ミサワホームに依頼して2階建て軽量鉄骨造注文住宅を建てた、東京都在住30代女性の体験談です。

基本情報

地域 東京都
年齢と性別 30代女性
家族構成 夫婦・娘の3人家族
ハウスメーカー名 ミサワホーム
商品名 HYBRID
住宅タイプ 2階建て
構造・工法 軽量鉄骨造
購入パターン 土地と注文住宅
当初予算 4000万円~5000万円
実際にかかった費用総額 土地2000万円 注文住宅3000万円
坪単価 72万円
建坪(建築面積) 15坪
延坪(延床面積) 32坪
間取り 3LDK
検討開始から契約までの期間 4ヶ月
工期 3ヶ月

内装の工夫(画像)

光がたっぷり入って、開放的で明るいリビングの様子です。お気に入りのポイントです。
明るいリビングの写真

広く作った玄関の様子です。夫婦のロードバイクを置くのにピッタリの広さになりました。
ロードバイクの収納場所

収納について(画像)

2階の上の屋根裏部分に作った「蔵」と呼ばれる収納スペースです。広さは6畳あるので、季節によって使わないものなどを収納できて居住スペースを広々使えます。
蔵の写真

使い勝手が悪くなってしまったクローゼットの収納です。実際の自分達の服の量を考えてスペースをとればよかったと後悔しています。
クローゼットの収納写真

工事現場(画像)

工場で作られたユニットごとにクレーンで吊るされて組みあがっていくところです。自分の家が目の前であっという間に作られていきました。
鉄骨ユニットを組み立てる様子

注文住宅を建てようと思ったきっかけ

夫と二人暮らしをしていたアパートに、施設面や広さ等でいろいろと不満があり、ちょうど契約更新の時期も来るので持ち家を購入したいと漠然と考えていました。

その時期に街を歩いている時、ちょうど住まいのことについて相談できる場所が目に留まり、案内を聞いたのがきっかけです。

最初は建売なども考えていましたが、「安全で安心なずっと住み続けられる家」を追求した結果、夫と二人で自然と「注文住宅を建てる」ということに決めていました。

ミサワホームを選んだ理由

理由はいろいろとありますが、1番は私達夫婦が自分達がどんな家に住みたいか考えた時に、一番理想に近い家になりそうだと考えたからです。

1点目はミサワホームでは超高層ビルでも採用されている「鉄骨ラーメン構造」という構造を採用しているという点です。この構造は地震に強く、工場で徹底的に品質管理されて作られているため、品質にムラが無く仕上がるというところが魅力でした。

2点目はミサワホーム独自の「ニューセラミック外壁」がとても優れた素材だったという点です。厚い壁で耐久性、耐火性、耐震性にも優れていたので、私達が理想とする「安全で安心な家」が建てられると確信しました。

また、私達は土地も同時に購入予定で、その場所を探していたのですが、担当についてくれた方が私達の希望を汲み取り、いち早く私達が気に入る土地を探してくれた点も、信用してお任せできる一因となりました。

工事中の現場の様子

鉄骨ユニットを組み立てる様子

工事に入る前に現場監督さんを紹介して頂き、気になった点など、すぐに連絡が取れるようにしていただいていたので安心してお任せできました。

現場で何か気になることがあった時も、細かく連絡をいただき、確認することができたのでとても良かったです。

我が家の場合、鉄骨ユニットが工場から運ばれてきて1日で家の形になるので、その日は見学させてもらいましたが、とても不思議な感覚で、すごく貴重な体験になりました。工期が短く、本当にあっという間に完成した印象です。

アフターケア・保証・定期点検などの感想

気になるところはすぐに担当さんにLINEで気軽に聞くことができています。小さなことや細かいことも調べて連絡をくれるので本当に助かっています。

1ヶ月点検や6ヶ月・1年点検など、その都度気になったところを聞く機会もあるので、家をいい状態で保つことができていると感じています。

先日、電気系統に不備があったようで、照明が点滅してしまうトラブルがありましたが、迅速丁寧に対応してもらえたので、不自由なく過ごすことができました。

こだわりのポイント・気に入っている点・取り入れて良かった所など

ロードバイクの収納場所

こだわりのポイントは特に玄関です。私達夫婦は二人ともロードバイクに乗るので、家の中に自転車を置く場所を設置したいと考えていました。

せっかく間取りが自由に決められるので、玄関を広くとって自転車2台を縦に収納して置けるようにし、玄関の土間続きに扉つきの収納部屋を設置することで、付属品なども綺麗に管理しています。

また、道具に場所を取る釣りやゴルフなどの趣味のものも、全てこの収納部屋に置くことで、使いやすく片付けることができています。

以前住んでいた場所は、部屋が狭く、収納も少なかったので、部屋の中の印象がとてもごちゃごちゃして感じられていましたが、今はすっきりと綺麗に収納できているので、この収納部屋はとても気に入っています。

こうすればより良かったなと思う点・住み始めて気になる所など

クローゼットの収納写真

寝室に夫婦共用のウォークインクローゼットがあるのですが、収納部分が使いづらく、収納スペースも少ない点が残念に思っています。

つっかえ棒やトレイなどを駆使して何とか使えるようにはしましたが、洋服全てを収納することはできず、別の場所にタンスを置かなくてはならなくなってしまいました。

これから注文住宅を建てようと思っている方へのアドバイス

注文住宅を建てようとすると、いろいろな希望を出したくなるので、大体自分達の予算からオーバーしてしまうと思います。そんな時、お金を節約する部分を誤ると、住みにくかったり、後悔したりすることになってしまいます。

我が家が節約ポイントにしたのは家電や家具でした。エアコンはハウスメーカーで買わずにインターネットで、ソファーやダイニングテーブル、食器棚などは大型家具屋のセールで購入しました。これでだいぶ安く済ませることができます。

ハウスメーカーのインテリアコーディネーターの方に、「この部屋だと何色が合うか」など、事前に聞いておければ部屋に合わないという失敗はなくなると思います。

我が家が節約しようか1番迷ったのはシャッターについてでした。1階につける防犯シャッターを手動にすれば金額は抑えられますが、毎日重いシャッターを開け閉めするのはとても大変です。

しかも手動のものをあとから電動に切り替えるのはとてもお金がかかります。打ち合わせの担当さんは皆さん口をそろえて「電動にしたほうがいい」と言うので「そんなに言うなら…」と、しぶしぶ電動シャッターにしましたが、これは本当にいい判断でした。

住み始めると、シャッターの開閉は毎日のことなので、ボタン一つでシャッターを開け閉めできるのは本当に快適でした。この判断をさせてくれたことに感謝しています。