ダイワハウスで2階建て鉄骨造住宅を建てた、奈良県在住40代女性の体験談です。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 奈良県
年齢と性別 40代女性
家族構成 夫婦・息子2人の4人家族
ハウスメーカー名 ダイワハウス
商品名 xevoΣ(ジーヴォシグマ)
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 軽量鉄骨造
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 1億円
実際にかかった費用総額 土地5300万 建物4700万円
坪単価 72万円
建坪(建築面積) 48坪
延坪(延床面積) 65坪
間取り 5LDK
検討開始から契約までの期間 3ヶ月
工期 3ヶ月
条件が似ている家 4000万円台の家

建物外観・外壁(画像)

全体の外観です。壁のタイルは凹凸が深く、汚れが目立ちにくい仕組みです。
xevoΣの外観

リビングの掃き出しの外に、テラスを作りました。リビングから見た時に広がりがあり、部屋も広いように感じます。夏はビニールプールを出して遊べます。
xevoΣのテラス

玄関脇には、小さな畑を作っています。緑がアクセントになりますし、子どもの教育にも良い効果を期待しています。
xevoΣの玄関脇

内装の工夫(画像)

玄関を入って正面の飾り壁です。玄関の明かりをつけると同時に、壁の足元からも壁自体をライトアップします。
xevoΣの飾り壁

テレビ台のところの壁も、玄関の飾り壁と同じタイルを張っています。こちらは天井から壁をライトアップしています。
xevoΣの内装の壁

こだわりの勉強スペースです。散らかっていてお見苦しいですが、とても便利に使っています。
xevoΣの勉強スペース

勉強スペースの裏側は、収納スペースになっています。キッチンの裏導線で、表からは見えないので、ごみ箱や生活感あふれる家電を置き放題です。
xevoΣの収納スペース

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

注文住宅にこだわっていたわけではありません。

子どもたちが通う学校の近くに一軒家が欲しいとは思っていたのですが、建売住宅がなく、中古物件もいくつか見学しましたが良いものがなく、たまたま更地の土地で条件の良いものが見つかったために、注文住宅にするしかなかったような状況です。

同時期に、「家が欲しいなぁ」というくらいの軽い気持ちで住宅展示場に行ったら、注文住宅ばかりなので、なんとなく「家を建てると言ったら注文住宅」というイメージができてしまったということもあります。

我が家の場合は、強い動機もなく、流れで注文住宅に行きついてしまいました。

ダイワハウスを選んだ理由

住宅展示場でいくつか見て回ったのですが、正月休みの混んでいる時期に行ったせいか、そっけない営業さんも多かった中、ダイワハウスの営業さんだけは、個室に通して丁寧に話を聞いてくださいました。

とても真面目そうなきちんとした方で、好印象でした。驚いたのは、その日の晩、突然その方が我が家に訪問されたことです。

私が話したような希望に近い間取り図を、たくさん抱えて来られました。あれから急いで探して用意してくださったんだなぁと感激してしまいました。

また、良い土地が広告に載っていた話をすると、すぐにその不動産屋さんと話をつけ、担当者を連れてきてくれました。

私がダイワハウスを選んだのは、ひとえに営業さんの人柄と仕事の速さが理由です。

工事中の現場の様子

あまり頻繁には通えず、月に2,3度のペースで顔を出していました。工事の方は、私たちが行くたびに、手を止めて今の状況を説明してくださいました。こちらが申し訳なくなるくらい丁寧でした。

楽しかったのは、上棟式のことです。鉄骨に、自由に落書き(?)をさせていただきました。

二階の屋根裏には「家内安全」など、キッチンには「美味しい料理を作ります」など、子どもたちの勉強スペースには「しっかり勉強して賢くなります」など、今思えば初々しい思いを込めたものです。

これは注文住宅ならではの素晴らしい経験でした。中古住宅にも、その家を建てた方が同じように書かれているとすれば、念が籠っているようでちょっと怖い気持ちになります。笑

アフターケア・保証・定期点検などの感想

我が家は少し前に、5年後点検を受けました。無料で修理していただけるのはこれが最後だそうです。

これまでは定期的に来て、窓枠のネジが緩んだのを直してもらったり、ベランダや壁の掃除のアドバイスを丁寧にしていただいたりしていました。

アフターケア担当部署の方が来られますが、以前は建設を担当されていたのか、とても詳しい方ばかりです。いつも、頼んだこと以上にプラスアルファで修理などしてくださいます。

今後は、有料にはなりますが、電話すればすぐに来ていただけるそうで、安心しています。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

xevoΣの内装の壁

こだわりのポイントは、リビングの勉強スペースとキッチン裏の収納スペースです。

この2つは、実は壁をはさんで向かい合わせになっています。もともと勉強スペースを希望していたのですが、設計図ができ上がってみると、イメージより机の奥行きが広かったのです。

机はこの半分の奥行きでいいので、壁の向こうの裏導線に収納スペースを作れないかと、設計士さんにお願いしました。上手く説明できないので、恥をしのんで、絵を描いて持参しました。

今はこの収納スペース下段にごみ箱、上段に炊飯器やホームベーカリーなどの家電をごちゃごちゃ置いて、表から見えないところでフル活用しています。このスペースはとても便利です。

気に入っている点は、玄関とテレビ台の飾り壁です。不揃いな天然石風のタイルを敷き詰めた壁は、雰囲気があって、とても気に入っています。

取り入れてよかったのは、寝室です。

設計してくださったのがダイワハウスの看板設計士さんのようで、展示場の家の設計もされているのですが、その家を見に行った時にひとめぼれした寝室を、床からカーテンまでそっくりそのまま再現してもらいました。

友達を案内すると、必ず「モデルハウスみたーい!」と言ってもらえます。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

土地はあるんだからもうちょっと部屋を広くすればよかったなと思います。間取りを見ていた時はもっと広いと思っていたけれど、でき上がってみるとイメージより狭く感じました。

特に、リビングと子ども部屋です。子ども部屋は6帖ですが、8帖にしてやればよかったと思います。

また、子ども部屋については、カーテンなど、大きくなって部屋を使い始めてから好みで選べばいいと思い、つけていなかったのですが、天井が高いために特注せねばならず、一気に全部屋のカーテンをつけてしまえばよかったと後悔しています。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

xevoΣの外観

まずは、信頼できる営業さんと設計士さんを選ぶことが一番重要かと思います。これから密に関わっていかないといけないので、相性が良く、話がしやすいことと、経験を積まれていて安心できることの両方が必須です。

これはメーカーの規模や知名度とは関係ないはずですが、私はいろいろ回ってみた結果、大手メーカーであるほど良い人材が集まっているように感じました(個人の感想です)。

実際に細かく詰めていく段階は、とても大変です。時間がかかるし、体力もいります。こんなことなら建売にしておけば…と思ったことも数知れず。

でも、やはり住み始めてみると、こだわって良かったと本当に思いますし、家に愛着を感じています。だから、ぜひがんばってください。

アドバイスするとするなら、時間と体力を確保できる時期に建てた方がいいです。

我が家は子どもが4歳と0歳の時に建てましたが、打ち合わせの間、4歳はショールームのお姉さんに一日中遊んでもらい、0歳はずっとおっぱいをくわえていました。

私は授乳中は背中を向けて話し合いに参加しました。でも、まだ授乳中でよかったと思います。歩き始めていれば、打ち合わせどころではなかったでしょう。

ご家族の事情をよく考えて時期を選び、その時までにたくさんの営業さんや設計士さんと接してご縁を作っておいてください。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。