タマホームで2階建て木造注文住宅を建てた、青森県在住30代女性の体験談です。

簡単3分!家づくりで失敗を避けるために必ずやっておきたいこと

基本情報

地域 青森県
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦・息子・娘の4人家族
ハウスメーカー名 タマホーム
商品名 大安心の家
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 木造軸組工法(在来工法)
購入パターン 注文住宅のみ(土地所有済)
当初予算 2000万円
実際にかかった費用総額 2200万円
坪単価 65万円
建坪(建築面積) 19坪
延坪(延床面積) 34坪
間取り 4LDK
検討開始から契約までの期間 3年
工期 3ヶ月
条件が似ている家 2000万円台の家

内装の工夫(画像)

インターホンやリビングから鍵がかけられます。お風呂のスイッチと電気のスイッチも。
大安心の家のインターホン

ホワイトボードをつけてもらいました。ペタペタたくさん貼っています。
大安心の家のホワイトボード

オプションのお風呂の戸です。バーもつけてバスタオルを掛けています。
大安心の家のお風呂のドア

トイレの壁紙の色をアクセントで変えて、小さい物を置けるようにしています。
大安心の家のトイレのニッチ

オプションの洗面台のLEDライトです。見た目がスッキリしています。
大安心の家の洗面台のLEDライト

オプションのエコカラットです。上にライトを入れればもっと映えたところです。湿気を吸って家電が長持ちします。
大安心の家のエコカラット

押入れも全部でアクセントクロスを貼っています。ティファニーカラーです。
大安心の家の押入れ

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

結婚してからずっと1LDKのアパートに住んでいました。どちらも6畳の部屋でした。あと2年で上の子が小学校に上がるところで、土地を探し始めました。

建売でも良かったのですが、主人の実家から近いところに住むために、建売より家を建てようと夫婦で話し合い、土地を探し始めました。

散歩がてらかなり歩いたところ、いい土地がみつかり、子供が小学校に入るタイミングでお引越ししました。子供の友達が遊びに来ても恥ずかしくない家を…と思ったのがきっかけです。

タマホームを選んだ理由

毎週、いろんなところでイベントをやっていて、ミサワホームや積水ハウスなど、大手から地元工務店までたくさんの住宅完成会に参加しました。

うちの場合は、担当の方が親身になってくれたのと、値段が納得できたのでタマホームにしました。

あるハウスメーカーさんは、入るなり「年収いくらですか?」「会社はどこですか?」など、どんな家を建てたいかではなく、お金を払えるかどうか、お金でしかお客様をみていないようでした。

また、多くの展示場は、豪華すぎて理想(お金をかけた展示場)と現実(実際に建てられる金額)がかけ離れていたのですが、タマホームは普通の人も手が出せるくらいの金額で作ってある展示場でした。

工事中の現場の様子

仕事をしていたので、なかなか見に行けなかったのですが、皆さん和気あいあいとしていたと思います。たまに差し入れを出してたんですが、「ありがとうございます」と、お返事が書かれていたときはこっちまで嬉しくなりました。

子供を連れて見に行くと、「ここはトイレ、ここはキッチンだよ」とか、子供に教えてくれました。

安全管理や人様の家を建てるという自覚が、どの大工さんや壁紙屋さんにもきちんとあって、大事に家造りをしてくれたことに感謝しています。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年アフターサービスがあります。うちは夏に引っ越したので、冬に使うドレンなどの説明を6ヶ月点検の時に聞きました。

3ヶ月の時に、ドアのネジが取れてしまったので、つけ直してもらったのと、床がポコッと少し浮いて段差ができたので、そこも直してもらいましたが、無料でした。

電話すると、割と早い段階で対応してもらっています。これは会社というより、担当の方が良かったのだと思います。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

大安心の家のインターホン

いろんなカーテンや壁紙のサンプル本を借りて、たくさんの種類から選べました。

いろんな人のブログやSNSを見て、お風呂を折れている戸から、開き戸にしました。また、LEDの時代ということで、洗面台の電気もオプションでLEDにしました。

ニッチを作ったり、シューズクロークを広くしたので、キャンプのときに使う椅子や子供の自転車を置けるので、とても満足しています。

和室も作って、いずれ仏壇が置けるように2つの段に分けて、中は控えめの和柄にしています。

また、玄関とリビングが少し距離があるので、カードキーにしてリビングのボタンから鍵をかけられるようにしました。インターホンもついているので、施錠も解除もボタン一つでとても楽です。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

今は家のアプリもあるみたいなので、もっとたくさんの実例を見ておけばよかったです。

気に入って使いたい壁紙があったのですが、借りたサンプル本にはなくて、違う壁紙にしました。でも、やっぱりどうしても使いたかったので、妥協しなきゃよかったなと思いました。

施工主から「これ使ってください」というのも、めんどくさい客かなとか、迷惑かなと遠慮しましたが、自分の家だから遠慮せずにいろいろ言うべきだと思いました。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

大安心の家のエコカラット

「それはオプションになります」と言われると、家を建てるというだけでもかなりお金がかかってるので、不安になると思いますが、本当に必要なものなのか、使っている人達の声を聞いて決めるといいと思います。

シューズクロークはお客様用と家族用と2つに分けるより、広さがとても大事だと思います。家族が増えると靴もかなり増えます!うちはコートもかけられるので、雨で濡れてもそこにかけられるのでとっても使い勝手がいいです。

標準装備でもいらないのは、いらないと言って省くほうがいいです。

そして、納得のいくまで担当の方や夫婦やご家族と、とことん話し合うことをおすすめします。

ハウスメーカーは展示場より、実際にそこのハウスメーカーで建てた住宅完成見学会がおすすめです。「いくらで建てたんですか?」と聞くと教えてくれます。

また、営業さんとお話して、信頼できる方か見極めるのもとても大事です!

着工後は、こまめに見学に行ったり差し入れを持っていくと、1日でこんなに進んでるんだと、様子がわかってとても面白いです。更地から写真を段階的に撮っておくと記念になりますよ。

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家ができ上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。