけることが構造上できなくなってしまったのが難点です。↓
J・レジデンスのウッドデッキ

また、インテリアも大好きでこだわったのですが、あまり時間がなかったので、もう少しゆっくり考えたかったです。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

J・レジデンスの2階の間取り図

わが家はLDKに15センチ程の小上がり和室が隣接していますが、ここを小上がりにした事により、空間にメリハリができて、とても良かったです。そして、今は夫婦2人だけなので、寝起きは和室で行い、ほぼ平屋のような生活を行なっています。

全館空調は電気代がとてもかかりますが、なによりすべてのシーズンで快適な上、室内干しをしていても直ぐに乾くのでおすすめです。

共働きの方や真冬に外に洗濯物を干すのが苦痛な方は、部屋数を一つでも減らしてもいいので、物干し部屋を作ることを強くおすすめします。家事室にはホスクリーン(ハンドルで昇降するタイプのもの)を設置していますが、そちらもおすすめです。

ハウスメーカーを選ぶために、ほとんどの方がハウジングセンターに行かれると思いますが、行く前に家族で

  • 本命のメーカー
  • 憧れだけどちょっと手の届かないメーカー
  • あまり本命ではないメーカー

など、グループ分けをしておいて、まずは最初に本命ではないメーカーから見るのをおすすめします。そこで少しウォーミングアップをして本命に挑んでください。

その中で自分達に合う提案、適切な資金シミュレーションをしてくれる営業さんのいるハウスメーカーにする事をおすすめします。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。